ジョン・ルイス (公民権運動活動家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・ルイス(John Robert Lewis、1940年2月21日2020年7月17日)は、アメリカ合衆国の政治家、公民権運動活動家。1987年から2020年までジョージア州選出の下院議員を務めた。民主党に所属。

経歴[編集]

1963年のワシントン大行進を主導した Big Sixの一人で、公民権運動における重要な役割を果たした。

1965年3月7日 - アラバマ州で行われたデモに参加。武装警官から後に「血の日曜日」と形容される襲撃を受け、頭がい骨骨折の重傷を負った[1]

民主党党員として下院議員を1986年から17期務めた。

2020年7月17日、膵癌により死去。数多くのアーティストから死を惜しまれた[2]

脚注[編集]