Webオーサリングツール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KWrite - HTMLエディタの例

Webオーサリングツールとは、いわゆるウェブページ作成ソフトのことで、ウェブページを構成するHTMLCSSなどのファイルを編集するデザインツールである。インターネットの黎明期から存在し、フリーウェアも多い。HTMLエディタのようにソースコードを編集するのではなく、ワープロソフトあるいはグラフィックソフトウェアのような感覚で、視覚的に編集するツールを指す場合がほとんどである。

概要[編集]

HTMLやCSSの文法がわからなくても手軽に利用できるため、利用者は多い。個々のウェブページを作成するだけでなく、ディレクトリなどサイト全体の構成をまとめて管理できたり、作成したファイルをサーバにアップロードするFTPや、サイトに用いる画像を作成・管理する便利な機能がついているソフトもある。

HTMLコードを目にすることなく、作成者が見ている画面と同じようにページが作られることから、WYSIWYG(What You See Is What You Get.の各単語の頭文字をとったもの)と呼ばれることもあるが、WYSIWYGとは本来画面イメージそのままに印刷できるというアイデアであり、ブラウザによって表示が異なったり、フレーム型ページがうまく印刷できないなど、印刷対応が貧弱なWebオーサリングツールをWYSIWYGなソフトと呼ぶには、まだまだ問題が多い。

最近ではCMSツールであるポータルサイト開発ソフトやブログ作成ソフトの多くで、時系列によらない静的なウェブページを作成・管理することができるようになっており、さらにCMS的な発想でウェブページをデザインできる製品も登場している。これらのツールではほとんどHTMLやCSSを意識することなく、テキストや画像を投稿、あるいはテンプレートにはめ込むという制作スタイルとなる。ページや画像間のリンクはツールが自動的に更新してくれるので、ページごとの手作業で問題となるリンク切れが発生しないという、大きな利点がある。

HTMLエディタ[編集]

HTMLはマークアップ言語であり、プログラミング言語のような構造を持っている。そのような特質に対応したテキストエディタを特にHTMLエディタと呼ぶ。

特徴としてはタグ(要素)名など予約語リテラル文字列(ダブルクォート記号で囲まれた固定文字列)を色分け表示するシンタックスハイライト、文法チェックや自動インデント表示など整形機能がある。インターネットの黎明期においては、もっぱらこのようなテキストエディタでHTMLファイルが作成された。現在入手できるWindows用のフリーウェアでは「TeraPad」、「Crescent Eve」、シェアウェアでは「EmEditor」(フリーウェア版もある)、「秀丸エディタ」がHTML編集に対応した機能を備えている。また、Mac OS Xのフリーウェアではmi、シェアウェアではJedit XskEditLinuxのようなUnix系オペレーティングシステムではKWriteKateがHTML編集に適した機能を持っている。

テキストエディタには基本的にプレビュー画面は用意されておらず、ブラウザで表示を確認しながら編集作業を進めるのが通常のスタイルである。しかし最近は「HTMLエディタ」と銘打ち、プレビュー機能を備えたエディタであるalphaEDITEspressoのようなソフトも登場している(プレビューにはSafari / Google ChromeレンダリングエンジンWebKitか、Internet ExplorerのレンダリングエンジンTridentを用いるケースが多い)。

歴史的にHTMLエディタの機能を強化したのが、現在のWebオーサリングツールであるともいえる。HTMLエディタで作成するシンプルなコードはSEO検索エンジン最適化)にも効果的であることから、一部のウェブデザイナーには見直されつつあり、CodaのようにHTMLおよびCSSの直接編集とCMSの機能を組み合わせたWeb構築ソフトも現れている。ただし入れ子になったテーブルやスタイルシートを多用したサイトを、最初からテキストエディタでコーディングするのは煩雑であるため、デザイン重視のサイトの構築には、なおWebオーサリングツールを併用するのが一般的である。

問題点[編集]

市販のWebオーサリングツールによっては、以下のような問題点があると指摘されている[要出典]

  • HTMLが文法通りに出力されないものがある。
  • XHTMLに未対応、あるいは対応が不十分である。
  • 以上の結果、W3Cのバリデーションチェックをパスできないことがある。
  • HTML5で廃止されるか、使用の推奨されないタグや属性が利用される(<font>、align=""など、特に見栄えに関連するタグが多用される)。
  • タグの開始と終了の対応が見にくく、構造的に表示されない。
  • オーサリングツールのみで用いられる、独自のタグやコメント、JavaScriptなどが挿入されることがある。
  • CSSを利用せず、<table>タグを用いてレイアウトが行なわれることも多い。一般的でないブラウザで表示する場合や、音声出力する場合にはうまく処理されない恐れがある。
  • 編集画面の表示とブラウザの表示が、必ずしも一致しない。また最新ブラウザへの対応が遅れがちとなる。
  • マージン(余白)の調節を、CSSでの指定ではなく、1ピクセルの透過GIFファイル(スペーシングイメージと呼ばれる)を利用して行なう。
  • CSSの自動作成機能を使って編集を繰り返すと、同じスタイルの二重定義が発生したり、使わないスタイルが増加する。
  • 以上のように余分なものが挿入されがちなので、結果としてHTMLファイルのサイズが肥大化してしまう。

特に古いWebオーサリングツールには以上のような問題点が多いため、新しいツールへの切り替えやHTMLエディタを使った手作業によるタグ修正が推奨されている。

主なWebオーサリングツール[編集]

対応OSについて特記がないものはクロスプラットフォームである。

関連項目[編集]