エンジニアブーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
履き込んだレッドウィング社のエンジニアブーツ。型番RW-8267 オイルドヌバックを用いた日本限定モデル。

エンジニアブーツとは、主にエンジニアに用いられていたワークブーツ安全靴の一種である。

特徴[編集]

靴紐は、作業者が足下のモノに紐を引っ掛ける恐れがあるため除外され、替わりにベルトからくるぶしあたりについている。ベルトにはバックルが足の外側に配置され、ベルト長を調整できるようにしている。

上述のベルトの他に、次のような特徴を持つことが多い。

  • つま先に製かプラスチック製のカップが内蔵されている(つま先を守るため)。
  • 筒部の最上部に小さなバックルつきのベルトがついている(ブーツインの際、適度にふくらはぎ部を締めることにより裾が出てくるのを防ぐため)。
  • トウプレーンタイプである。

ファッションアイテムとして[編集]

最近では、安全靴としてではなくファッションの一部として取り入れられている。

アッパーに起毛素材や高級な皮革を用いてファッション性のみを追求した、もはや安全靴の域を脱したエンジニアブーツもある。

また、その安全性とファッション性から、オートバイの運転時に履かれる事もある。

注意点[編集]

エンジニアブーツはもともと作業用に作られたものなので、次のことに留意しておく必要がある。

  • いわゆるビブラムソールとは違い、エンジニアブーツ専用のソール(ネオプレーンソールなど)を使っていることが多い。
  • このソールは耐油耐磨耗には優れているが、滑りやすいため登山などには不向きである。
  • トウのカップはを傷め(傷つき)易くする原因である。
  • 空港などの金属探知機付きゲートを通過するとき、ほとんどと言っていいほど検査に引っかかる。

製造会社[編集]

エンジニアブーツは同タイプのデザインの物がさまざまな会社から発売されている。メーカーを値段別に分けると次のようになる。

安価

価格としては普通

日本でエンジニアブーツといえば、ほぼレッドウィング社製のエンジニアブーツ(RW-2268)を指すであろう。トウが低くシャープなシルエットでヒールはアーチを描いている。光沢のある革。ブーツカットのジーンズによく合う。
レッドウィングジャパンの設立に伴い、ミドリインターナショナル(ミドリ安全のグループ会社)に 代わってレッドウィングジャパンが日本の正規輸入代理店となった。

高価

非常に高価

関連項目[編集]

外部リンク[編集]