ジョージ・フロイド抗議運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・フロイド抗議運動
ブラック・ライヴズ・マター運動内で発生
Texas National Guard Supports Local Law Enforcement - 49985911437 (cropped).jpg
Minneapolis Police Department’s 3rd Precinct 2020-05-28.jpg
George Floyd protests in Seattle - June 3, 2020 - James Street from 4th Avenue.jpg
Boston George Floyd Protest, Washington St. 3.jpg
George Floyd protests, downtown Indianapolis, 2020-05-29.jpg
George Floyd protests in Washington DC. H St. Lafayette Square on 30 May 2020 - RP1 3245.jpg
BlackLivesMatter protest Alexanderplatz Berlin 2020-06-06 26.jpg
最上段:テキサス州オースティンでの抗議運動。/第2段左:襲撃され炎上中のミネアポリス市警察の庁舎。/第2段右:ワシントン州シアトルの交差点に座り込む抗議者。/第3段左:マサチューセッツ州ボストンでの抗議デモ。/第3段右:インディアナ州インディアナポリスでの抗議運動。/第4段左:ワシントンD.C.ホワイトハウスの北側にあるラファイエット広場の警備陣。/第4段右:ドイツの首都ベルリンアレクサンダー広場に集まる抗議者。
日時2020年5月26日 - 現在
場所アメリカ合衆国及びその他の諸国
原因
手段抗議活動デモ活動市民的不服従市民的抵抗暴動
現況進行中
死傷者数
死者28人以上
逮捕者14,000人以上[3]
被害額は4-5億ドル(ツイン・シティーズ地域[4][5][6][7]

ジョージ・フロイド抗議運動 (ジョージ・フロイドこうぎうんどう、: George Floyd protests)は、白人警察官による黒人男性の死亡事件をきっかけに、2020年5月26日よりアメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスで始まった抗議運動。この抗議運動の名称は、死亡した黒人男性の名前に由来している。当抗議運動はアメリカ全土のみならず、世界に広がった。

概要[編集]

2020年5月25日、アメリカ合衆国中西部ミネソタ州最大の都市であるミネアポリスで、白人警察官が偽札使用の容疑で拘束していた「ジョージ・フロイド」という名の黒人男性の首を膝で8分46秒間にわたり強く押さえつけ[注 1]、死亡させる事件が発生した。一緒にいた同僚の警察官3名は、白人警察官の行為を制止しなかった[8][9]。この様子を収めた動画が拡散され、翌5月26日には、死亡現場の近くで人種差別警察の暴力に抗議するデモが始まった(2020年ミネアポリス反人種差別デモ)。

ジョージ・フロイド抗議運動は、はじめは、ミネソタ州ミネアポリス・セントポール都市圏という地方での抗議活動であったが、ブラック・ライヴズ・マター運動の支援を受けて、瞬く間にアメリカ全土に波及し、国外60か国以上、2,000以上の都市と町にも広がった[10][11][12]。抗議活動継続中の7月3日時点における複数の世論調査の推計では、国内のデモ活動の参加者数が既にある時点で1,500万人から2,600万人に達しており、抗議活動ではアメリカ合衆国の歴史上、最大の規模になるだろうとと見られている[13]。抗議運動は概ね平穏に推移しているが[14]、一部の都市ではデモ活動が暴動と化し、略奪が発生し[15][16]、路上で警察との小競り合いが起こった。抗議活動に対応するため多数の警察官が投入されたが、その過程で警察による暴行事件が数多く発生しており、記者が暴行の対象となるケースもあった[17][18][19]。アメリカでは、6月3日までに、少なくとも200の都市が夜間外出禁止令を発令しており、また、少なくとも30以上の及びワシントンD.C.が62,000人以上の州兵を動員し、暴動に備えた[20][21][22]。逮捕者の数は、6月30日までに14,000人を超えた[3][23][24]。これらの逮捕者の数には、ジョージ・フロイド死亡事件に関わった警察官4人全員が含まれている[25]。また、死亡者の数は、7月5日までで、少なくとも28人に達した。

ジョージ・フロイド抗議運動をきっかけに、警察の不正行為制度的人種差別英語版限定的免責特権英語版警察の暴力行為を排除すべく、連邦政府レベル、 レベル、基礎自治体レベルにおいて、数多くの法的提案が行なわれた[26][27]。一方、それらとは対照的に、トランプ政権は、その強硬な姿勢、軍事的な対応、攻撃的な言辞において、多方面からの批判を受けた[注 2]。また、抗議運動を契機として、黒人差別に関連する記念物の撤去運動(en)や名称の改名運動(en)が、アメリカ国内のみならず世界中で高まりを見せた。なお、ジョージ・フロイド抗議運動は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行の最中に発生した運動である[28]

背景[編集]

警察の暴力[編集]

新型コロナウイルス感染症の影響[編集]

ジョージ・フロイド死亡事件[編集]

経過[編集]

反応[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 白人警察官が膝でジョージ・フロイドを押さえつけていた時間「8分46秒(エイト・ミニッツ・フォーティシックス・セカンズ、Eight minutes forty-six seconds )」は、ジョージ・フロイド抗議運動のスローガンのひとつとなり、象徴的な存在となった。一方でその正確さには疑問が持たれており、のちに検察は誤りを認め、「7分46秒」に訂正した。詳細は、以下を参照すること。
  2. ^ トランプ政権の対応への批判は、以下を参照すること。

出典[編集]

  1. ^ a b c Sarah Owermohle “Surgeon general: 'You understand the anger'Politico 2020年6月1日付, 英語, 2020年6月15日閲覧.
  2. ^ Caroline Modarressy-Tehrani “George Floyd protests embolden anti-racism protesters in EuropeNBC News 2020年6月12日付, 英語, 2020年6月16日閲覧.
  3. ^ a b Emily Olson “Antifa, Boogaloo boys, white nationalists: Which extremists showed up to the US Black Lives Matter protests?ABC News 2020年6月27日付, 英語, 2020年6月30日閲覧.
  4. ^ Anderson Economic Group “Statement on the Impacts of Widespread Looting” 2020年6月5日付, 英語.
  5. ^ Carmen Reinicke “Here's how 4 financial experts think protests could negatively affect markets and the US economic recoveryBusiness Insider 2020年6月1日付, 英語, 2020年6月6日閲覧.
  6. ^ Andrew Keshner “This is the insurance bill for damage and looting during protests over George Floyd’s death - and that’s just in MinnesotaMarketWatch 2020年6月9日付, 英語.
  7. ^ Jeffrey Meitrodt “For riot-damaged Twin Cities businesses, rebuilding begins with donations, pressure on governmentStar Tribune 2020年6月6日付, 英語, 2020年6月14日閲覧.
  8. ^ Christina Carrega and Whitney Lloyd "Charges against former Minneapolis police officers involved in George Floyd's death" ABC News 2020年6月4日付, 英語, 2020年7月22日閲覧.
  9. ^ Ruben Navarrette Jr. “OPINION | Haunting question after George Floyd killing: Should good cops have stopped a bad cop?USA Today 2020年6月15日付, 英語, 2020年7月22日閲覧.
  10. ^ Audra D.S.Burch, Weiyi Cai, Gabriel Gianordoli, Morrigan McCarthy and Jugal K. Patel “How Black Lives Matter Reached Every Corner of AmericaThe New York Times 2020年6月13日付, 英語, 2020年6月14日閲覧.
  11. ^ Richard Luscombe and Vivian Ho “George Floyd protests enter third week as push for change sweeps AmericaThe Guardian 2020年6月7日付, 英語, 2020年6月14日閲覧.
  12. ^ George Floyd Protests on Race and Policing: Juneteenth Celebrations Across U.S.Wall Street Journal 2020年6月19日付, 英語.
  13. ^ Larry Buchanan, Quoctrung Bui and Jugal K. Patel “Black Lives Matter May Be the Largest Movement in U.S. HistoryThe New York Times 2020年7月3日付, 英語, 2020年7月4日閲覧.
  14. ^ Ian Lovett “1992 Los Angeles Riots: How the George Floyd Protests Are DifferentWall Street Journal 2020年6月4日付, 英語, 2020年6月7日閲覧.
  15. ^ Bradford Betz “George Floyd unrest: Riots, fires, violence escalate in several major citiesFox News 2020年5月31日付, 英語, 2020年6月1日閲覧.
  16. ^ George Floyd death: Widespread unrest as curfews defied across USBBC News 2020年5月31日付, 英語, 2020年6月7日閲覧.
  17. ^ Shaila Dewan and Mike Baker “Facing Protests Over Use of Force, Police Respond With More ForceThe New York Times 2020年6月2日付, 英語, 2020年7月1日閲覧.
  18. ^ Kimberly Kindy, Shayna Jacobs and David A. Fahrenthold “In protests against police brutality, videos capture more alleged police brutalityWashington Post 2020年6月5日付, 英語, 2020年6月6日閲覧.
  19. ^ Derrick Bryson Taylor “George Floyd Protests: A TimelineThe New York Times 2020年6月8日付, 英語, 2020年6月9日閲覧.
  20. ^ Candice Norwood “‘Optics matter.’ National Guard deployments amid unrest have a long and controversial historyPBS NewsHour 2020年6月9日付, 英語.
  21. ^ Katie Warren and Joey Hadden “How all 50 states are responding to the George Floyd protests, from imposing curfews to calling in the National GuardBusiness Insider 2020年6月4日付, 英語, 2020年6月8日閲覧.
  22. ^ Alexandra Sternlicht “Over 4,400 Arrests, 62,000 National Guard Troops Deployed: George Floyd Protests By The NumbersForbes 2020年6月2日付, 英語, 2020年6月13日閲覧.
  23. ^ Scott Pham “Police Arrested More Than 11,000 People At Protests Across The USBuzzFeed News 2020年6月2日付, 英語.
  24. ^ Associated Press tally shows at least 9,300 people arrested in protests since killing of George FloydAssociated Press 2020年6月3日付, 英語, 2020年6月3日閲覧.
  25. ^ Bernard Condon, Todd Richmond and Michael R. Sisak “What to know about 4 officers charged in George Floyd's deathABC7 Chicago 2020年6月4日付, 英語, 2020年6月6日閲覧.
  26. ^ Nicholas Fandos “Democrats to Propose Broad Bill to Target Police Misconduct and Racial BiasThe New York Times 2020年6月6日付, 英語, 2020年6月8日閲覧.
  27. ^ Derek Hawkins, Meryl Kornfield, Adam Taylor, Kareem Copeland, Meagan Flynn, Katie Shepherd, Allyson Chiu, Tim Elfrink and Timothy Bella “9 Minneapolis City Council members announce plans to disband police departmentWashington Post 2020年6月8日付, 英語.
  28. ^ Marie McCullough “COVID-19 has not surged in cities with big protests, but it has in states that reopened early. Here are some possible reasons.The Philadelphia Inquirer 2020年6月27日付, 英語.
  29. ^ “ウィルソン元米大統領の名前冠した学部・建物の名称変更…米大「人種差別的政策進めた」”. 讀賣新聞. (2020年6月28日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20200628-OYT1T50115/ 2020年6月29日閲覧。 
  30. ^ NFLのチーム“人種差別を想起”改名検討 NNN 2020年7月4日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]