金福童

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キム ボクドン、キム ポットン
金 福童[1]
김 복동
生誕 (1926-04-19) 1926年4月19日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮慶尚南道梁山郡梁山面南部洞[1]
死没 (2019-01-28) 2019年1月28日(92歳没)

金 福童(きん ふくどう、韓国語:김 복동、キム ボクドン、キム ポットン、1926年4月19日 - 2019年1月28日[2])は、元慰安婦。慰安婦問題について日本国政府が正確な事実認識・謝罪・賠償することを求め、また、吉元玉とともに戦時性暴力英語版被害者支援基金の設立を提唱している[1]

1940年代広東香港シンガポールオランダ領東インド軍人性行為の相手をさせられていたことや、慰安所の実情などについて証言を行った[1]

2015年4月、日本外国特派員協会で記者会見するために訪日[3]

2018年韓国挺身隊問題対策協議会が日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団と合併し、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)を旗揚げすると、同団体に移籍した。

2018年9月に大阪朝鮮学校を支援するために訪日し、約100万円の寄付を行った[4]。 

2019年1月28日、死去。告別式は水曜デモを行っていたソウル日本大使館の前で行われ、韓国外交部の康京和長官をはじめ、法務部の朴相基長官、潘基文元国連事務総長、文喜相韓国国会議長のほか韓国与野党の多数の議員が弔問に訪れ[5]、29日には文在寅大統領が弔問し、遺影の前で土下座をして敬意を表した[6]

2月1日、在日本朝鮮人総聯合会傘下の在日本朝鮮人人権協会性差別撤廃部会が首相官邸前で追悼集会を開き、日本政府に抗議を続けることを報告した[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 吉見義明 (2016年3月). “ある元日本軍「自称慰安婦」の回想(6)―金 福童さんからの聞き取り―”. 中央大学論集, 第37号. 中央大学出版部. p. 207-241. 2018年7月29日閲覧。
  2. ^ https://www.sankei.com/world/news/190129/wor1901290028-n1.html
  3. ^ 韓国の元「慰安婦」が東京で会見、今も是正を求める”. CNNニュース (2015年4月30日). 2018年7月29日閲覧。
  4. ^ 中央日報日本語版 慰安婦被害者2人、台風で被害の大阪朝鮮学校を訪問 2018年09月27日15時24分 [1]
  5. ^ 朝鮮日報日本語版 2019/01/30 23:08
  6. ^ ハンギョレ新聞 2019-02-18 文大統領「歴史を正すことを忘れません」[2]
  7. ^ ハンギョレ 2019-02-02 「ハルモニ、安らかにお眠りください」 東京でキム・ボクトンさんの追悼集会[3]