小松裕 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小松 裕
こまつ ゆたか
生年月日 (1961-12-03) 1961年12月3日(56歳)
出生地 長野県
出身校 信州大学医学部医学科
前職 医師
消化器内科医
現職 国会対策副委員長
総務会総務
厚生労働部会長代理
所属政党 自由民主党竹下派
称号 医学博士
公式サイト 小松ゆたか 公式ホームページ

選挙区 比例北陸信越ブロック長野1区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

小松 裕(こまつ ゆたか、1961年12月3日 - )は、日本政治家医師自由民主党所属の元衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

長野県出身(現在は長野市上松に在住)[1]長野県諏訪清陵高等学校信州大学医学部医学科卒業後、日本赤十字社医療センター東京大学医学部附属病院国立スポーツ科学センターなどで消化器内科医、スポーツドクターを務めた[2]

1996年のアトランタオリンピックからシドニーアテネ北京、2012年のロンドンオリンピックまで、5回のオリンピックにドクターとして帯同[2]。また日本代表が連覇した第1回・第2回ワールドベースボールクラシックにおいてもチームドクターを務める[2]

2012年に自民党長野県連が実施した長野1区支部長の公募に応募[2]。同年11月、支部長に選任され、その直後に行われた第46回衆議院議員総選挙長野1区に自民党から出馬。民主党篠原孝に敗れたが、比例北陸信越ブロックで復活し初当選。2014年第47回衆議院議員総選挙で長野1区に自民党から出馬し、再び篠原に敗れるも比例復活で再選。

2017年第48回衆議院議員総選挙の長野1区は小松、無所属の篠原孝、日本維新の会の新人[3]、諸派の新人の4人の争いとなった。小松は得票数2番目で落選、比例復活もかなわず議席を失った[4]

政策[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成29年10月22日執行衆議院小選挙区選出議員選挙の立候補届出状況 (PDF)”. 長野県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 公式ページ プロフィール
  3. ^ “維新が長野県総支部を設立 次期衆院選1、2区で候補擁立”. 産経新聞. (2017年5月17日). http://www.sankei.com/region/news/170517/rgn1705170010-n1.html 2017年12月5日閲覧。 
  4. ^ 長野-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  5. ^ a b c d e f “2012衆院選 長野1区 小松裕”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A20001002002 2014年4月3日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g 2014衆院選 長野1区 小松裕 - 毎日新聞
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  8. ^ a b 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  9. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]