ダーウィン・バーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダーウィン・バーニー
Darwin Barney
テキサス・レンジャーズ (マイナー)
Darwin Barney Blue Jays.jpg
トロント・ブルージェイズ時代
(2015年9月30日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オレゴン州ポートランド
生年月日 (1985-11-08) 1985年11月8日(32歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 2007年 MLBドラフト4巡目(全体127位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 2010年8月12日 サンフランシスコ・ジャイアンツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダーウィン・ジェームズ・クナネ・バーニーDarwin James Kunane Barney , 1985年11月8日 - )は、 アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身のプロ野球選手二塁手)。右投右打。MLBテキサス・レンジャーズ(FA)。愛称はダー・バー[1]

母方の祖父が日本人、祖母は韓国人であり、父はハワイ州の出身である。祖父の名字は山本で、バーニーの左肩には漢字で「山本」と刺青がされている[2][3]

経歴[編集]

カブス時代[編集]

2007年MLBドラフト4巡目(全体127位)でシカゴ・カブスに指名され[4]7月9日に契約した[5]

2010年8月12日のジャイアンツ戦でメジャーデビューを果たした。それまでは遊撃手だったが、カブスには正遊撃手スターリン・カストロがいるため二塁手に転向した[2]

2011年には二塁手のレギュラーの座を掴んだ。ナ・リーグの新人王投票では7位(最下位タイ)だった。

2012年守備防御点(DRS)で全選手中最高の+28を記録し、フィールディング・バイブル・アワードを初受賞した[6]。更に、ゴールドグラブ賞にも選出された。

2014年2月6日にカブスと230万ドルの1年契約に合意した[7]。開幕後は正二塁手として72試合に出場したが、打率.230・2本塁打・16打点・1盗塁と結果を残せず、7月22日DFAとなった[4]

ドジャース時代[編集]

2014年7月28日後日発表選手とのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[8]

2015年は2試合の出場にとどまり、4月14日に25人ロースターから外れ[9]6月12日にDFAとなった[10]。その後もAAA級オクラホマシティ・ドジャースに所属した[11]

ブルージェイズ時代[編集]

2015年9月13日トロイ・トゥロウィツキーの負傷に伴って後日発表選手とのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した[12]。ブルージェイズ加入後は控え内野手としてプレーし、15試合で打率.304をマークして結果を残した。守備面では、全15試合で二塁手の守備に就いたが、1失策守備率.971・DRS -1という内容に終わり、過去に2年連続でゴールドグラブ賞を獲得した頃の輝きは見られなかった。10月19日パット・ベンディットの獲得に伴ってDFAとなり[13]10月22日にFAとなった[4]が、12月11日に1年契約で再契約した[14]

2016年内野ユーティリティとして起用され、3年ぶりの100超となる104試合に出場。打率.269・4本塁打・19打点・2盗塁・OPS0.695という成績を記録し、バーニーとしては打撃好調を維持した。守備面では、本職のセカンドを守った40試合が最多で、4失策・守備率.976ながら、DRSでは +5を記録したほか、サードショートもそれぞれ25試合以上で守ってプラスのDRSをマークし、以前の守備力を多少取り戻した恰好となった。7月1日クリーブランド・インディアンス戦では延長19回にマウンドに上がったが、カルロス・サンタナに決勝本塁打を浴び敗戦投手となった[15]

2017年オフの11月2日フリーエージェント(FA)となった[16]

レンジャーズ傘下時代[編集]

2018年2月5日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 CHC 30 85 79 12 19 4 0 0 23 2 0 0 0 0 6 0 0 12 0 .241 .294 .291 .585
2011 143 571 529 66 146 23 6 2 187 43 9 2 7 4 22 2 8 67 14 .276 .313 .353 .666
2012 156 588 548 73 139 26 4 7 194 44 6 1 3 1 33 1 3 58 11 .254 .299 .354 .653
2013 141 555 501 49 104 25 1 7 152 41 4 2 4 6 36 5 6 64 22 .208 .266 .303 .569
2014 72 217 204 18 47 10 2 2 67 16 1 0 2 1 9 2 1 31 1 .230 .265 .328 .594
LAD 22 45 33 6 10 1 0 1 14 7 0 0 0 1 8 0 3 3 0 .303 .467 .424 .891
'14計 94 262 237 24 57 11 2 3 81 23 1 0 2 2 17 2 4 34 1 .241 .300 .342 .642
2015 2 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
TOR 15 26 23 4 7 1 0 2 14 4 0 0 2 0 1 0 0 2 0 .304 .333 .609 .942
'15計 17 30 27 4 7 1 0 2 14 4 0 0 2 0 1 0 0 2 0 .259 .286 .519 .804
2016 104 306 279 35 75 13 2 4 104 19 2 2 2 2 22 1 1 48 8 .269 .322 .373 .695
2017 129 362 336 34 78 14 0 6 110 25 7 2 5 1 18 0 2 64 13 .232 .275 .327 .602
MLB:8年 814 2759 2536 297 625 117 15 31 865 201 29 9 25 16 155 11 24 349 69 .246 .294 .341 .635
  • 2017年度シーズン終了時

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 15 (2010年 - 2014年途中)
  • 30 (2014年途中 - 同年終了)
  • 6 (2015年 - 同年途中)
  • 18 (2015年途中 - 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ Connor Mount (2017年8月24日). “Blue Jays Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2018年2月6日閲覧。
  2. ^ a b 【仔熊(カブス)野球倶楽部】第3回 新人王候補の山本君
  3. ^ 日本をルーツに持つメジャーリーガーたち
  4. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2018年2月6日閲覧。
  5. ^ Baseball-Refernce 参照。2018年2月6日閲覧。
  6. ^ Darwin Barney scoops up fielding award ESPN Chicago
  7. ^ Adam McCalvy (2014年2月6日). “Cubs avoid arbitration with second baseman Barney” (英語). MLB.com. 2018年2月6日閲覧。
  8. ^ Ken Gurnick (2014年7月28日), “Dodgers acquire infielder Darwin Barney from Cubs” (英語) (プレスリリース), MLB.com, https://www.mlb.com/news/dodgers-acquire-darwin-barney-for-player-to-be-named/c-86718304 2018年2月6日閲覧。 
  9. ^ Brandon Wise (2015年4月14日). “Dodgers officially call up David Huff, option Darwin Barney to Triple-A” (英語). FANTASY NEWS. CBSSports.com. 2015年9月14日閲覧。
  10. ^ Marty Gitlin (2015年6月12日). “Dodgers DFA Triple-A 2B Darwin Barney” (英語). FANTASY NEWS. CBSSports.com. 2015年9月14日閲覧。
  11. ^ Transactions” (英語). MLB.com. 2015年9月14日閲覧。
  12. ^ Gregor Chisholm (2015年9月13日). “Blue Jays acquire Barney from Dodgers” (英語). MLB.com. 2018年2月6日閲覧。
  13. ^ Jeff Simmon (2015年10月19日). “Person of Interest: Blue Jays switch pitcher Pat Venditte” (英語). Sportsnet. http://www.sportsnet.ca/baseball/mlb/person-of-interest-blue-jays-switch-pitcher-pat-venditte/ 2015年10月20日閲覧。 
  14. ^ Steve Adams (2015年12月11日). “Blue Jays Re-Sign Darwin Barney” (英語). MLB Trade Rumors. 2018年2月6日閲覧。
  15. ^ Indians vs. Blue Jays Wrapup | 07/01/16” (英語) (2016年7月1日). 2018年2月6日閲覧。
  16. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2017年12月30日閲覧。
  17. ^ T.R. Sullivan (2018年2月5日). “Rangers sign Barney to Minor League deal” (英語). MLB.com. 2018年2月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]