地の塩、世の光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地の塩、世の光(ちのしお、よのひかり)は、新約聖書山上の垂訓のひとつ、単に塩と光(しおとひかり)と略することもある[1]マタイによる福音書5章13節から16節に記述がある。そのほかマルコによる福音書9章48節から50節ルカによる福音書14章34節から35節に、地の塩に関する同様の記述がある。は腐敗を防ぐことから、優れたもの、役に立つものを示す比喩で、ここでは愛と慈悲を意味している。また、は神の智慧とその働きを意味する。

イエスによる教えの主な内容[編集]

塩について[編集]

  • 地獄では、うじがつきず、火も消えることがない。人はすべて火で塩づけられねばならない。 - マルコ9:48、9:49
  • あなたがた[2]は、地の塩である。 - マタイ5:13
  • 塩は良いものだ。しかし、塩もききめがなくなったら、何によって塩味が取りもどされようか。 - マルコ9:50、ルカ14:34

塩気を失った場合[編集]

  • もしのききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。 - マタイ5:13、マルコ9:50、ルカ14:34
  • もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。 - マタイ5:13
  • 土にも肥料にも役立たず、外に投げ捨てられてしまう。 - ルカ14:35

光について[編集]

  • あなたがた[2]は、世の光である。 - マタイ5:14
  • 山の上にある町は隠れることができない。また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。 - マタイ5:14、5:15
  • わたしは、この世にいる間は、世の光である。 - ヨハネ9:5

イエスの指導[編集]

  • あなたがた自身の内にを持ちなさい。そして、互に和らぎなさい。 - マルコ9:50
  • あなたがた[2]の光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。 - マタイ5:16
  • ヨハネ福音書 - 9:5

教育[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 塩と光 日本聖書協会
  2. ^ a b c イエスの教えを聴いている弟子と群集。

関連項目[編集]