尾山令仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おやま れいじ
尾山 令仁
OYAMA Reiji 1944.JPG
陸軍経理学校の士官候補生時代、1944年
生誕 (1927-01-15) 1927年1月15日(92歳)
日本の旗 日本東京都
別名 唯人
出身校 陸軍経理学校早稲田大学東京神学塾
職業 牧師説教者神学者聖書学者
配偶者 尾山 美智子
聖書キリスト教会

尾山 令仁(おやま れいじ、1927年1月15日 - )は、日本の牧師神学者聖書学者神学校教師神学博士聖書キリスト教会会長牧師[1][2][3]。号は「唯人」。陸軍経理学校早稲田大学大学院博士課程修了。早稲田時代にキリスト者学生会を設立。日本プロテスタント聖書信仰同盟の3代目実行委員長として日本福音同盟の結成に関わる。第2回日本伝道会議京都宣言起草委員長。長男の尾山謙仁は牧師、長女の岡野めぐみは牧師夫人。次男の尾山清仁は東京教会牧師。


概要[編集]

職業軍人となるため17歳で早稲田中学校から陸軍経理学校に入った。空襲の激化によって陸軍経理学校は東京から石川県金沢市に移転し、そこで敗戦を迎えた。敗戦の翌年、早稲田大学に入学した。英語を習うため教会のバイブル・クラスに行き、ここで教えていたヘンリー池本軍曹(後に大佐で退役)の誘いでGIゴスペル・アワーに出席した。

クリスチャンとなって[編集]

1946年(昭和21年)11月30日の晩、GI・ゴスペル・アワー中田羽後牧師の伝道説教を聞いて、イエス・キリストを受け入れ、救われた[4]。その時「自分が罪人であることを知ると共に、…それら一切の罪が、主イエス・キリストに赦されたのだという確信が湧いてきた。」[5]尾山はその回心をデイヴィッド・ブレイナードの日記を引用し「言い知れぬ栄光を拝した」と表現している。

1947年(昭和22年)3月、日本基督教団鷺宮家教会にて、山本和牧師から洗礼を受けたが、信仰的に相容れなかったため、聖書信仰の教会に転会した。

ある朝のディヴォーションの時、牧師として召された尾山は、在籍していた建築科から転学試験を受け、文学部の西洋史に移った。1949年(昭和24年)に新しく開校した東京基督神学校に入学した。大学3年生であった尾山は大学と並行して神学校の授業を受けた。この神学校が二つに分かれたため、1951年(昭和26年)に東京神学塾に移り、1953年(昭和28年)、村瀬俊夫と共に神学校卒業後、聖書信仰の学問的地位向上のため、早稲田大学大学院に入学した。

1997年には朝鮮民主主義人民共和国への謝罪運動を行い、尾形守牧師らが参加した[6]

2010年6月30日に卞在昌による準強姦裁判の証人尋問で擁護側の証人として証言している。同年2 月には「教会潰しの黒幕がいて、教会や牧師に不満を持つ分子にけしかけている」「裁判にまで訴える者さえ現れる始末」「聖書は兄弟が罪を犯しているのを見たら、その人が悔い改めるように助けて上げると書いてある。」「裁いたり、責めたりするのは、パリサイ派の人たちがしたことで、主イエスはそんなことはしなかった。」と寄稿している。キリスト教徒が裁判を起こしてはいけないし、牧師など「神の僕(しもべ)」ら無条件で赦すべきとの主張は加害者への加担だと糾弾されている[2][3]

2019年三・一運動から100年の節目の年とし、17人の訪問団を組織して渡韓。京畿道華城市の教会などで祈祷、土下座による謝罪パフォーマンスを行った[7]



経歴[編集]

著書[編集]

  • 『クリスチャンの和解と一致』 地引網出版 2007年 ISBN 9784901634144
  • 『ルカによる福音書 講解』羊群社  2006年 ISBN 4897020395
  • 『ヘブル人クリスチャンへの手紙講解』 羊群社 2003年 ISBN 4897020352
  • 『ピリピ教会への手紙 私訳と講解』 羊群社 2003年 ISBN 4897020379
  • 『聖書の教理』 羊群社 2003年 ISBN 4897020360
  • 『キリスト教式文-信仰告白、公私の場における祈り』 聖書キリスト教会 羊群社 2002年
  • 『今も生きておられる神 』(自伝) プレイズ出版 2000年 ISBN 4938764520
  • 『光のある間に あなたの心の深みに届く光がある』共書プレイズ出版 1998年
  • 『テサロニケ教会への手紙 私訳と講解』羊群社 1997年
  • 『聖書の概説』羊群社 1996年
  • 『日本人とキリスト教の受容』羊群社 1995年 ISBN 4897020263
  • 『ほんとうの祈り』羊群社 1994年
  • 『ヨハネによる福音書 : 講解』羊群社 1993年
  • 『心の健康・体の健康』恩寵社 1992年
  • 『キリストの生涯』恩寵社 1991年
  • 『生きて働かれる神 』羊群社 1990年
  • 『ローマ教会への手紙 私訳と講解』羊群社 1990年 ISBN 4872070976
  • 『結婚の備え』いのちのことば社 1990年 ISBN 4264011906
  • 『聖書翻訳の歴史と現代訳』暁書房 1989年
  • 『信仰生活の手ほどき』キリスト新聞社 1989年 ISBN 4873952034
  • 『信仰生活の手引き』 いのちのことば社 1989年 ISBN 4264010306
  • 『一問一答』いのちのことば社 1989年 ISBN 426401025X
  • 『父親の責任母親の責任』いのちのことば社 1988年 ISBN 4264009618
  • 『クリスチャンホームの備え』いのちのことば社 1987年 ISBN 4264008441
  • 『日本人とキリスト教』恩寵社 1987年
  • 『愛あるかぎり 女性の生きがい』いのちのことば社 1986年 ISBN 4264002982
  • 『ほんとうの祈り 祈りのいろはから奥義まで』いのちのことば社 1986年
  • 『開かれた聖書 ユダヤ思考とギリシャ思考 : 現代訳聖書翻訳雑感』ニューライフ出版社 1984年 ISBN 4822500799
  • 『生ける過去-山本芳子の思い出』収録「鷺宮家の教会のころ」(尾山令仁)山本芳子記念文集刊行会山本和編 国際文献印刷社 1981年
  • 『聖書の権威』日本プロテスタント聖書信仰同盟  1980年
  • 『使徒たちの働き 私訳と講解』(上、下) 羊群社 1980年
  • 『現代人の聖書翻訳裏話』羊群社 1979年
  • 『マタイによる福音書 私訳と講解』羊群社 1979年
  • 『出エジプト記 私訳と講解』羊群社 1978年
  • 『聖書の講解』羊群社 1977年
  • 『牧会余話』羊群社 1977年
  • 『コロサイ教会への手紙 : 私訳と講解』羊群社 1977年
  • 『ピリピ教会への手紙 : 私訳と講解』羊群社 1977年
  • 『教会の歴史』羊群社 1976年
  • 『魅力ある女性への道』 いのちのことば社 1976年
  • 『ガラテヤの諸教会への手紙 : 私訳と講解』羊群社 1976年
  • 『エペソ教会への手紙 : 私訳と講解』羊群社 2008年 ISBN 9784897020419
  • 『創世記 私訳と講解』羊群社 1975年
  • 『死への備え 死および死後の世界』いのちのことば社 1973年
  • 『おとなの責任 子をもつ親のために』いのちのことば社 1972年
  • 『聖書の概説』羊群社 1964年
  • 『いこいの窓』いのちのことば社 1964年
  • 『旧約聖書ヒブル語文法』羊群社 1961年
  • 『さすらい』羊群社 1960年
  • 『ピレモンへの手紙 : 私訳と注解』羊群社 1960年
  • 『聖書緒論』聖書図書通信聖書学校 1959年
  • 『不死 -死後の問題の解明』ローレン・ベットナー著 尾山令仁訳 聖書研究出版会 1957年
  • 『キリスト教と科学』いのちのことば社 1955年
  • 『死後のことについて本当のことを知りたい』羊群社 2011年 ISBN 9784897020440

監修

  • 『栄えに満ちた喜び-聖霊のバプテスマとは何か』マーティン・ロイドジョンズ著 武藤敬子訳 尾山令仁監修 ISBN 4901634208 2008年 地引網出版

脚注[編集]

  1. ^ 聖書キリスト教会会長 尾山令仁” (日本語). クリスチャンプレス. 2019年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c (論説)クリスチャンが裁判に訴える時とは - モルデカイの会
  3. ^ a b モルデカイの会 刑事裁判 第6回公判記録”. www.mordecai.jp. 2019年8月18日閲覧。
  4. ^ この文脈上の「救われた」とは、キリスト教で「人間の不幸・悲惨の根本原因である罪、および、そのいっさいの結果からの救出」を意味する語である。救いの三つの面とは、1.有効な召し、新生、回心、義認、2.聖化、3.栄化である。(日本伝道会議『京都宣言』いのちのことば社、『聖書の教理』羊群社)
  5. ^ 『今も生きておられる神』
  6. ^ アジアの人々への謝罪運動尾山公式ブログ
  7. ^ 日本のキリスト教徒17人が韓国・提岩里訪問 「過去の侵奪を謝罪」”. 聯合ニュース (2019年2月27日). 2019年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
蔦田二雄
日本プロテスタント聖書信仰同盟
実行委員長 1973年 - 1983年
次代:
泉田昭