田中剛二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 剛二(たなか ごうじ、1899年 - 1979年4月11日)は、日本の牧師日本キリスト改革派教会の牧師として、神戸改革派神学校で長年教鞭をとった神学校教師。新改訳聖書ヨハネの福音書を翻訳する。現代の改革派の講解説教のスタイルを確立した説教者とされる。

経歴[編集]

  • 1899年 日本基督教会伝道者田中日出海の次男として広島県に生まれる。小学生の時に父を失い。上京して早稲田中学に入学する。そのまま早稲田大学予科に進む。アナーキズムに触れ傾倒して、中退する。大阪で労働者になり、革命を目指す。満州に渡り、革命下のロシアに入国しようとして失敗する。
  • 1922年 神戸神学校に入学(第17期)。在学中に、正統主義的な改革派神学と信仰に目覚める。S・フルトン校長から、改革派神学の真髄を学び、カルヴァンキリスト教綱要を読み始める。
  • 1926年 神戸神学校卒業。高知県の南長老ミッションの開拓した須崎教会の牧師に就任する。
  • 1927年 日本基督教会の伝道者になり、すぐに高知教会多田素牧師から副牧師として働くように招かれる。
  • 1931年 プリンストン神学校神学修士取得、
  • 1933年 プリンストンの神学校の自由主義神学に反対して、ウェストミンスター神学校に入学、ジョン・グレッサム・メイチェンの薫陶を受ける。同神学校で神学修士号取得。帰国後、高知日本基督教会牧師として奉仕する傍ら、ミッションスクールや高等中学校の生徒と聖書研究を行う。
  • 1940年 神港教会牧師に招聘されて、1979年に79歳で死ぬまで奉仕を続ける
  • 1941年 中央神学校の講師になる。 
  • 1946年 日本キリスト改革派教会の創立には参加できなかったが、創立後は指導者として活躍する。
  • 1948年 日本基督教団から分離して、日本基督教団に加入した「背信行為」を悔い改めた。日本基督教団への加入自体が背信行為であり、「私の教団脱退は私の悔い改めである」と告白。
  • 1949年 神戸改革派神学校教授に就任し、教会史と新約釈義を講義する。
  • 1959年 同人誌「リフォームド」の編集に加わる。
  • 1962年 新改訳聖書ヨハネの福音書の翻訳者に選ばれ、翻訳に着手する。
  • 1970年 新改訳聖書出版。
  • 1979年 死去。神港教会の後任は安田吉三郎

人物[編集]

著書[編集]

  • 『ペテロ前後書注解』、1938年
  • 『田中剛二著作全集』全4巻
  • 第一テサロニケ書―イエス・キリストの再臨を待つ教会』すぐ書房、1991年
  • 第二テサロニケ書―キリストの再臨と勤勉な生活の勧め』すぐ書房、1992年

翻訳[編集]

参考文献[編集]