オールテレーンタイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オールテレーンタイヤの一例(BFグッドリッチ・All-Terrain T/A)

オールテレーンタイヤ(All-Terrain tire)とは、自動車タイヤの一種であり、日本語では全地形タイヤと呼ばれることもある。厳密には全天候タイヤオールシーズンタイヤ、All-Season tire)と区別されるのであるが、日本・欧米共にしばしば両者が混同されるため、この項目でオールシーズンタイヤ及び、オールテレーンタイヤから派生したハイウェイテレーンタイヤについても記述を行う。

オールシーズンタイヤ[編集]

オールシーズンタイヤの一例(横浜ゴム・SuperDigger-V)

オールシーズンタイヤとは、いわゆる夏タイヤと呼ばれるノーマルタイヤと、冬タイヤと呼ばれるスノータイヤの中間のタイヤとして開発されたタイヤであり、スパイクタイヤ禁止後はこのタイヤから更に雪道に特化したスタッドレスタイヤが派生した。

非常に簡単に云えば、スタッドレスタイヤからサイプ構造を省いてゴム質をノーマルタイヤに近くした物がオールシーズンタイヤであり、縦横に巡らされた溝(グルーブ)で形成された四角形のブロックパターンがトレッド全面に規則的に配置されていることが特徴である。形式的ではあるがマッド+スノー(M+S)のサイドウォール表記もなされているため、雪道やオフロードでの使用も可能であることが謳われている。

日本では夏と冬の気候の差が非常にはっきりしており、夏タイヤと冬タイヤの使い分けが季節毎に行われる傾向が強かったことや、夏タイヤでもハイグリップ指向のものと、騒音を抑えたコンフォート指向のタイヤ、さらには転がり抵抗を抑えたエコタイヤに細分化されていったことで、悪く言えばコンセプトが中途半端なオールシーズンタイヤはタイヤの主流からは次第に外れていった。

しかし、国土が広いアメリカや、地域により標高差が激しいヨーロッパでは、ハイウェイアウトバーンを走行中に突然降雪に見舞われた場合でも安全に走行する必要性が求められるため、現在でも一般乗用車におけるオールシーズンタイヤの需要は大きい傾向がある。

比較的偏平率が高く幅広なサイズも揃っているオールシーズンタイヤは、国産スポーツカーアメリカ車ヨーロッパ車風にドレスアップする際に用いられることがある。

オールテレーンタイヤ[編集]

オールテレーンタイヤとは四輪駆動車向けのオールシーズンタイヤであり、4WD車やSUVのライン装着に用いられることが非常に多いタイヤのため、今日ではオールシーズンタイヤ=オールテレーンタイヤとして認識されていることが非常に多い。

自動車メーカーも道路舗装化が非常に進んだ今日では、事実上4WD車が一般道路を逸脱してオフロードを長時間走行し続けることは少ないとして認識しているため、マッドテレーンタイヤとノーマルタイヤを折衷したようなパターンのオールテレーンタイヤを装着することがほとんどとなっている。

オールテレーンタイヤは乗用車に用いられることが多いオールシーズンタイヤに比べてやや目が粗いトレッドパターンを持ち、ある程度までのオフロード走行と積雪面での走行を許容している。初期のオールテレーンタイヤはサイドウォールやカーカスコードなどの構造がノーマルタイヤとほぼ同じであったために、オフロード走行時の耐久性が低い問題を抱えていたが、今日では構造の改良によりある程度までは問題が解決されている。

オールテレーンタイヤは当初は4WD車の舗装路面におけるロードノイズの低減や燃費の向上などを重視して開発されていたが、今日ではさらなる高速走行への対応が求められるようにもなったため、クロスオーバーSUVなどのさらに乗用指向の強い車種に対してはノーマルタイヤとほぼ同じ性格を持つハイウェイテレーンタイヤがライン装着に用いられるようになった。

ハイウェイテレーンタイヤ[編集]

ハイウェイテレーンタイヤ(High-way terrain tire)とは、オールテレーンタイヤの一般舗装路での走行性能をさらに向上させた結果、ノーマルタイヤの性格を持つに至ったタイヤを指す。ハイスピードテレーンタイヤと呼ばれることもあるが、どちらも略号はH/Tであり、ほぼ完全な夏仕様のタイヤであるためマッド+スノー表記を持たないものもある。

高速走行時のロードノイズを抑えたトレッドパターンを持ち、今日のSUVの市街地走行の快適性向上に寄与しているタイヤでもある。

サイドウォールの表記[編集]

一般にはオールテレーンタイヤはAll-Terrainを示すA/T若しくはT/A表記がサイドウォールに大書されていることが多く、マッドテレーンタイヤ(M/T)やハイウェイテレーンタイヤ(H/T)と容易に区別が可能である。オールシーズンタイヤについても、A/T表記がされていることが多く、タイヤメーカーもほぼ同一の扱いを行っていることがうかがえる。

スノータイヤ・オフロードタイヤとしての使用[編集]

オールシーズンタイヤにおけるマッド+スノー(M+S)表記例(横浜ゴム・SuperDigger-V)

オールテレーンタイヤやオールシーズンタイヤのサイドウォールにはスノータイヤの一種であることを示すSNOW表記が示されており、タイヤサイズ表記の周囲にマッド+スノー(MUD+SNOW)を示すM+Sという略号が表記されていることが多い。

しかしこの表記は、あくまでも形式的なものであり、実際の泥濘地や積雪面での走行性能はそのオールテレーンタイヤのトレッドパターンにより千差万別である。雪道でのトラクション性能はスタッドレスタイヤに、オフロード性能ではマッドテレーンタイヤにそれぞれ及ばないことを承知した上で、タイヤを過信せずに、雪が降っていてもオフロードでも一応走行は出来る程度の認識で使用するのが無難である。

関連項目[編集]