ブリストル・マイヤーズ スクイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリストル・マイヤーズ スクイブBristol-Myers Squibb、略称:BMSNYSEBMY)は、ブリストル・マイヤーズ社 (Bristol-Myers Company) とスクイブ社 (Squibb Corporation) が合併して1989年に設立されたアメリカ医薬品会社である。抗生剤・抗腫瘍薬・HIV治療薬に有力な製品群を持っており、一般には「バファリン」(解熱鎮痛剤)シリーズが広く知られている。

概要[編集]

会長及びCEOは ジム・コーネリアス であり、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置いている。この会社の主要なR&D 拠点はアイルランド、他の国々、ニュージャージー州及びコネティカット州に置かれている。 1994年から2000年までは、日本人が副社長を務めていた。

日本での展開[編集]

日本では、BMS子会社の現地法人ブリストル・マイヤーズ株式会社 (BMS K.K) が医療用医薬品とストーマをはじめとする医療機器の輸入または製造発売・販売を行う。なお「バファリン」製品はライオンとBMSの合弁会社ブリストルマイヤーズ・ライオン株式会社へライセンス供与の上、同社が製造発売し、医療用はBMS K.Kが、OTCはライオンが販売する形態を取っていたが、2007年にBMSがアジアオセアニア地域の殆どの国の「バファリン」商標をライオンへ売却し、合弁会社を解散することになり、現在はライオンが製造・販売(OTCのみ)を行っている。医療用のバファリンについてはライオンが製造し、エーザイが販売を担当する。

パーソナルケア事業部[編集]

1970年にBMSは化粧品部門のクレイロールを設立し、日本では1990年代からクレイロールシリーズ(ハーバルエッセンス)、シーブリーズをBMS K.Kから発売していたが、2000年にシーブリーズの事業を当時のエフティ資生堂に譲渡し、パーソナルケア事業部は閉鎖・事業撤退となった。なお、翌2001年に米国P&Gが米国BMSからクレイロール事業を買収した事に伴い、日本では2004年からP&Gの「クレイロール ハーバルエッセンス」としてマックスファクターより販売(実質的に日本市場に再参入)している。

主な医療用医薬品[編集]

外部リンク[編集]