地の塩 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
地の塩
ローリング・ストーンズ楽曲
収録アルバム ベガーズ・バンケット
リリース 1968年12月6日
録音 ロンドンオリンピック・スタジオ(1968年5月)
ジャンル ロック
時間 4分47秒
レーベル イギリスの旗 デッカ・レコード
アメリカ合衆国の旗 ロンドンレコード
作詞者 ジャガーリチャーズ
作曲者 同上
プロデュース ジミー・ミラー
ベガーズ・バンケット 収録曲
Side 1
  1. 悪魔を憐れむ歌
  2. 「ノー・エクスペクテーションズ」
  3. 「ディア・ドクター」
  4. 「パラシュート・ウーマン」
  5. 「ジグソー・パズル」
Side 2
  1. ストリート・ファイティング・マン
  2. 「放蕩むすこ」
  3. 「ストレイ・キャット・ブルース」
  4. 「ファクトリー・ガール」
  5. 地の塩

地の塩」(原題: Salt of the Earth)は、ローリング・ストーンズの1968年のアルバム『ベガーズ・バンケット』に収録されていた楽曲。

概要[編集]

録音は1968年5月、ロンドンオリンピック・スタジオで行われた[1]ブライアン・ジョーンズはレコーディングに参加していない。

冒頭の「勤勉なる者たちに乾杯/賤しき生まれの者たちに乾杯/善き人にも悪しき人にも等しく杯を上げたまえ/地の塩に乾杯」の部分はキース・リチャーズがリード・ボーカルをとっている。タイトルは新約聖書山上の垂訓の一つ「地の塩、世の光」からとられた。歌詞も聖書から着想を得ている。

「汝らは地の塩なり、塩もし効力を失はば、何をもてか之に塩すべき。 後は用なし、外にすてられて人に踏まるるのみ。」(マタイによる福音書、5章13節)

1968年12月に製作された『ロックンロール・サーカス』で、ジャガーとリチャーズはレコードのバッキング・トラックを流しながら二人で歌っている。また二人は2001年10月20日にマディソン・スクエア・ガーデンにて行われた『ザ・コンサート・フォー・ニューヨーク・シティ』でも本作品を披露した。

演奏メンバー[編集]

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]