京王バス東・調布営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京王バス東・調布営業所

京王バス東・調布営業所(けいおうバスひがし・ちょうふえいぎょうしょ)は、東京都調布市国領町6丁目6番地にある、京王電鉄の子会社・京王バス東の営業所である。当所を表す社内識別記号は「L」。調布駅つつじヶ丘駅吉祥寺駅などに発着する一般路線のほか、深夜急行バスや空港連絡路線・高速路線の一部を所管している。

沿革[編集]

  • 1997年4月1日:京王バス調布営業所が発足。
  • 1997年10月1日:京王帝都電鉄(現:京王電鉄)から一部路線の営業を譲渡され、営業を開始。
  • 2003年10月1日:京王バス東へ社名変更。
  • 2007年7月15日PASMOを導入。

現行路線[編集]

当営業所が所管する全路線は自社路線で、府中営業所および多摩営業所のような京王電鉄バスからの受託路線は無い。運賃は大人210円、子供110円。共同運行相手の小田急バスも京王に合わせて大人運賃を210円にしている。

調布駅北口を発着する府中営業所の多磨霊園裏門行き、武蔵小金井駅行きは多区間運賃制でありながら、調布駅北口 - 武蔵野公園を210円で統一させている。

早朝から夜間に掛けて一部路線で、深夜急行用車両で運行されることがある。

多摩住線[編集]

平日と土曜には深夜バスも運行される。

大丸線[編集]

平日1日1便のみ運行される。

布田線[編集]

  • 調34:調布駅北口 - 布田(旧甲州街道) - 西原 - 神代植物公園 - 深大寺
  • 調34:調布駅北口 - 布田(甲州街道) - 西原 - 神代植物公園 - 深大寺

早朝の3便のみ、甲州街道上の布田停留所を経由して運行される。

調布・杏林大病院線[編集]

日活線[編集]

是政線[編集]

  • 調51:調布駅南口 - 多摩川通り - 車返団地折返場

多摩川通り以遠は府中市に入るので区間運賃となる(調布駅南口 - 多摩川通りは210円均一)。2010年3月31日をもって調50系統(調布駅南口 - 多摩川通り - 是政駅) は廃止となった。

外語大線[編集]

  • 飛01:飛田給駅北口 → 多磨駅 → 警察大学校 → 榊原記念病院 → 飛田給駅
  • 飛02:飛田給駅北口 - 榊原記念病院 - 警察大学校 - 多磨駅
  • 調33:調布駅北口 - 上石原 - 飛田給駅北口 - 多磨駅

飛01は外語大循環として、朝のみ(平日2便、土休1便)運行される。

狛江ハイタウン線[編集]

  • 丘19:つつじヶ丘駅南口 - 神代団地北口 - 明照院 - 狛江ハイタウン折返場

2003年5月19日に開通。折返場は狛江ハイタウンではなく「パークシティ成城」にある。

深大寺線[編集]

平日と土曜は深夜バスも運行している(土曜は1便のみ)。

和泉線[編集]

  • 丘31:つつじヶ丘駅南口 - 松原 - 狛江営業所 - 慈恵第三病院 - 調布車庫 - 調布駅南口
  • 丘31:慈恵第三病院 → 狛江営業所 → つつじヶ丘駅南口
  • 丘31:調布車庫 → 慈恵第三病院 → 狛江営業所 → 松原 → つつじヶ丘駅南口入口 → つつじヶ丘駅北口
  • (出入庫):調布車庫 - 慈恵第三病院 - 狛江営業所 - 松原 - つつじヶ丘駅南口

同経路の一部を走る小田急バスは、この区間に限り運賃を210円にしている。

西原線[編集]

平日のみ深夜バスも運行している。

船橋線[編集]

  • 歳23:千歳船橋駅 - 塚戸小学校 - 千歳台六丁目 - 千歳烏山駅 - 南水無
  • 丘22:千歳船橋駅 - 塚戸小学校 - 千歳台六丁目 - 千歳烏山駅 - 南水無 - 仙川駅入口 - つつじヶ丘駅北口
  • 歳23: 塚戸小学校 - 千歳台六丁目 - 千歳烏山駅 - 南水無 (平日早朝・深夜のみ)

1997年10月1日に永福町営業所より移管。千歳烏山駅には折返所が無く、一つ先の南水無で折返しを行っている。千歳船橋駅でも折り返しは行わず、千歳通り→城山通り→環八通り経由の片循環を行っている。丘22は歳23の出入庫で、千歳船橋駅行きは早朝、つつじヶ丘駅行きは夜間中心で本数は少ない。                                     

「塚戸小学校」始発・終着便は、平日早朝に千歳烏山駅行き、平日深夜に塚戸小学校止まりが設定されている。朝の通勤時間帯に乗客数が増え、所定の便数では積み残しが発生しそうな場合にも、塚戸小学校始発千歳烏山駅行きの臨時便が運行されることがある。

東京スタジアム線(急行)[編集]

サッカー開催時・イベント開催時のみ運行される。

コミュニティバス[編集]

  • * 調36(北路線上ノ原循環):調布駅北口 → 武蔵野市場 → 上ノ原小学校 → 武蔵野市場 → 調布駅北口
  • * 調37(北路線): 調布駅北口 - 武蔵野市場 - 晃華学園東 - 都営深大寺住宅
  • * 調43(西路線):調布駅南口 - 京王多摩川駅 - 飛田給駅北口

深夜急行バス[編集]

  • 新宿駅 - 多摩センター駅 - 南大沢駅 - 橋本駅
  • 渋谷駅 - 千歳烏山駅 - つつじヶ丘駅 - 調布駅 - 府中駅
  • 渋谷駅 - 明大前駅入口 - 永福町駅 - 吉祥寺駅

京王井の頭線京王相模原線沿線の終電後輸送をカバーする。高速仕様車が就役しているが、2007年6月29日より渋谷発はワンロマ車を使用している。

高速バス・空港連絡バス[編集]

  • 調布羽田線:羽田空港 - 調布駅北口  東京空港交通と共管。
  • 府中羽田線:羽田空港 - 府中駅
  • 国分寺羽田線:羽田空港 - 国分寺駅南口
  • 武蔵小金井羽田線:羽田空港 - 武蔵小金井駅南口
  • 調布成田線:成田空港 - 調布駅北口  東京空港交通と共管。
  • 土気線:新宿駅西口 - 東京スカイツリータウン前 - 土気駅  千葉中央バスと共管。
  • 調布TDR線:調布駅北口 - 東京ディズニーリゾート  京成トランジットバスと共管。

廃止・移管路線[編集]

一般路線[編集]

  • 八01:八幡山駅 - 希望ヶ丘団地
2005年12月、永福町営業所に移管。
  • 丘01:つつじヶ丘駅南口 - 郵便局前 - 明照院 - 入間地域福祉センター
路線廃止日不明。
  • 調11:調布駅南口 - 矢野口 - よみうりランド
路線廃止日不明。
  • 調12:調布駅南口 - 矢野口 - 稲城団地
路線廃止日不明。
  • 調36(調布市ミニバス北路線):調布駅北口 - 武蔵野市場 - 柴崎折返場
2012年9月30日に上ノ原循環に再編されて、廃止となった。
  • 調50:調布駅南口 - 是政駅
2010年4月1日、一部区間に当たる上記が廃止された。車返団地折返場発着の調51は存続。

高速バス・空港連絡バス[編集]

  • センター成田線:京王多摩センター駅 - 聖蹟桜ヶ丘駅 - 成田空港
  • センター羽田線:京王多摩センター駅 - 聖蹟桜ヶ丘駅 - 羽田空港

成田線は2006年3月、羽田線は2007年6月1日にそれぞれ南大沢駅まで延伸に伴い、南大沢営業所に移管。

車両[編集]

2014年現在の調布営業所は、日産ディーゼル車を中心に三菱ふそう、日野自動車製の車両が在籍している。三菱・日野は極少数のみであったが、近年では京王バス全体でも導入メーカーがこの2社にほぼ集約されたことで割合が増えている。

府中営業所と共同で、明治大学付属明治高等学校・中学校のスクールバス輸送を受け持っており、専用の車両が在籍している。この他、晃華学園へのスクールバス輸送も受け持っていて、専用の中型車が4台在籍している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度38分45.2秒 東経139度33分9.2秒