バファリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バファリン(Bufferin)は、米国ブリストル・マイヤーズ社が1950年代に開発・発売した解熱鎮痛剤の商品名である。オリジナルは主成分の消炎鎮痛剤アスピリン(アセチルサリチル酸)と緩衝制酸剤ダイアルミネートアルミニウムグリシネート・炭酸マグネシウム)を合剤にしたものであり、日本では1963年に提携を結んだライオン歯磨(歯痛にも効く事からとされている)が大衆薬として販売を開始した[1]。主成分を変更・追加した製品群を展開して現在までロングセラー製品となっている。現在は、1980年にライオン油脂と合併したライオンが製造販売を行っている。昔からテレビCMでの広報活動を盛んに行っており、「♪頭痛にバファリン~」というサウンドロゴが有名である。

特徴[編集]

アスピリン単体の解熱剤に比べて胃に負担がかからないことが最大の特徴。

サリチル酸の内服用解熱剤は素早い効果が期待されるが、胃細胞に取り込まれるとプロスタグランジン生産が抑制され、胃酸分泌制御・胃粘膜保護も同時に抑制するため、体質によっては胃痛胃潰瘍を引き起こす。その問題を解決するために、バファリンはアセチルサリチル酸を緩衝制酸剤で包み、胃にアセチルサリチル酸が吸収されないようにすることで問題を克服した。そのため、昔から広告では、胃にやさしく速く効くという事を謳っている。

アスピリンとアルミニウム・マグネシウムという比較的原始的な成分であるため販売価格や製造コストが安価であり、かつ成分が広く知られている事から航空会社の機内サービスなど幅広い公共施設に常備されている点もロングセラーに拍車をかけている。

米国ではBMSのコンシューマ事業を2005年ノバルティスが買収したため、発売元がノバルティス コンシューマーヘルス社に変更されている。日本ほど勢いのある有力な製品ではなくなっているが現在もOTCとして手頃な価格で入手できる。

日本での製造・販売[編集]

日本ではライオン歯磨(当時)が、米ブリストル・マイヤーズ社(現・ブリストル・マイヤーズ スクイブ(BMS)社)から技術導入(輸入)を行い、販売もしていた。後に、ライオン歯磨(合併後はライオン)が製造を担当し、発売は万有製薬(現・MSD)が行った。1980年1月1日にライオン(ライオン油脂と対等合併した)が製造販売元となり、ライオンが販売する形態が20年以上続いた後、2004年に医療用についてはブリストル製薬(当時)が販売するようになる。さらに2007年7月をもって両社は合弁関係を解消と同時に「バファリン(Bufferin)」の中国を除くアジア・オセアニア地域の商標権をBMS社からライオンに譲渡(実質的には売却)することを決定した。これにより、日本など中国を除くアジア・オセアニア地域では、2007年8月よりライオンが製造・販売を行うことになり、ブリストルマイヤーズ・ライオンは2007年12月末に清算された。また、2008年以降、日本の「バファリン」のCMに他の同社が発売する医薬品同様に「LION 医薬品」が記されたが、企業スローガンの改定により2012年からは「今日を愛する。LION」に変更された(ただし、製品パッケージに「LION」のコーポレートロゴマークは記されていない)。

また、2008年5月に医療用の「バファリン81mg錠(現・バファリン配合錠A81)」並びに「バファリン330mg錠(現・バファリン配合錠A330)」の販売元をブリストル・マイヤーズからエーザイに変更するとともに、ライオンとエーザイにおいて、日本国内における独占的販売権許諾における契約を締結した。これにより、医療用のバファリンは2008年7月からエーザイが販売元となった。

CMでは「バファリンの半分はやさしさで出来ています」というキャッチコピーが有名であるが、質量比では、およそ4分の3をアスピリンが占めており、胃を守る緩衝制酸剤は4分の1にすぎない。なお、CMはライオンの提供枠で放送されるのとは別に、ブリストルマイヤーズ・ライオンが独自に出稿(提供クレジットは「バファリン」名義)することもあった。

また、「バファリン」の日本上陸から48年目の2010年9月に、「バファリン」ブランドのかぜ薬「バファリンかぜEX」を発売。かぜ薬に関しては小中学生用の「バファリンジュニアかぜ薬」が既に発売されているが、成人(15歳以上)向けのかぜ薬は「バファリン」ブランドでは初の発売となる。なお、当社としては2004年12月に中外製薬から譲り受けた「アルペン ゴールドカプセル【指定第2類医薬品】」が既に発売されているが、ピリン系のイソプロピルアンチピリンが配合されているなど、配合成分が異なる。さらに「アルペン」にはこどもかぜシロップ・こどもせきどめシロップ・こども鼻炎シロップもラインナップされており、「キッズバファリン」のかぜシロップ・せきどめシロップ・鼻炎シロップと重複するが、配合成分やフレーバーが異なることから、現在も両ブランド共に継続販売されている。2013年7月に「バファリンかぜEX細粒」と「アルペン ゴールドカプセル」がともに製造終了となったため、当社が発売する成人(15歳以上)向けかぜ薬は「バファリンかぜEX錠」に集約された。

製品群[編集]

一般用医薬品(OTC医薬品)[編集]

解熱鎮痛薬[編集]

アセチルサリチル酸含有製剤は、アレルギー症状(ショックアスピリン喘息など)の既往症・またはそのおそれの有る人・15歳未満の小児・出産予定日12週以内の妊婦は服用禁忌である。また、空腹時の服用も避けるべきである。なお、血栓予防を目的として市販のバファリンもしくは医療用バファリン330mgを服用しても、含有量が大量であるため効果はほとんど無く(アスピリンのジレンマなどと言われている)、胃に負担をかけるので却って逆効果である。また現行の小児用バファリンはアセチルサリチル酸が元々含まれないので無意味である。

(新)バファリンA【指定第2類医薬品】
2000年から発売されている。1錠あたりの主成分はアスピリンアセチルサリチル酸)330mgと緩衝制酸剤・合成ヒドロタルサイトダイバッファーHT)100mgである。なお、眠くなる成分は含まれていない。
制酸剤をオリジナルのダイアルミネートからダイバッファーHTに差し替えた事により、錠剤の大きさが一回り程小型化した。これは同年タイレノールパラセタモール)が日本の大衆薬に参入する事による対抗策と見られている。ダイバッファーHT(合成ヒドロタルサイド)もダイアルミネートと同様にアルミニウム製剤である。2000年から15歳未満の小児の服用は禁忌となっている。
内容量は最小容量の10錠から特大容量の80錠まで5サイズを設定している。2013年4月よりパッケージデザインが変更された。
バファリンプレミアム【指定第2類医薬品】
2014年2月発売。リン酸二水素カリウムを加えることで錠剤に素早く水を取り込ませて錠剤の崩壊性を向上させた「FASTab(ファスタブ)技術」に、水に溶けにくい性質があるイブプロフェンを細かく粉砕し、水溶性高分子でコーティングすることで水分となじみやすく速く溶ける「クイックメルト製法」を組み合わせた新技術の「クイックアタック錠」を採用。これにより、「バファリンプラスS」で配合されていたアスピリン(アセチルサリチル酸)をイブプロフェンに差し替え、鎮痛補助成分として無水カフェインとアリルイソプロピルアセチル尿素を配合。そして、「バファリンプラスS」から鎮痛成分として配合されているパラセタモール(アセトアミノフェン)による胃障害抑制効果(2012年に胃障害抑制効果の仕組みを解明)に加え、胃粘膜保護成分の乾燥水酸化アルミニウムゲルの配合で胃にやさしい処方となっている。
なお、内容量を「バファリンプラスS」の24錠・48錠から20錠・40錠に変更し、その分、希望小売価格を値下げした(税抜き価格 1,080円/1,880円→980円/1,580円)。
専用のTVCMが制作されており、松下奈緒が起用されている。なお、このTVCMには由紀さおりも出演している[2]
バファリンルナi【指定第2類医薬品】
当初は「バファリンL」で、2006年9月に「バファリンルナ」に改良。2012年3月に現在の商品となった。主に女性の生理痛や頭痛に即効性があるように、主成分を中枢神経の鎮痛効果が高いパラセタモール(アセトアミノフェン)とイブプロフェンにしたもの。イブプロフェンは全ての非選択性NSAIDの中で最も胃腸障害が少ない。今回の改良では難溶性のイブプロフェンを素早く溶けるように「バファリンかぜEX」で採用した「クイックメルト製法」を新たに採用することで溶けやすさを高めるとともに、乾燥水酸化アルミニウムゲル(胃粘膜保護成分)を新たに配合したことでより胃にやさしくなり、また、「バファリンルナ」では配合されていたアリルイソプロピルアセチル尿素を省いたことで、眠くならない処方となった(処方改良により第2類医薬品となったが、2012年9月にリスク区分の変更により、再び指定第2類医薬品となった)。内容量も12錠・24錠・36錠から20錠・40錠・60錠とサイズアップされた。現在は放映されていないが、「バファリンプレミアム」同様に専用のTVCMが放映されており、こちらはベッキーを起用していた[3]
バファリンルナJ【第2類医薬品】
2012年3月発売。生理痛に悩む小中学生が増えていることを背景に新たに発売した小中学生(7歳以上15歳未満)用の解熱鎮痛薬。小中学生にも服用が認められているパラセタモール(アセトアミノフェン)のみの単味剤で、授業中・試験・部活などの場面に支障をきたさないように眠くなる成分が含まれていない。また、苦みがあるパラセタモールを服用しやすくするためにコーティング技術を施すことで苦みを感じず、水なしでそのまま噛んで服用できるフルーツ味のチュアブル錠としている。また、PTPシートは上面に用法・用量を記載するとともに、携帯時に錠剤の飛び出しを防ぐために二つ折りができるようになっている。
小児用バファリンCII【第2類医薬品】
ライ症候群の懸念から、主成分をアスピリンアセチルサリチル酸)ではなく、パラセタモール(アセトアミノフェン)としたもの。飲み易いようにサッカリンなどの甘味料が加えられている。パッケージカラーはオレンジで、この商品とバファリンジュニアかぜ薬のみ、バファリンのロゴが旧式のものとなっていたが、2012年3月にパッケージデザインがリニューアルされ、バファリンのロゴが現行のものとなった。主成分がパラセタモールなので、胃を刺激せず、血液凝固、腎臓あるいは胎児の動脈硬化などの影響、興奮、眠け、などの副作用が無く、依存性、抵抗性および禁断症状に関する問題が完全になく、非常に安全な薬物であるが、抗炎症作用を殆ど持っていない。
小児用バファリンチュアブル【第2類医薬品】
「小児用バファリンCII」のチュアブルタイプ。水なしで飲めるから、旅行や外出先への携帯に最適。発売当初は東亜薬品が製造を行っていたが、現在は自社製造となっている。2012年3月にパッケージデザインをリニューアル。

かぜ薬[編集]

バファリンかぜEX錠【指定第2類医薬品】
2010年9月発売。3種類の承認基準外成分(イブプロフェン・クレマスチンフマル酸塩・ブロムヘキシン塩酸塩)を配合し、つらい熱やのどの痛みなどのかぜの諸症状を緩和する成人(15歳以上)専用のかぜ薬。また、難溶性であるイブプロフェンをより速く溶け易くする為に、細かく粉砕して親水性成分でコーティングした特許技術の「クイックメルト製法」を採用。サウンドロゴは、「♪かぜにもバファリン~」。2011年8月にはサイズラインナップの追加を行い、PTP包装の追加サイズとして27錠を加えた。2012年春に30錠(瓶包装)を廃止し、現在は3サイズ(PTP18錠・PTP27錠・瓶45錠)となっている。

小児用かぜ薬[編集]

15歳未満の小児を対象としたシリーズ。アセトアミノフェンを解熱鎮痛成分とし、クロルフェニラミンマレイン酸塩やメチルエフェドリン塩酸塩などを配合したもの。服用年齢はバファリンジュニアかぜ薬は5歳~14歳、キッズバファリンシロップシリーズは3ヶ月~6歳(ただし、2歳未満の乳児は止むを得ない場合のみに服用する)。なお、キッズバファリンシロップシリーズは2008年6月にパッケージをリニューアルし、『セサミストリート』を起用したパッケージから、白いクマを起用したシンプルなものとなった。

バファリンジュニアかぜ薬【指定第2類医薬品】
アセトアミノフェンと5種類の有効成分を配合した錠剤(糖衣錠)タイプの風邪薬。かぜの諸症状の緩和に。
キッズバファリンかぜシロップS/P/O【指定第2類医薬品】
アセトアミノフェンと4種類の有効成分を配合したシロップタイプの風邪薬。発熱・せき・鼻みずなどのかぜの諸症状に。選べる3つのフレーバー(S:ストロベリー味、P:ピーチ味、O:オレンジ味)。
キッズバファリンシロップS【第2類医薬品】
アセトアミノフェンとジフェンヒドラミン塩酸塩を配合したシロップタイプの風邪薬。発熱や痛み(頭痛・のどの痛み)などのかぜの諸症状に。
キッズバファリンせきどめシロップS【指定第2類医薬品】
鎮咳成分・去痰成分と生薬を配合したシロップタイプの鎮咳去痰薬。せき・たんに。
キッズバファリン鼻炎シロップS【指定第2類医薬品】
クロルフェニラミンマレイン酸塩・dl-メチルエフェドリン塩酸塩に生薬(サイシン流エキス)を配合したシロップタイプの鼻炎薬。鼻水・鼻づまりなどの鼻炎の諸症状に。

医療用医薬品[編集]

医療用はエーザイ株式会社が販売している(2008年6月まではブリストル・マイヤーズ株式会社が販売していた)。

バファリン配合錠A330(従来の名称および旧大衆薬「バファリン」、2009年5月までは「バファリン330mg錠」)
バファリン発売当初のオリジナルの配合(添加物などは変更されている)であり、主成分はアスピリン330mgとダイアルミネート150mg(アルミニウムグリシネート50mg・炭酸マグネシウム100mg)である。
一部のドラッグストアや薬局で零売として、医師の処方箋無しで購入でき、またその殆どが「バファリンA」よりも一錠あたりの単価が安く販売されていた(アセチルサリチル酸の含有量は一般用の「バファリンA」と同一であるが、制酸剤が従来のままであるため錠剤が大きい)。2009年の改正薬事法以降は原則、薬局でしか入手できなくなった。同年9月には効能・効果に関節リウマチが追加された。
バファリン配合錠A81(2000年11月までは「小児用バファリン」、2009年5月までは「バファリン81mg錠」)
主成分はアスピリン81mgとダイアルミネート33mg(アルミニウムグリシネート11mg・炭酸マグネシウム22mg)である。
少量のアスピリン(アセチルサリチル酸)を継続服用することで、血栓の発生を抑制できる事から2000年に承認されて用いられている。
「(医療用)小児用バファリン」の名称だった当時は、文字通り小児(15歳未満)の解熱鎮痛消炎剤として使われてきたが、かねてから米国でインフルエンザ水疱瘡などの解熱にサリチル酸系医薬品を服用した小児がライ症候群を発症するリスクが指摘されていた為、2000年に「(医療用)小児用バファリン」の製造承認を取り下げ、入れ替わりに抗血小板剤として内容は同一の「バファリン81mg錠」が承認され販売されている。したがって、医療機関での小児の解熱には現在おもにアセトアミノフェンイブプロフェン製剤が処方されている。

販売終了品[編集]

  • 解熱鎮痛薬
    • 小児用バファリンC - 現行の「バファリン配合錠A81【医療用医薬品】」相当。
    • バファリンエル(「バファリンルナ」へ継承)
    • バファリンウォーター - 水に溶かして服用する発泡錠タイプの解熱鎮痛薬。
    • バファリンプラス - 2009年10月製造終了、「バファリンプラスS」へ継承。
    • バファリンプラスカプセル - 2009年10月生産終了。
    • バファリンルナ - 2012年3月製造終了、「バファリンルナi」へ継承。
    • バファリン顆粒【指定第2類医薬品】 - 2013年5月製造終了
    • バファリンプラスS【指定第2類医薬品】 - 「バファリンプレミアム」へ継承。
  • かぜ薬
    • バファリンかぜEX細粒【指定第2類医薬品】 - 2013年7月製造終了
  • その他
    • バファリン乗りもの酔い止め

脚注[編集]

  1. ^ 成分は現行の医療用「バファリン配合錠A330」相当。
  2. ^ 「松下奈緒」さん出演の新TVCM「バファリンプレミアム 登場篇」3月24日(月)から全国で放映開始 - ライオン株式会社 プレスリリース 2014年3月20日(2014年3月25日閲覧)
  3. ^ 同社の洗濯洗剤「トップNANOX」にも出演している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]