メドトロニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本メドトロニック株式会社
Medtronic Japan Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
NYSE MDT
本社所在地 日本
105-0021
東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留
設立 1975年11月17日
業種 電気機器
事業内容 医用電子機器の開発・製造・販売および輸出入
代表者 代表取締役社長 島田 隆
資本金 非公開
売上高 非公開
総資産 非公開
従業員数 1,130名
決算期 5月
外部リンク http://www.medtronic.co.jp/
テンプレートを表示

日本メドトロニック株式会社は、心臓ペースメーカ等の医療機器を製造販売する企業である。本店所在地は東京都港区汐留イタリア街

本社は米国ミネソタ州ミネアポリスに存在する。1949年、Earl BakkenとPalmer Hermundslieにより医療機器修理会社として設立され、1950年代に世界初の電池式心臓ペースメーカ、1960年代後半に世界初の植込型心臓ペースメーカを開発したことから巨大企業に成長を遂げている。 心臓ペースメーカでは世界最大のシェアを誇り、世界120カ国以上の国々で250を超える拠点を構え45,000人が働くグローバルな医療機器企業である。 コンシューマ向け製品が無い為一般的に知名度は低いが、専門の医師の中での知名度は非常に高い。 グローバルでの売上高は166億US$、営業利益率30%を超えており医療機器メーカーの中でもトップの売上高と利益率を誇る企業である。 メイン商材のペースメーカは市場シェア3〜4割を占めており、IDCという埋め込み型ペースメーカでは6〜7割の非常に高いシェアを持っている。 また給与水準は業界内でもトップクラスで待遇が良い事でも知られている。

製品[編集]

CRDM事業部
 植込型心臓ペースメーカIPG
 植込型除細動器ICD
 植込型心臓再同期治療デバイスCRT
 植込型心臓再同期治療デバイスCRTに除細動器機能が組み込まれたCRT-D
 遠隔モニタリングシステム ケアリンク
フィジオコントロール事業部
 自動体外式除細動器(AED)
カーディオバスキュラー事業部
  ステントグラフト人工心臓弁人工心肺装置バルーンカテーテル冠動脈ステント
ニューロモデュレーション事業部
 植込型脳深部刺激装置、ITB療法(バクロフェン髄注療法)
ダイアビーティス事業部
 糖尿病関連
サージカルテクノロジー事業部
 ENT (Ear, Nose, Throat)ビジネス
 ニューロテクノロジービジネス
 ナビゲーションビジネス
スパイン事業部
 脊椎インプラント
 脊椎内視鏡システム

沿革[編集]

外部リンク[編集]