小松裕 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小松 裕
こまつ ゆたか
生年月日 (1961-12-03) 1961年12月3日(56歳)
出生地 長野県
出身校 信州大学医学部医学科
前職 医師
消化器内科医
現職 国会対策副委員長
総務会総務
厚生労働部会長代理
所属政党 自由民主党竹下派
称号 医学博士
公式サイト 小松ゆたか 公式ホームページ

選挙区 比例北陸信越ブロック長野1区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

小松 裕(こまつ ゆたか、1961年12月3日 - )は、日本政治家医師自由民主党所属の元衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

長野県出身(現在は長野市上松に在住)[1]長野県諏訪清陵高等学校信州大学医学部医学科卒業後、日本赤十字社医療センター東京大学医学部附属病院国立スポーツ科学センターなどで消化器内科医、スポーツドクターを務めた[2]

1996年のアトランタオリンピックからシドニーアテネ北京、2012年のロンドンオリンピックまで、5回のオリンピックにドクターとして帯同[2]。また日本代表が連覇した第1回・第2回ワールドベースボールクラシックにおいてもチームドクターを務める[2]

2012年に自民党長野県連が実施した長野1区支部長の公募に応募[2]。同年11月、支部長に選任され、その直後に行われた第46回衆議院議員総選挙長野1区に自民党から出馬。民主党篠原孝に敗れたが、比例北陸信越ブロックで復活し初当選。2014年第47回衆議院議員総選挙で長野1区に自民党から出馬し、再び篠原に敗れるも比例復活で再選。

2017年第48回衆議院議員総選挙の長野1区は小松、無所属の篠原孝、日本維新の会の新人[3]、諸派の新人の4人の争いとなった。小松は得票数2番目で落選、比例復活もかなわず議席を失った[4]

2018年10月、2019年第25回参議院議員通常選挙では、長野県選挙区から出馬することが内定する[5]

政策[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]