イアン・キンズラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イアン・キンスラーから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • イアン・キンスラー
イアン・キンズラー
Ian Kinsler
KinslerHeadshot.jpg
テキサス・レンジャーズでの現役時代
(2009年4月27日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イスラエルの旗 イスラエル
二重国籍[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アリゾナ州ツーソン
生年月日 (1982-06-22) 1982年6月22日(39歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 2003年 MLBドラフト17巡目
初出場 2006年4月3日
最終出場 2019年8月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イスラエルの旗 イスラエル
五輪 2021年イスラエルの旗イスラエル代表)
WBC 2017年アメリカ合衆国の旗アメリカ代表)
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

イアン・マイケル・キンズラー: Ian Michael Kinsler, [ˈkɪnzlər]; 1982年6月22日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン出身の元プロ野球選手二塁手)。右投右打。愛称はブーツィーBootsie[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2000年6月5日のMLBドラフト29巡目(全体879位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名を受けたが、契約には至らなかった[3]

2001年6月5日のMLBドラフト26巡目(全体788位)で再びダイヤモンドバックスから指名を受けたが、契約には至らなかった[3]

アリゾナ州立大学在籍時の2002年は、パシフィック・テン・カンファレンスで平凡な数字に終わる。当時のチームメイトには同じ二塁手のダスティン・ペドロイアがいる。

ミズーリ大学編入後の2003年ビッグ・テン・カンファレンスで49試合・打率.335・出塁率.416・OPS.952 ・ 16盗塁と前年の不振を払拭する。

プロ入りとレンジャーズ時代[編集]

2003年6月3日のMLBドラフト17巡目(全体496位)でテキサス・レンジャーズから指名を受け、6月24日に契約した[4]。契約後、傘下のA-級スポケーン・インディアンス英語版でプロデビュー(51試合出場)[3]

2004年は、A級クリントン・ランバーキングス英語版とAA級フリスコ・ラフライダーズの2球団合計で131試合に出場して打率.345、20本塁打、99打点出塁率.413、OPS.986、23盗塁の好成績を挙げ、9月1日にはミッドウェスト・リーグのオールスターに出場した[3]。33個もの失策を犯したが、ベースボール・アメリカ誌選のマイナーリーグ・オールスター2ndチームにも選出され、レンジャーズ内のマイナーリーグ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く[5]。12月15日、レンジャーズの有望株リストで4位にランクされ、ベストヒッター・フォー・アベレージに挙げられた[6]

2005年はAAA級オクラホマ・レッドホークスに昇格、131試合に出場して打率.274、23本塁打、94打点、16盗塁を記録するなど着実に成長を遂げた[3]。前年同様失策が多く、20個犯したものの、7月13日にはパシフィック・コースト・リーグのオールスターに出場した[3]。シーズン終了後、ベースボール・アメリカ誌のプロスペクト・リストで全体98位にランクされた[7]

2006年は、ワシントン・ナショナルズへ移籍したアルフォンソ・ソリアーノの後釜として、4月3日の開幕戦ボストン・レッドソックス戦)においてメジャー・デビューを果たす。「9番二塁手」で先発出場し、第1打席カート・シリングからキャリア初安打となる右前安打を放つなど、2打数1安打1四球の好結果でデビュー戦を飾った。その後8試合で打率.476と絶好調を維持していたが[8]、4月12日に左手親指を痛め故障者リスト入り[9]。約1か月半戦線離脱したがその後は持ち堪え、120試合に出場し、121安打、14本塁打、11盗塁を記録した。新人選手が100安打、10本塁打、10盗塁を達成したのは球団史上初[10]二塁手としては両リーグ最多タイの18失策を犯したが[8]アメリカンリーグ新人王投票では1ポイントを獲得、7位にランクされるなど、飛躍のシーズンとなった。

2007年は、4月15日にプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク英語版に選ばれるなど[11]、4月だけで9本塁打、22打点と打棒爆発。前年同様のロケット・スタートを決め、6月19日からは1・2番打者として起用されることが多くなった[12]。ところが6月28日に左足を痛め故障者リスト入り[13]。約1か月戦線離脱したこともあって、次第に息切れ。不安定な守備も相変わらずであったが、「彼はまだ修行中、実力は本物」と監督ロン・ワシントンポテンシャルの高さには一目置いている[14]。また、目標としていた長打率の向上を実践して見せ[15]、球団史上7人目となる20本塁打、20盗塁を達成。前年より打率は.023下げたものの、ボールの見極めが上達し[16]、出塁率は上がった。特に1・2番として起用された試合の出塁率はそれぞれ.390と.389[17]、盗塁成功率も92%(20盗塁以上ではリーグ2位[14])と、チャンス・メーカーの重責を果たした。

2008年2月19日に5年総額2200万ドルを結んだ[18]。オプションとして2013年シーズンの選択権を球団側が所持した。 開幕戦から一番に定着し[19]、5月16日から6月4日まで19試合連続安打を記録、更に6月17日からは両リーグ最長となる25試合連続安打をマーク[20]。前半戦を首位打者で折り返し、オールスターゲームに初めて選出された。その後腰痛を患い、手術を受けたため[21]、8月17日を最後にシーズンを終えたが、打率.319(リーグ4位)、対右投手打率.332(同1位)、得点圏打率.413(同2位)、OPS.892(同8位)、102得点(同8位)、26盗塁(同10位)、盗塁成功率92.8%(同2位)と多くの部門でキャリアハイを更新した他、MVP投票では1ポイントを獲得、20位にランクインし、オーナーのトム・ヒックス英語版から「彼は若くして見事なリーダーシップを発揮している」と喜ばせた[22]

テキサス・レンジャーズでの現役時代
(2009年4月25日)

2009年4月15日にサイクル安打を達成したが、その試合で6本の安打を記録した。サイクル安打と6安打の同時達成は、119年ぶりの快挙だという[23]。9月25日にはシーズン30個目の盗塁を記録。すでに記録していた30本塁打とあわせて「30-30クラブ」の一員となる。チーム史上、アルフォンソ・ソリアーノに次ぐ2人目で、歴代の二塁手としてもソリアーノ(二塁手として3回達成)、ブランドン・フィリップスに次いで史上3人目の達成者、また、2009年両リーグを通じて唯一の達成者となった。

2010年、前年より打率が上昇したが、故障の影響で103試合の出場に留まる。4年ぶりに規定打席到達を逃し、本塁打はメジャーデビュー以来、自身初の1桁(9本塁打)に終わった[3]

2011年は2年ぶり2度目の30本塁打&30盗塁を達成した。

2012年4月10日、2013年からの5年契約を結んだ。5年間の総額は7000万ドルで、6年目は1200万ドルの球団側選択オプションまたは500万ドルのバイアウトであるため、5年7500万ドルが保証された契約となる。シーズンでは両リーグ6位の105得点を記録するも、自己ワーストとなる出塁率.326、本塁打も19本に終わった[3]

2013年は前年をさらに下回る13本塁打、15盗塁に終わったが、打率は.277を記録した[3]

タイガース時代[編集]

2013年11月21日にプリンス・フィルダーと金銭とのトレードで、デトロイト・タイガースに移籍した[4]。移籍の際にレンジャーズと何らかのトラブルがあったのか、「レンジャーズには0勝162敗して欲しい(I hope they go 0-162)」という言葉を残している[24]

2014年は上位打線の核として自己ベストの161試合に出場。いずれも2年ぶりとなる100得点・40二塁打・15本塁打のラインをクリア。自己ベストの92打点、メジャーデビューから9年連続2桁盗塁となる15盗塁を決め、タイガースの地区優勝に貢献した[3]オールスターゲームにも選出された。

2015年は154試合に出場し、11本塁打・ルーキーイヤーから10年連続2桁盗塁となる10盗塁を決めた。打撃面では好調を維持し、2008年以来の高打率となる.296をマークした[3]

デトロイト・タイガース時代
(2016年5月13日)

2016年は、153試合に出場して打率.288・5年ぶりの20本超となる28本塁打、83打点、14盗塁を記録。通算200本塁打と200盗塁を同シーズン中に達成した[3]。自身初となるゴールドグラブ賞を受賞。

2017年はシーズン開幕前の2月9日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表に選出された[25]。3月22日の決勝プエルトリコ戦に勝利し、初の優勝を果たした[26]。シーズンの最終成績は打率.236・22本塁打・52打点で、守備面ではDRSがリーグトップの+6.1を記録した。

エンゼルス時代[編集]

2017年12月13日にマイナー選手2名とのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[27]

ロサンゼルス・エンゼルス時代
(2018年6月15日)

2018年6月19日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で歴代4位となる48本目の先頭打者本塁打を放った[28]

レッドソックス時代[編集]

2018年7月31日にウィリアムズ・ヘレスタイ・バトリーとのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した[29]。この年のレッドソックスはロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズを制し、自身初となるワールドシリーズ優勝となった[30]。守備面で大きく貢献し、自身2度目となるゴールドグラブ賞を受賞していた。オフ10月29日にFAとなった[4]

パドレス時代[編集]

2018年12月20日にサンディエゴ・パドレスと2年総額800万ドルの契約を結んだ[31]。オプションとして2021年シーズンの選択権を球団側が所持した。

2019年5月15日のロサンゼルス・ドジャース戦で出場していないにもかかわらず、ベンチから球審に文句をつけ退場処分を受けた[32]。翌16日のピッツバーグ・パイレーツ戦では本塁打を放った際にも暴言を吐き、罰金を科された[33]。8月13日のタンパベイ・レイズ戦の9回表に初登板した。1回無失点に抑え、その裏には2ラン本塁打を放った[34]。しかし8月16日に頚椎椎間板ヘルニアの影響で故障者リスト入りし、シーズン中での復帰は絶望となった[35]。オフの12月20日に引退を表明した。引退の理由として頚椎椎間板ヘルニアを挙げ、「これまで全力で取り組んできた野球を中途半端に続けるのは私の誇りが許さない」とコメントした。通算1999安打での引退は1908年のジミー・コリンズ以来、111年ぶり2人目となった[36]。引退後はパドレスの編成部門アドバイザーに就任することとなった。

現役引退後[編集]

2020年3月にアリーヤーし、東京オリンピック野球イスラエル代表に選手として加わる意向を表明した[1]

2021年7月5日に東京オリンピックの野球イスラエル代表に選出された[37]。また五輪で戦うための準備として、独立リーグであるアトランティックリーグロングアイランド・ダックスと7月2日から8日までの1週間限りの契約を結び[38]、5試合に出場した[39]

選手としての特徴[編集]

ボールをハードに叩き、ギャップ(外野手と外野手の間、長打コース)を打ち抜く打撃を武器とする。特に得点圏において打率.323、OPS.925[40]と勝負強さを発揮し、塁上の走者を迎え入れる。その上、出塁能力が高く、スピードと盗塁技術を兼ね備えた優秀なベースランナーでもある。守備においては、3年間合計(2006-2008)でアメリカンリーグ・ワーストの53失策[41]を犯しているものの、俊足を飛ばしてレンジ(守備範囲)は広く、同期間中のレンジ・ファクターでは5.7(リーグ1位)[42]の高値をはじき出している。一方、「162試合フル出場するには耐久力が欠落している」と指摘する声があるように、課題はリスク管理と健康維持で、3年連続(2006-2008)で故障者リスト入りし、その間全て30試合以上休場している[13][43][44][45][46]。2004年までは遊撃手であったが、2005年から二塁手にコンバートされた。

妻テスと2人の子どもがいる[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 TEX 120 474 423 65 121 27 1 14 192 55 11 4 1 7 40 1 3 64 12 .286 .347 .454 .801
2007 130 566 483 96 127 22 2 20 213 61 23 2 8 4 62 2 9 83 14 .263 .355 .441 .796
2008 121 583 518 102 165 41 4 18 268 71 26 2 7 7 45 1 6 67 12 .319 .375 .517 .892
2009 144 640 566 101 143 32 4 31 276 86 31 5 3 6 59 0 6 77 9 .253 .327 .488 .814
2010 103 460 391 73 112 20 1 9 161 45 15 5 2 4 56 2 7 57 11 .286 .382 .412 .794
2011 155 723 620 121 158 34 4 32 296 77 30 4 4 2 89 2 8 71 17 .255 .355 .477 .832
2012 157 731 655 105 168 42 5 19 277 72 21 9 1 5 60 0 10 90 14 .256 .326 .423 .749
2013 136 614 545 85 151 31 2 13 225 72 15 11 3 7 51 0 8 59 5 .277 .344 .413 .757
2014 DET 161 726 684 100 188 40 4 17 287 92 15 4 3 5 29 1 5 79 20 .275 .307 .420 .727
2015 154 675 624 94 185 35 7 11 267 73 10 6 0 5 43 0 3 80 13 .296 .342 .428 .770
2016 153 679 618 117 178 29 4 28 299 83 14 6 0 3 45 0 13 115 5 .288 .348 .484 .831
2017 139 613 551 90 130 25 3 22 227 52 14 5 0 0 55 2 7 86 9 .236 .313 .412 .725
2018 LAA 91 391 355 49 85 20 0 13 144 32 9 4 0 2 30 0 4 40 10 .239 .304 .406 .710
BOS 37 143 132 17 32 6 0 1 41 16 7 3 0 1 10 0 0 24 5 .242 .294 .311 .604
'18計 128 534 487 66 117 26 0 14 185 48 16 7 0 3 40 0 4 64 15 .240 .301 .380 .681
2019 SD 87 281 258 28 56 12 0 9 95 22 2 4 0 1 19 0 3 54 5 .217 .278 .368 .646
MLB:14年 1888 8299 7423 1243 1999 416 41 257 3268 909 243 74 32 59 693 11 92 1046 161 .269 .337 .440 .777
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



二塁(2B) 三塁(3B)
























2006 TEX 119 247 393 18 94 .973 -
2007 130 283 436 17 98 .977 -
2008 121 292 390 18 123 .974 -
2009 144 249 451 11 100 .985 -
2010 103 190 278 7 64 .985 -
2011 144 268 398 11 103 .984 -
2012 144 203 386 18 81 .970 1 0 0 0 0 .---
2013 124 211 371 13 89 .978 -
2014 DET 160 290 467 9 101 .988 -
2015 153 289 425 13 109 .982 -
2016 151 303 432 9 109 .988 -
2017 135 263 327 10 95 .983 -
2018 LAA 91 154 243 7 73 .983 -
BOS 37 59 67 2 16 .984 -
'18計 128 213 310 9 89 .983 -
2019 SD 72 96 155 5 36 .980 -
MLB 1828 3397 5219 168 1291 .981 1 0 0 0 0 .---

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 5(2006年 - 2013年、2018年7月31日 - 同年終了)
  • 3(2014年 - 2018年7月29日、2019年)

代表歴[編集]

アメリカ合衆国代表
イスラエル代表

脚注[編集]

  1. ^ a b Grossman, Danny (2020年3月23日). “Israel baseball brings Kinsler into the fold”. The Jerusalem Post. 2020年3月23日閲覧。
  2. ^ Jason Beck (2017年8月24日). “Tigers Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2017年12月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l Baseball-Reference参照。2017年12月14日閲覧。
  4. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2019年1月9日閲覧。
  5. ^ Ian Kinsler Awards” (英語). The Baseball Cube. 2009年1月1日閲覧。
  6. ^ John Manuel (2004年12月15日). “Top Ten Prospects: Texas Rangers , Best Tools” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年3月30日閲覧。
  7. ^ 2005 TOP 100 PROSPECTS” (英語). Baseball America (2006年2月11日). 2017年12月14日閲覧。
  8. ^ a b 『月刊スラッガー 2006年12月号』 43頁。
  9. ^ Rangers put Kinsler on DL, activate Matthews” (英語). espn.com. 2008年2月9日閲覧。
  10. ^ Player Profile: Ian Kinsler (2006 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月9日閲覧。
  11. ^ AwardsMiLB.com , 2008年3月3日閲覧。
  12. ^ 2007 Texas Rangers Batting Orders” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年1月1日閲覧。
  13. ^ a b Ian Kinsler - Scouting Report , Transactions / Injuries / Suspensionssportsnet.ca , 2008年3月3日閲覧。
  14. ^ a b 『月刊スラッガー 2007年12月号』 61頁。
  15. ^ 村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』廣済堂出版、2007年、220頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  16. ^ Ian Kinsler ≫ Graphs ≫ BB% ≫ BattingFangraphs , 2008年3月3日閲覧。
  17. ^ Ian Kinsler 2007 Batting Splits , Batting Order Positions” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年3月30日閲覧。
  18. ^ Transactions History” (英語). The Baseball Cube. 2009年1月1日閲覧。
  19. ^ 2008 Texas Rangers Batting Orders” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年1月1日閲覧。
  20. ^ 出野哲也 「長期契約一年目の選手たち」『月刊スラッガー No.128 , 2008年12月号』日本スポーツ企画出版社、38頁。
  21. ^ MLB=レンジャーズのキンスラー、ヘルニア手術へ”. Reuters (2008年9月6日). 2008年12月5日閲覧。
  22. ^ 小林信行 「オーナーに宣言した若大将の有言実行」『月刊スラッガー No.125 , 2008年9月号』日本スポーツ企画出版社、80頁。
  23. ^ Sullivan, T.R. (2009年4月16日). “Kinsler hits for cycle, goes 6-for-6” (英語). MLB.com. 2009年6月2日閲覧。
  24. ^ Kinsler hopes Texas, 'sleazeball' GM go 0-162” (英語). ESPN.com (2014年3月4日). 2020年1月12日閲覧。
  25. ^ USA Baseball Announces 2017 World Baseball Classic Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2017年2月9日) 2017年3月16日閲覧
  26. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  27. ^ Jason Beck (2017年12月13日). “Tigers trade Kinsler to Angels for 2 prospects” (英語). MLB.com. 2017年12月14日閲覧。
  28. ^ Trout extends torrid stretch as Halos gain split”. MLB.com. 2019年8月20日閲覧。
  29. ^ Ian Browne (2018年7月31日). “Sox get Kinsler with Pedroia's return uncertain” (英語). MLB.com. 2018年8月5日閲覧。
  30. ^ Anthony Castrovince (2018年10月29日). “Boston Red Sox win 2018 World Series.” (英語). MLB.com. 2019年1月7日閲覧。
  31. ^ AJ Cassavell (2018年12月20日). “Kinsler, Padres make 2-year deal official” (英語). MLB.com. 2019年1月6日閲覧。
  32. ^ 前田健太5勝目の裏で珍騒動!キンズラーが“出場していない”試合で退場に”. www.sportingnews.com. 2019年8月20日閲覧。
  33. ^ パ軍キンズラー、不適切発言でMLBから罰金課される 「僕は活力が欲しいだけ」”. Full-count. 2019年8月20日閲覧。
  34. ^ Kinsler makes mound debut, then hits HR in loss”. MLB.com. 2019年8月20日閲覧。
  35. ^ Padres to place Kinsler on IL with neck injury” (英語). San Diego Union-Tribune (2019年8月16日). 2020年1月28日閲覧。
  36. ^ 4-time All-Star Kinsler announces retirement” (英語). MLB.com. 2020年1月12日閲覧。
  37. ^ キンズラーらが代表入り 東京五輪野球のイスラエル”. 日刊スポーツ (2021年7月6日). 2021年7月28日閲覧。
  38. ^ KINSLER AND VALENCIA TO PLAY WITH DUCKS JULY 2-8”. The Long Island Ducks (2021年6月21日). 2021年7月28日閲覧。
  39. ^ Statistics”. Atlantic League Professional Baseball. 2021年7月28日閲覧。
  40. ^ 2006-2008の3年通算。Three year (2006-2008) Batting Splits” (英語). ESPN. 2009年1月1日閲覧。
  41. ^ American League Leaderboards ≫ 2008 ≫ Second Basemen ≫ Fielding Statistics” (英語). FanGraphs. 2009年1月21日閲覧。※E(error、失策)をクリック。
  42. ^ American League Leaderboards ≫ 2008 ≫ Second Basemen ≫ Fielding Statistics” (英語). FanGraphs. 2009年1月21日閲覧。※RF/9(Range factor、レンジ・ファクター)をクリック。
  43. ^ John Sickels (2004年9月20日). “Rangers prospect Ian Kinsler” (英語). ESPN. 2009年1月21日閲覧。
  44. ^ Ian Kinsler - Pecota” (英語). BaseballProspectus.com. 2008年3月30日閲覧。
  45. ^ 「2008 MLB 30球団スカウティング・レポート」『ウェルカム・メジャーリーグ 2008』白夜書房〈白夜ムック 315〉、82,152-155頁。ISBN 978-4861913983
  46. ^ 出野哲也 「2008 二塁手ランキング」『月刊スラッガー No.122 , 2008年6月号』日本スポーツ企画出版社、21頁。
  47. ^ 上位3人はリッキー・ヘンダーソンの81、アルフォンソ・ソリアーノの54、クレイグ・ビジオの53

関連項目[編集]

外部リンク[編集]