イエス・キリストのたとえ話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イエス・キリストのたとえ話(イエス・キリストのたとえはなし)とは、四つの福音書に見られる、イエス・キリストによるたとえ話を用いた教え。

イエスのたとえ話を解釈するにあたり、イエスが取った教え方の多くがたとえ話であったこと、そしてその教えの多くが神の国についてのものであったということが、広く受入れられている。たとえ話は概念や規則と異なり、人々の記憶の中に刻まれる物語であり、有効な教育手段となっている。また、たとえ話はその筋書きによって、人生の模範・モデルを提供するものともなる[1]

イエスのたとえはシンプルでありながら、印象深く忘れ難いイメージとメッセージ性を持っており、単純でありながら、その主要な教えとなっている[2][3]。イエス・キリストのたとえ話は西洋におけるたとえ話の原型となり、聖書を読んだことのない人でも、たとえ話を知っている事がある[4]

聖書信仰の立場から言えば、寓話とたとえ話の相違は、寓話は寓話全体に意味があるのに対し、たとえ話には中心的真理が一つであることである[5]

主なイエスのたとえ話[編集]

断食などの修行方法に関するたとえ[編集]

偽預言者と偽善者に関するたとえ[編集]

神の国に関するたとえ[編集]

弟子の覚悟に関するたとえ[編集]

悔い改める罪人への神のあわれみに関するたとえ[編集]

最後の審判に関するたとえ[編集]

なぜたとえで話すのか[編集]

イエス・キリストはたとえで話す理由については以下のように述べて、理解できる人と理解できない人が居る事を示した。

だから、彼らには譬で語るのである。それは彼らが、見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないからである。こうしてイザヤの言った預言が、彼らの上に成就したのである。『あなたがたは聞くには聞くが、決して悟らない。見るには見るが、決して認めない。この民の心は鈍くなり、その耳は聞えにくく、その目は閉じている。それは、彼らが目で見ず、耳で聞かず、心で悟らず、悔い改めていやされることがないためである』。しかし、あなたがたの目は見ており、耳は聞いているから、さいわいである。 — マタイによる福音書13章13節から16節(口語訳)

たとえ話を用いて当時の祭司長たちやパリサイ人たちに自分たちの裁きについて自分の口から言わせた事さえある[8]

脚注[編集]

  1. ^ 『キリスト教神学事典』(432頁〜433頁、教文館、2005年 ISBN 9784764240292
  2. ^ Friedrich Gustav Lisco 1850 The Parables of Jesus Daniels and Smith Publishers, Philadelphia pages 9-11
  3. ^ Ashton Oxenden, 1864 The parables of our Lord William Macintosh Publishers, London, page 6
  4. ^ William Barclay, 1999 The Parables of Jesus ISBN 066425828X page 9
  5. ^ 尾山令仁『聖書の権威』羊群社
  6. ^ フランシスコ会訳注『新約聖書』25頁。
  7. ^ フランシスコ会訳注『新約聖書』259頁。
  8. ^ マタイによる福音書(口語訳)#21:33-46

参考文献[編集]

  • 新共同訳新約聖書 日本聖書協会
  • 口語訳新約聖書 日本聖書協会
  • 『新約聖書』フランシスコ会聖書研究所訳注、中央出版社、初版1979年。