Adobe AIR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Adobe AIR
開発元 アドビシステムズ
最新版 15.0.0.249 / 2014年9月9日(2か月前) (2014-09-09
対応OS OS XWindowsAndroidBlackBerry Tablet OSiOSスマートテレビ
種別 ランタイムライブラリ
ライセンス Adobe AIR EULA
公式サイト www.adobe.com/jp/products/air/
テンプレートを表示

Adobe AIR(アドビ・エアー)は、アドビシステムズが開発する、デスクトップリッチインターネットアプリケーション (RIA) およびスマートフォンタブレットスマートテレビ向けアプリケーションを開発・実行するための複数のオペレーティングシステムに対応したランタイムライブラリである。Adobe FlashAdobe FlexWebKitを採用することによりHTMLAjax などのウェブ開発技術を利用することができる。当初の製品名は Adobe Integrated Runtime だったがこの呼称はごく初期に使われただけで、もはやアドビ自身さえ用いることは極めて稀となっており、現在は Adobe AIR の方が正式名称となっている。

公開[編集]

正式公開前[編集]

公開日 備考
パブリックアルファ 2007年3月19日 SDKApollo アプリケーションを開発するための Flex 拡張とともに公開。コードネームApollo
ベータ 2007年6月11日

1.0 系[編集]

公開日 備考
1.0 2008年2月25日 対応する FlashPlayer は 9
1.1 2008年6月17日 日本語対応版

1.5 系[編集]

公開日 備考
1.5 2008年11月17日
  • Adobe Flash Player 10 を統合。
  • SquirrelFish を搭載した新しい WebKit を採用し、JavaScript を高速化。
1.5.1 2009年2月24日
1.5.2 2009年7月30日
1.5.3 2009年12月8日

2.0 系[編集]

公開日 備考
2.0.2 2010年6月10日[1]
  • 対応する FlashPlayer は 10.1、WebKitSafari 4.0.3 相当
  • ネイティブインストーラ
  • ネイティブプロセスの起動
  • ファイルのデスクトップへのドラッグアウト
  • UDP、SSL、サーバーソケット
  • プリンタ対応強化
  • ローカルマイクからの録音
  • DNSクライアント
2.0.3 2010年8月10日
2.0.4 2010年10月5日

2.5 系[編集]

デスクトップアプリからスマートフォンアプリへと用途を広げた。

公開日 備考
2.5.0 2010年10月25日[2]
  • AndroidBlackBerry Tablet OS に対応。
  • 位置情報
  • 加速度センサ
  • 画面暗転の防止
  • SMS、TEL URI
  • StageWebView
  • CSS shadowfont-face
  • Windows で H.264 のハードウェアデコーダ
2.5.1 2010年11月11日
2.6 2011年3月21日[3]
  • iOS に対応。Linux 対応の最終版。
  • 対応する Flash Player は 10.2
  • Android での USB デバッグ
  • デスクトップ用の NativeWindow、ネイティブメニュー
  • Linux でのベクター印刷
  • ネイティブマウスカーソル
2.7 2011年6月14日[4]
  • 対応する Flash Player は 10.3
  • ビデオのアクセス解析
  • 音声エコー除去
  • iOS(CPUモード)で4倍の高速化
  • Android で動画の高速化

3.0以降[編集]

GPUによる3D対応。3.9の次は4になり、これ以降は0.1ずつではなく、1ずつバージョンを増やしていく予定だったが、Adobe Flash Playerとメジャーバージョンを一致させるため、4の次は13となった。

公開日 備考
3.0 2011年10月3日
  • 対応する Flash Player は 11.0。以下、AIR 3.0 固有の追加機能のみ列挙。これ以外に、Flash Player 11.0 の新機能にも対応。
  • ネイティブ拡張 - ネイティブコードが実行可能になった
  • Captive ランタイムサポート
  • 前面カメラ対応 (Android) - Android 以外は元から対応
  • カメラの前面・後面判定
  • バックグラウンドのオーディオ再生 (iOS)
  • 暗号化されたローカルストレージ。
  • Android ライセンスサービス
  • デバイススピーカーコントロール
  • 色数の16ビット、32ビット設定
3.1 2011年11月10日
  • 対応する Flash Player は 11.1
  • iOS 5 対応
3.2 2012年3月27日
  • 対応する Flash Player は 11.2
  • モバイル版での Stage 3D のサポート
  • 右クリックと中クリックのサポート (FlashPlayer 11.2)
3.3 2012年6月8日
  • 対応する Flash Player は 11.3
  • iOS シミュレータのサポート、USB デバッグ (iOS)
  • Android 4.0 のスタイラスをサポート
  • デバイスの向きにあわせた画面回転機能の仕様変更
  • 音声再生機能の遅延を低減 (FlashPlayer 11.3)
3.4 2012年8月21日
  • 対応する Flash Player は 11.4
  • iOS デバイスでのアプリケーション開発ワークフローを強化
3.5 2012年11月6日
  • 対応する Flash Player は 11.5
  • iOS 6 をサポート
  • Android 4.1をサポート
3.6 2013年2月12日
3.7 2013年4月9日
3.8 2013年7月9日
3.9 2013年10月8日
4 2014年1月14日
13.0 2014年4月8日
14.0 2014年6月10日
15.0 2014年9月9日

必要システム構成[編集]

Windows[編集]

項目 内容
CPUクロック周波数 Intel 2.33GHz 以上、もしくは Intel Atom 1.6GHz 以上
主記憶 512MB以上(1GB以上推奨)
ソフトウェア環境 Windows XPVista78、または Windows Server 2008

OS X[編集]

項目 内容
CPUクロック周波数 Intel Core Duo 1.83GHz以上
主記憶 512MB以上(1GB以上推奨)
ソフトウェア環境 Mac OS X 10.6 以降

ただし、PowerPC MacAIR 2.5サポート対象外である。

Android[編集]

項目 内容
CPUクロック周波数 ARM v7-A(ベクターFPU搭載)550MHz 以上
主記憶 256MB以上
ソフトウェア環境 Android 2.2 以降、OpenGL ES 2 装備
その他 H.264およびAACハードウェアデコーダー装備

AIR はバージョン2.5から対応している。)

iOS[編集]

項目 内容
ハードウェア iPhone 3GS 以降、iPod touch 4以降、iPad
ソフトウェア環境 iOS 4 以降

AIR はバージョン2.6から対応している。)

注釈[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]