「松平忠倶」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
| 生誕 = [[寛永]]11年([[1634年]])
| 死没 = [[元禄]]9年[[5月26日 (旧暦)|5月26日]]([[1696年]][[6月25日]])
| 改名 = 万助<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>(幼名)、忠政→忠樹(ただむら)→忠親→忠倶<ref name="kanseifu5_kokumin28"/><ref name="nihonjinmei_matsudaira-tadatomo"/>
| 改名 = 万之助(幼名)→忠倶
| 別名 =
| 諡号 =
| 神号 =
| 戒名 = 深正院然誉浄梵道恵深正院<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>
| 霊名 =
| 墓所 = [[長野県]][[飯山市]]奈良沢の忠恩寺
| 官位 = [[従五位|従五位下]][[遠江国#江戸時代|遠江守]]<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>
| 幕府 = [[江戸幕府]]
| 主君 = [[徳川家光]]→[[徳川家綱|家綱]]→[[徳川綱吉|綱吉]]
 
== 略歴 ==
[[寛永]]11年([[1634年]])、掛川藩主・[[松平忠重]]の長男として誕生。寛永16年(1639年)に父が死去したため家督を継いだ。そして直後に[[江戸幕府|幕府]]から信濃飯山に移封を命じられた。[[正保]]3年([[1646年]])12月、従五位下・遠江守に叙位・任官する<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>
 
寛永16年(1639年)2月12日、6歳の時に父が死去した<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。3月3日付けで家督を継ぐことが認められたが<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>、幼少であったために<ref name="nihonjinmei_matsudaira-tadatomo"/>即日信濃国飯山藩への移封を命じられた<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。将軍[[徳川家光]]への拝謁はこれよりも遅れ、7月9日となった<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。帝鑑間伺候という席次は、以後桜井松平家の例となった<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。
藩政においては[[野田喜左衛門]]を登用して[[信濃川|千曲川]]の治水工事を行い、殖産興業や[[浪人]]の取締り強化、寺社政策、検地などを積極的に行って飯山藩の基礎を固めた。[[万治]]元年([[1658年]])から[[加番#大坂加番|大坂加番]]に任じられ、その後も要職を歴任した。[[元禄]]8年([[1695年]])3月に4回目の大坂加番に任じられて任地に赴いたが病に倒れ、元禄9年([[1696年]])5月26日に大坂で病死した。享年63。
 
[[正保]]3年([[1646年]])12月、従五位下・遠江守に叙位・任官する<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。[[万治]]元年([[1658年]])から[[加番#大坂加番|大坂加番]]に任じられ、その後も要職を歴任した。
子・[[松平忠継|忠継]]は病弱だったため廃嫡し、忠継の長男である[[松平忠敏 (飯山藩嫡子)|忠敏]]を後継者に指名していたが、その忠敏も早世したため、忠敏の弟・[[松平忠喬|忠喬]]が跡を継いだ。
 
藩主として初めて領国に入ったのは承応2年(1653年)のことであった<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。寛文4年(1664年)に[[領知朱印状]]を下される<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。藩政においては播磨国出身の[[野田喜左衛門]](正満)を登用し<ref name="nihonjinmei_noda-kizaemon"/>{{efn|忠倶が大坂加番を務めた際、喜左衛門を知って飯山藩に招聘した。喜左衛門は川除普請奉行を約30年にわたって務め、領内に12本の用水を開削、新田開発に道を開いた<ref name="toyonohigashi_noda-kizaemon"/>。}}、[[信濃川|千曲川]]の治水工事や灌漑水路の開鑿・新田開発を行い<ref name="nihonjinmei_matsudaira-tadatomo"/>、飯山藩の基礎を固めた<ref name="nihonjinmei_matsudaira-tadatomo"/>。
 
天和2年(1682年)には[[高田藩|越後高田領]]{{efn|延宝9年/天和元年(1681年)、[[越後騒動]]によって[[高田藩]]主[[松平光長]]が改易された。}}の検地業務に当たった<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。[[元禄]]8年([[1695年]])3月に4回目の大坂加番に任じられて任地に赴いたが病に倒れ、元禄9年([[1696年]])5月26日に大坂で病死した<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。享年63<ref name="kanseifu5_kokumin28"/>。
 
子・嫡男の[[松平忠継|忠継]]は病弱だによたためて元禄7年(1694年)に廃嫡し<ref name="kanseifu5_kokumin29"/>、忠継の長男である[[松平忠敏 (飯山藩嫡子)|忠敏]]を後継者に指名ていが、<ref name="kanseifu5_kokumin29"/>。しかしその忠敏も間もなく早世したため<ref name="kanseifu5_kokumin29"/>、忠敏の弟にあたる[[松平忠喬|忠喬]]が跡を継いだ。
 
== 系譜 ==
=== 父母 ===
*父:[[松平忠重]]
*母:[[木下延俊]]娘
 
=== 妻 ===
*正室:[[松平定行]]養女 - [[阿部重次]]の娘
**長男:[[松平忠継]](1652-1715)
**女子:[[田中主殿]]室
*養子
**女子:覚応院 - [[織田信勝]]長女、[[水野重上]]正室
**女子:[[喜連川昭氏]]室 - 織田信勝三女、忠倶の実の娘とも
**女子:[[田中定賢]]室
**男子:[[松平忠敏 (飯山藩嫡子)|松平忠敏]](1672-1696) - [[松平忠継]]の長男
*継承者
**男子:[[松平忠喬]](1682-1756) - 松平忠継の次男
 
=== 子 ===
**男子:[[松平忠]](1682-1756) - (母は正室松平忠継の次男定行養女)
*男子:八郎(母は某氏) - 早世<ref name="kanseifu5_kokumin29"/>
*男子:小次郎(母は某氏) - 早世<ref name="kanseifu5_kokumin29"/>
*養女:実父は[[織田信勝]] - [[水野重上]](紀州藩家老)の妻<ref name="kanseifu5_kokumin29"/>
*養女:実父は織田信勝 - [[喜連川昭氏]]室<ref name="kanseifu5_kokumin29"/>
*養女:実父は[[水野良安]](紀州藩家老) - [[田中定賢]]の妻<ref name="kanseifu5_kokumin29"/>
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
{{Notelist}}
=== 出典 ===
{{Reflist|2|refs=
<ref name="kanseifu5_kokumin28">『寛政重修諸家譜』巻第五、[https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082717/24 国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.28]。</ref>
<ref name="kanseifu5_kokumin29">『寛政重修諸家譜』巻第五、[https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082717/24 国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.29]。</ref>
<ref name="nihonjinmei_matsudaira-tadatomo">{{cite web|url=https://kotobank.jp/word/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E5%BF%A0%E5%80%B6-16571 |title=松平忠倶|work=デジタル版 日本人名大辞典+Plus|accessdate=2021-11-25}}</ref>
<ref name="nihonjinmei_noda-kizaemon">{{cite web|url=https://kotobank.jp/word/%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%96%9C%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80-1100186 |title=野田喜左衛門|work=デジタル版 日本人名大辞典+Plus|accessdate=2021-11-25}}</ref>
<ref name="toyonohigashi_noda-kizaemon">{{cite web|url=http://www.nagano-ngn.ed.jp/toyonohjs/yousui/kizaemon1.html |title=用水の神様 野田喜左衛門|publisher=長野市立豊野東小学校+Plus|accessdate=2021-11-25}}</ref>
}}
== 参考文献 ==
*『[[寛政重修諸家譜]]』巻第五
**『寛政重修諸家譜 第一輯』(国民図書、1922年) {{NDLJP|1082717/24}}
**『新訂寛政重修諸家譜 第一』(続群書類従刊行会、1964年)
 
== 外部リンク ==
*{{kotobank|松平忠倶|デジタル版 日本人名大辞典+Plus}}
 
{{松平氏歴代当主|桜井松平氏}}
{{掛川藩主|桜井松平氏|2代|1639年}}

案内メニュー