調布市ミニバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
調布市ミニバス(京王バス東・L20407号車)

調布市ミニバス(ちょうふしミニバス)は、東京都調布市コミュニティバス

概要[編集]

愛称は調布市にゆかりのある漫画家水木しげるの代表作品『ゲゲゲの鬼太郎』より「鬼太郎バス」であり、バス車体や車内にも鬼太郎のキャラクターが描かれている(ただし、点検整備などバス事業者の都合で鬼太郎のラッピングがされていないバスで運用されることもある)。

調布駅を発着する路線は京王バス東が、仙川駅を発着する路線は小田急バスが担当している。なお、西路線のみ調布市と京王バス東の共同運営・京王バス東による運行で、それ以外の路線は各事業者が独自に運営・運行している。

運賃は全線大人200円・子供100円で、現金以外にもPASMOSuica東京都シルバーパスバス定期券などが使用可能。2010年10月31日まではバス共通カードも使用可能だった。

現行路線[編集]

西路線[編集]

北路線[編集]

  • (調37)調布駅北口 - 武蔵野市場 - 晃華学園東 - 都営深大寺住宅
    • 2012年1月31日開業(全線開業)
    • 京王バス東(調布営業所)が運行
    • 調布駅北口~都営深大寺住宅間は36~38分で結ばれる予定。

北路線(上ノ原循環)[編集]

  • (調36)調布駅北口 → 武蔵野市場 → 上ノ原公園下 → 上ノ原小学校 → 柴崎二丁目 → 上ノ原公園下 → 武蔵野市場 → 調布駅北口
    • 2012年10月1日暫定路線(柴崎折返場行き)の路線再編により現在のルートになる。
    • 京王バス東(調布営業所)が運行
    • 上ノ原公園下 → 上ノ原小学校 → 柴崎二丁目 → 上ノ原公園下が循環路線となっている。

東路線(緑ヶ丘循環)[編集]

過去の路線[編集]

北路線(暫定区間)[編集]

  • (調36)調布駅北口 - 武蔵野市場 - 柴崎折返場
    • 2006年10月9日開業(暫定区間)
    • 京王バス東(調布営業所)が運行
      • 2007年7月15日よりPASMO・Suicaの利用が可能になった。
    • 全線開業後も調布駅北口〜柴崎折返場間の区間便は存続していたが、2012年9月30日に上野原循環に再編。柴崎折返場は原山通り入口バス停の付近に存在し、都営深大寺住宅行きは柴崎折返場を経由しなかった。これに伴い、柴崎折返場バス停は廃止された。

車両[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]