FUJI XEROX SUPER CUP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FUJI XEROX SUPER CUP
開始年 1994年
主催 下記参照
参加チーム数 2
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 サンフレッチェ広島(3回目)
最多優勝 鹿島アントラーズ(5回)
サイト FUJI XEROX SUPER CUP
テンプレートを表示

FUJI XEROX SUPER CUP(富士ゼロックス スーパーカップ、ふじ-)は、日本サッカーにおけるスーパーカップである。1994年の開設当初から富士ゼロックスが特別協賛につき、2008年まではXEROX SUPER CUP(ゼロックス スーパーカップ)、2009年から現在の大会名に変更された[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のリーグ戦開幕の1週前に行なわれる、その年度の最初の公式戦である。

なお、本項では日本リーグ(JSL)時代に行われたスーパーカップについても記述する。

概要[編集]

前シーズンのJリーグ ディビジョン1の年間優勝チームと天皇杯全日本サッカー選手権大会の優勝チームが出場する。前年のJ1年間と天皇杯の優勝クラブが同一だった場合は、2008年までは天皇杯準優勝チーム、2009年からはJ1年間準優勝チームに代替で出場権が与えられる[1]

試合時間は前後半各45分で行なう。勝敗が決まらない場合には延長戦は行わず、PK戦によって勝敗を決める[2]

主催・主管団体[編集]

試合放送[編集]

結果[編集]

年度 J/J1年間優勝 結果 天皇杯優勝 会場 入場者数
1 1994年 ヴェルディ川崎 2 - 1 横浜フリューゲルス 国立競技場東京 51,154人
2 1995年 ヴェルディ川崎 2 - 2
(PK 4 - 2)
ベルマーレ平塚 53,167人
3 1996年 横浜マリノス 0 - 2 名古屋グランパスエイト 39,570人
4 1997年 鹿島アントラーズ 3 - 2 ヴェルディ川崎 28,920人
5 1998年 ジュビロ磐田 1 - 2 鹿島アントラーズ 35,208人
6 1999年 鹿島アントラーズ 2 - 1 清水エスパルス[3] 28,520人
7 2000年 ジュビロ磐田 1 - 1
(PK 3 - 2)
名古屋グランパスエイト 25,063人
8 2001年 鹿島アントラーズ 0 - 3 清水エスパルス[4] 25,095人
9 2002年 鹿島アントラーズ 1 - 1
(PK 4 - 5)
清水エスパルス 34,576人
10 2003年 ジュビロ磐田 3 - 0 京都パープルサンガ 22,904人
11 2004年 横浜F・マリノス 1 - 1
(PK 2 - 4)
ジュビロ磐田 30,158人
12 2005年 横浜F・マリノス 2 - 2
(PK 4 - 5)
東京ヴェルディ1969 横浜国際総合競技場横浜 21,104人
13 2006年 ガンバ大阪 1 - 3 浦和レッズ 国立競技場(東京 35,674人
14 2007年 浦和レッズ 0 - 4 ガンバ大阪[4] 35,307人
15 2008年 鹿島アントラーズ 2 - 2
(PK 3 - 4)
サンフレッチェ広島[4] 27,245人
16 2009年 鹿島アントラーズ 3 - 0 ガンバ大阪 36,880人
17 2010年 鹿島アントラーズ 1 - 1
(PK 5 - 3)
ガンバ大阪 34,634人
18 2011年 名古屋グランパス 1 - 1
(PK 3 - 1)
鹿島アントラーズ 日産スタジアム横浜 35,963人
19 2012年 柏レイソル 2 - 1 FC東京 国立競技場(東京 35,453人
20 2013年 サンフレッチェ広島 1 - 0 柏レイソル 34,972人
21 2014年 サンフレッチェ広島 2 - 0 横浜F・マリノス 41,273人

統計[編集]

クラブ別成績[編集]

クラブ名 優勝年度 準優勝年度
鹿島アントラーズ 5 4 1997,1998,1999,2009,2010 2001,2002,2008,2011
東京ヴェルディ 3 1 1994,1995,2005 1997
ジュビロ磐田 3 1 2000,2003,2004 1998
サンフレッチェ広島 3 0 2008,2013,2014
名古屋グランパス 2 1 1996,2011 2000
清水エスパルス 2 1 2001,2002 1999
ガンバ大阪 1 3 2007 2006,2009,2010
浦和レッズ 1 1 2006 2007
柏レイソル 1 1 2012 2013
横浜F・マリノス 0 4 1996,2004,2005,2014
横浜フリューゲルス 0 1 1994
湘南ベルマーレ 0 1 1995
京都サンガF.C. 0 1 2003
FC東京 0 1 2012

出場権別成績[編集]

出場権
J/J1年間優勝チーム 12 9
天皇杯優勝チーム 9(3) 12(1)

※天皇杯優勝チームのカッコ内は、J1優勝チームと天皇杯優勝チームが同一などにより代替出場した準優勝チームの成績

NEXT GENERATION MATCH[編集]

2010年の大会より、ゼロックス杯の前に全国高等学校サッカー選手権大会の優秀選手を中心に集められた日本高校サッカー選抜とU-18・Jリーグ選抜(高校1,2年生)が対戦[5]しており、2011年の大会から「NEXT GENERATION MATCH」を当試合の名称に制定している。

主催・主管団体[編集]

結果[編集]

U-18Jリーグ選抜:2勝1敗2分  日本高校サッカー選抜:1勝2敗2分

年度 結果 会場
2010年 Jリーグ選抜 1 - 1 高校選抜 国立競技場東京
2011年 Jリーグ選抜 2 - 1 高校選抜 日産スタジアム横浜
2012年 Jリーグ選抜 3 - 0 高校選抜 国立競技場(東京)
2013年 Jリーグ選抜 0 - 0 高校選抜
2014年 Jリーグ選抜 0 - 1 高校選抜

JSL時代のスーパーカップ[編集]

1977年から1984年まで開催。なお、1978年(第2回)大会はJSL開幕戦を兼ねていた。

年度 JSL年間優勝 結果 天皇杯優勝
1 1977年 古河電工 3 - 2 ヤンマー[7]
2 1978年 フジタ工業 5 - 1 ヤンマー[7]
3 1979年 三菱重工 0 - 0
(PK 3 - 1)
東洋工業[7]
4 1980年 フジタ工業 1 - 2 三菱重工[7]
5 1981年 ヤンマー 0 - 0
(PK 3 - 2)
三菱重工
6 1982年 フジタ工業 2 - 0 日本鋼管
7 1983年 三菱重工 3 - 0 ヤマハ発動機
8 1984年 読売クラブ 2 - 0 日産自動車
  • 1977年度はこの年から始まった「サッカーフェスティバル」の行事として、4月10日に国立競技場で行われた。[8]
  • 1978年度は第2回サッカーフェスティバルの行事とJSL開幕戦を兼ねて、4月2日に長居競技場で行われた[9]。これはジャパンカップの日程に合わせて、JSLの日程が1週間繰り上がったことによる[10]
  • 1979年度は第3回サッカーフェスティバルの行事とJSL第2節を兼ねて、4月8日に国立競技場で行われた[11]
  • 1980年度は第4回サッカーフェスティバルの行事として、4月6日に長居競技場で行われた[12]
  • 1981年度は、第5回サッカーフェスティバルの行事とJSL開幕戦を兼ねて、4月5日に国立競技場で行われた[13]
  • 1982年度はリーグ開幕前の3月28日に国立競技場で行われた[14]
  • 1983年度はリーグ開幕前の3月27日に国立競技場で行われた[15]
  • 1984年度はリーグ開幕前の3月25日に国立競技場で行われた[16]

ゼロックス・チャンピオンズ・カップ[編集]

1992年4月に日本サッカーリーグ閉幕記念イベントとして開催された賞金大会。ゼロックスが冠スポンサーとなったことから「XEROX CHAMPIONS' CUP」と呼ばれる。

チャンピオンズ杯大会概要[編集]

1991-92年度シーズンは日本サッカーリーグ(JSL)として最後の年度であったため、その最終公式戦としてJSL1部所属チームが参加する4大会(JSL・JSLカップコニカカップ天皇杯)の優勝チームによる「チャンピオンの中のチャンピオン」を決めるチャンピオンズ杯が開催された。

JSL最終戦の翌週1992年4月5日に国立霞ヶ丘陸上競技場で激しい雨の中で準決勝2試合が行なわれた。第1試合はトヨタ(コニカカップ優勝)が日産(天皇杯優勝)を1対0で降し、第2試合は読売(JSL1部とJSLカップの2大会優勝)がJSL1部3位のヤマハ(読売と日産がJSL1部でそれぞれ1位・2位となったため出場権を得た)に2対0で勝利し、翌週の決勝戦へコマを進めた。

4月12日に国立競技場で開催された決勝戦はフジテレビで中継され、トヨタを2対1でやぶり優勝した読売がJSL最後のタイトルと共に「3冠」を達成、優勝賞金4,000万円を手にした。

チャンピオンズ杯参加クラブ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b スーパーカップ 冠スポンサーに富士ゼロックス株式会社~ 大会名を「FUJI XEROX SUPER CUP」に変更 ~ [ Jリーグ (08.12.16)]”. J's GOAL (2008年12月16日). 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 大会概要”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年2月23日閲覧。
  3. ^ 天皇杯優勝の横浜フリューゲルスが横浜マリノスとの合併により消滅したため、準優勝の清水エスパルスが出場
  4. ^ a b c J1年間優勝と天皇杯優勝のチームが同一であったため、天皇杯準優勝チームが出場
  5. ^ 【FUJI XEROX SUPER CUP 2010】フレンドリーマッチ U-18Jリーグ選抜 対 日本高校サッカー選抜開催のお知らせ
  6. ^ a b c d e f g h NEXT GENERATION MATCH 実施概要”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年2月23日閲覧。
  7. ^ a b c d JSL年間優勝と天皇杯優勝のチームが同一であったため、天皇杯準優勝チームが出場
  8. ^ 「春の国立競技場にお祭り満開!第1回サッカーフェスティバル」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1977年5月25日号 No.169、39-41頁。
  9. ^ 「JSL'78開幕!フジタ好スタート“釜本ヤンマー”を粉砕」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1978年5月10日号 No.190、12-13頁。
  10. ^ 「第14回日本リーグ “1強”フジタ中心に混戦リーグか」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1978年4月25日号 No.189、28頁。
  11. ^ 「“スーパーカップ”は三菱の手に」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1979年5月25日号 No.214、19頁。
  12. ^ 「三菱が“スーパーカップ”2連覇」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1980年5月25日号 No.237、13-15頁。
  13. ^ 「'81日本リーグ1部開幕 釜本建材15年目の春はつらつ」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1981年6月号 No.259、5-7頁。
  14. ^ 「高橋2ゴールのデビュー=スーパーカップ」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1982年6月号 No.271、121頁。
  15. ^ 「第7回スーパーカップ 三菱、巧みに3ゴール」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1983年6月号 No.284、20頁。
  16. ^ 「第8回スーパーカップ読売ク2発で快勝」『サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、1983年6月号 No.296、25-27頁。

外部リンク[編集]