Adobe GoLive

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Adobe GoLive
Adobe GoLive v9.0 icon.png
開発元 アドビシステムズ
最新版 9 / 2007年6月
対応OS Mac OS X
Microsoft Windows
種別 Webオーサリングツール
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.adobe.com/golive
テンプレートを表示

Adobe GoLive(アドビ ゴーライブ)はアドビシステムズがかつて販売していた Macintosh 及び Microsoft Windows 向けWebオーサリングツール。旧称は GoLive CyberStudio(ゴーライブサイバースタジオ)。最終製品のAdobe GoLive 9は、2008年4月28日に販売終了となった。

概要[編集]

当時 NeXT社の製品の一部であったWebObjects Builderをヒントに、GoLive SystemsがMac用WebオーサリングツールとしてGoLive CyberStudioの名称でバージョン3までを開発。当初はMac版のみのリリースであった。

一方、アドビシステムズはWeb製作ツールの開発でグラフィックソフト界の長年のライバル・マクロメディア社に完全に遅れをとっていた。アドビはオーサリングツールとしてPageMillを販売していたが一般サイトならかろうじて作成できる程度の廉価製品でしかなく、マクロメディア社のDreamweaverと比較するとプロユースのWeb開発ツールとしてはとても使い物にならなかった。また、PageMillは同社のIllustratorPhotoshopとの連携性があまり良くなく(というより開発の遅れから連携性を高めるための開発期間が取れなかった)、マクロメディア社のFlashFireworksのようなオーサリングツールと連携性が強いWeb製作向けのグラフィックツールを揃えていなかったことも不利に働く要因になっていた。そのような状況を打開するため、アドビは1999年にGoLive社の買収を決行。Adobe GoLiveに改称の上Windowsにも対応し、アドビによって引き続き開発・販売された。

CSSオーサリングを視覚的に行えたり、標準でHTMLはもちろん、XHTMLに対応したりするなどプロユースに耐え得る高機能を持ち、なおかつ開発元が同じと言う利点を生かしてデファクトスタンダードとなっているAdobe PhotoshopAdobe Illustratorとの連携性が強いことから、プロユースで圧倒的なシェアを持つMacromedia Dreamweaverに唯一対抗し得る製品として一定度のシェアを確立してきた。またアマチュアユースにおいても一定度の支持を受けており、本ソフトにおける新規ドキュメントのデフォルトタイトル「Welcome to Adobe GoLive(GoLive CyberStudio)」がそのままで公開されているウェブサイトが多々見られる。

7番目のバージョンからはアドビ主力のWebオーサリングツールとしてAdobe Creative Suiteに組み込まれ、バージョン表記もCSのバージョンに合わせた CS(x)に変更された。しかし2005年のマクロメディア買収後、アドビはCS2.3に Dreamweaver 8を同梱し、ユーザに対しGoLiveからDreamweaverへの移行を促し始めた。その後CS3ではGoLiveに代えDreamweaverがシリーズに組み込まれたため、GoLiveは9として単独でのリリースとなった(アメリカ本国ではCS3にやや遅れ、日本ではCS3に先行してリリース)。ただしダウンロード販売のみとなっておりパッケージでの販売は行なわれなかった。その後アドビはDreamweaverへの移行を積極的に推進し、GoLiveは、リリースを終了した。(Dreamweaver CS4の開発発表が行われている[1]。)

開発の終焉[編集]

2008年4月28日 バージョン9をもって、GoLiveの開発及び販売を終了することがアナウンスされた。製品のインストール等に係る電話サポートは2008年10月28日まで継続され、その後はWebでのFAQ等によるサポートのみとなる。既存ユーザーは優待価格でのDreamweaverへの移行を促している。

バージョン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Adobe Dreamweaver CS3 10 周年記念イベント レポート

競合製品[編集]

外部リンク[編集]