ローレン・ベットナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ローレン・ベットナー英語:Loraine Boettner1901年3月7日 - 1990年1月3日)はアメリカ合衆国神学者、著述家である。

ベットナーはミズーリ州に生まれた。彼はプリンストン神学校からTh.B.(1928年)とTh.M.(1929年)の学位を受け、1933年神学博士、1957年文学博士号を受けた。彼はジョン・グレッサム・メイチェンらが設立した正統長老教会の教会員であった。

8年の間、彼はケンタッキーのカレッジで聖書を教えた。1937年からは米国議会図書館アメリカ国税庁に務めた。世俗の職場で働きながら、数多くの神学的著作を書き、出版した。その中で最も成功した本は『改革派予定論』The Reformed Doctrine of Predestination 、『ローマ・カトリック』Roman Catholicismである[1]。ベットナーは改革派の立場からローマ・カトリックを批判した。

『カルヴィン主義予定論』はThe Reformed Doctrine of Predestinationの翻訳だが、意訳と抄訳の部分がある。また『不死』(Immortality)が日本語に訳されている。

脚注[編集]

  1. ^ C. Matthew McMahon. “The Reformed Theologian, Loraine Boettner”. A Puritan's Mind. 2007年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年2月1日閲覧。

著書[編集]

『不死-死後の問題の解明』尾山令仁訳 新教出版社

外部リンク[編集]