ガキ帝国 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガキ帝国から転送)
Jump to navigation Jump to search
ガキ帝国
監督 井筒和幸
脚本 西岡琢也
原案 井筒和幸
製作 林信夫
佐々木史朗
音楽 山本公成
撮影 牧逸郎
編集 菊池純一
配給 ATG
公開 日本の旗 1981年7月4日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 ガキ帝国 悪たれ戦争
テンプレートを表示

ガキ帝国』(ガキていこく)は、1981年に公開された井筒和幸監督の映画作品。

昭和40年代前半の大阪を舞台にした不良少年たちを描いた作品。井筒和幸の出世作でもある。

あらすじ[編集]

大阪万博を3年後に控えた大阪に少年院から帰ってきた不良少年のリュウとそこで知り合った高がシャバに出てきた、古い友人で仲間のチャボとケンはリュウを温かく迎え再会を喜ぶ。チャボによると大阪は大きく二つの不良グループに分かれておりキタは北神同盟、ミナミはホープ (たばこ)しか吸わないホープ会のどちらかに所属しなくては夜の盛り場では自由に遊べなくなっていた。それを影で聞いていた高は北神同盟に入るため同盟メンバー、さらに竜神会幹部小野からのリンチに耐え切り「明日のジョー」の通り名をもらい同盟副会長に抜擢、あっという間に組織をまとめ上げミナミにも進出しホープ会を難なく倒し手なずける。一方、リュウら三人はどちらにも属さずに北神とホープ会にケンカを売っては有無を言わせず叩きのめし遊びまわる。ある日、つるんでいたアパッチ族のリーダー、崔が護身用に持ち歩いていた改造銃をホープ会に奪われ殺される。三人は怒り狂いリーダーの服部を倒し、残党は北神に対抗するためリュウにリーダーを頼みピース (たばこ)しか吸わない「ピース会」を結成する。しかし、ケンはどこにも属さないというポリシーを貫き組織に入ってミナミを守ろうとするリュウ達と反目する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]