Microsoft Expression Web

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Microsoft Expression Web(マイクロソフト エクスプレッションウェブ)は、マイクロソフト2007年2月16日よりWindows向けに販売を始めたウェブサイト制作ソフトウェアWebオーサリングツール)である。前身であるMicrosoft FrontPageがベースとなっている。2012年に開発が終了し、同年12月20以降はExpression Web4SP2(Free Version)がExpression Design 4(Free Version)と共に無償で配布されている[1]

概要[編集]

Microsoft FrontPage 2003の後継版であるが実際にはExpressionシリーズの一製品として位置づけられている。本製品はWeb開発者などの利用を想定しており、CSSから細かくコーディングする用途に適したWebオーサリングツールである。なおビジネス等ではMicrosoft SharePoint Designerの使用が推奨されている。SharePoint Designer自体はMicrosoft Officeファミリーの一環として設定されている。

前回までの独自の手法によるタグ挿入からWeb標準(W3C勧告)の枠組みであるXHTML及びCSSによるサイト構築が標準となるように作られている。直感的な操作がより行いやすくなるのはもとより、スタイルシート作成・定義が分かりやすく操作しやすいように改善されている他に、何箇所か強化あるいは廃止されている箇所がある。

Expression Web 2[編集]

2008年7月に発売されたExpression Web 2では、PHPコードを埋め込んだPHPファイルを編集できるようになった。Windowsの場合、c:\phpフォルダにphpをインストールしておけば、内蔵のExpression開発サーバーを使ってPHPの実行結果をプレビューできる。これまでPHPコード埋め込みファイルの編集には、Adobe Dreamweaverが多く使われてきたが、今後はASP.NETとも当然相性がよい本製品が支持されるようになる可能性がある。ただしMySQLSQLiteなどのデータベースにアクセスする場合は、内蔵サーバーでなく、少なくともXAMPPなどを使ってプレビューすべきであろう。PHPコードを埋め込むことができるようになった結果、WordPressXOOPSなどCMSツールのカスタマイズにも、本製品の活用分野が広まったと言える。

この製品を使うときには、独自のファイル管理をしていることに留意する必要がある。アプリケーションの実行中に、例えば画像ファイルやHTMLファイルをエクスプローラを使って他のフォルダからコピーしてきても、「フォルダ一覧」には反映されず、選択して挿入あるいは編集することができない。このときは「表示:最新の情報に更新」を実行すれば、「フォルダ一覧」に表示され、選択できるようになる。

日本語文字コード[編集]

デフォルトの日本語文字コードはUTF-8であり、PHPソース以外ではファイルの先頭部に3バイトのBOMUnicodeにおける慣用的な識別符号)が付加される。他のアプリケーションで作成された、BOMのついていないUTF-8コードを含んだHTMLファイルを開くと、Shift_JISとして扱われ文字化けが生じることがある。そのときは先にmetaタグで「charset=UTF-8」を明示すればよい。

metaタグを含めることができないパーツ的なPHPファイルを内蔵エディタで編集すると、UTF-8の日本語文字がShift_JISに変換されて保存され、Webで表示するときに文字化けが生じることがある。このようなときは、文字コードを正確に使い分けることのできるエディタを併用するなどの対策が必要となる。

関連項目[編集]

日本における競合製品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Microsoft Expressionが終了へ 「Expression Web」「Expression Design」は無償化”. 窓の杜 (2012年12月21日). 2012年12月21日閲覧。

外部リンク[編集]