アドビシステムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドビシステムズ
Adobe Systems Incorporated
Adobe Systems Logo
Adobe HQ.jpg
アドビシステムズの本社
種類 公開会社
市場情報
NASDAQ ADBE
略称 アドビ
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンノゼ、パークアベニュー345
設立 1983年10月
業種 情報・通信業
事業内容 デザイン、イメージングおよびパブリッシング用ソフトウェアの提供
代表者 シャンタヌ・ナラヤン
(社長、最高経営責任者兼取締役)
資本金 6万1千ドル
売上高 28億318万7,000ドル(2007年度)
総資産 57億1,367万9,000ドル
(2007年11月30日現在)
従業員数 6,794人(2007年11月30日現在)
決算期 11月28日から12月4日までの金曜日に当たる日
主要株主 アクサ・フィナンシャルインクおよび一定の関連法人 5.88%
プライムキャップ・マネジメント・カンパニー 5.92%
(2008年2月11日現在)
外部リンク www.adobe.com (英語)
www.adobe.com/jp/ (日本語)
テンプレートを表示
アドビシステムズ株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 141-0032
東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
代表者 佐分利ユージン (代表取締役社長)
資本金 1億8000万円(2008年12月現在)
従業員数 180人(2008年12月現在)
外部リンク http://www.adobe.com/jp/
テンプレートを表示

アドビシステムズAdobe Systems Incorporated)は、ジョン・ワーノックチャールズ・ゲシキー によって1982年12月に設立されたアメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ市に本社を置くコンピュータソフトウェア会社である。

日本法人であるアドビシステムズ株式会社は、東京都品川区大崎に所在。

ソフトウェアのみを開発・販売する企業としては現在、世界最大である。

歴史[編集]

パロアルト研究所にいたチャールズ・ゲシキーとジョン・ワーノックは、ページ記述言語・インタープレスの研究開発を行っていたが、ゼロックスはこれをビジネスには利用しようとしなかったため、独立を決意し、1982年にAdobe Systemsを設立した。社名は、当時ロスアルトスにあったワーノックの自宅の裏を流れる川の名前からとったとされている。

当初はページ記述言語をもとに、DTPシステム自体を事業の核にしようと考えていた。アップルコンピュータでは新しくレーザープリンターを開発していたが、高精度な印刷ができないことに悩んでいたスティーブ・ジョブズがこのようなページ記述言語の存在を知り、アップルのレーザープリンターに供給することを依頼した。この結果、アドビはハードウェアメーカーではなく、プリンターメーカーにページ記述言語を供給するソフトウェアメーカーとなった。

1985年PostScriptを発表。この頃の売り上げの大半はアップルからのライセンス使用料であった。しばらくはPostScriptのライセンス供与がビジネスの柱であったが、1987年Illustratorを発表して、アプリケーションプログラムの販売に参入する。

1989年にはPhotoshopを発売。このころまで、アドビのビジネスは「紙に印刷すること」を目指していたが、動画編集ソフトのPremiereの開発・発売、さらにAcrobatPDFを開発することで、ビジネスの方向をディジタルデータのオーサリングに向けることになる。

1994年アルダスを買収。After Effects、Persuasion、PageMakerと後のInDesignの元となる技術と開発者を手に入れる。

設立以来、アップル、スティーブ・ジョブズ(NeXTでは全面的にPostScriptを採用)、MacintoshMac OS XではOSレベルでPDFを採用)との関係が深いが、Windows 95が発売されて以降、Windowsとの関係も深くなってきている。

2005年4月に同じオーサリングソフトウェア関連の制作会社であるマクロメディア社を買収、12月3日に買収を完了した。

2009年10月にアクセス解析関連のマーケティングサービス会社であるOmnitur社のすべての発行済み株式を普通株1株当たり現金21.50ドル支払うことにより取得する株式公開買付を実施、株式の希薄化純資産約18億ドル相当の取引にて10月23日に買収を完了した。

Adobe CS2騒動[編集]

アドビシステムズは2013年1月6日、アクティベーションサーバーの停止に伴い、Creative Suite 2Acrobat Pro 8などの製品の、インターネット接続によるアクティベーションが不要なバージョンの配布を開始した[1]。しかし、無料のアカウント登録さえすれば誰でもダウンロード可能であったため、この措置を「製品の無償化」と勘違いしたユーザーによるダウンロードが相次ぎ、アドビシステムズがサービスを一時的に停止する騒動にまで発展した[2]。これを受けてアドビシステムズは2013年1月8日、「あくまで正規ユーザーに対する、アクティベーションサーバー停止に伴う救済措置」「不特定多数のユーザーに無償提供しているわけではない」とコメントした[3][4]

製品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度19分51秒 西経121度53分37秒 / 北緯37.33083度 西経121.89361度 / 37.33083; -121.89361