提岩里教会事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

提岩里教会事件(ていがんりきょうかいじけん)[1]1919年4月15日日本統治下朝鮮京畿道水原郡郷南面提岩里(現在の華城市郷南邑提岩里)で、三・一独立運動中に起きた事件。29人の住民が軍隊によって殺害された。

背景[編集]

三・一独立運動の余波を受けて、1919年3月30日、発安(郷南面)の堤岩里をはじめとする近隣の住民千人余りは、市(いち)の日を利用して独立万歳運動を行った。このとき警察の発砲でデモ群衆の内3人が死亡したが、この過程で興奮したデモ群衆が日本人家屋に石を投げ、日本人小学校に火を付けたので、精米業を営んでいた佐板をはじめとする日本人43人が30里(12キロ)離れたサムグェ(三槐)地域に避難した。

また、4月3日にはデモ群衆が花樹里駐在所に放火し、川端豊太郎巡査を殺害した事件が起きている。

4月13日に陸軍79連隊に所属する有田俊夫中尉が指揮する歩兵11人が発安(郷南面)に到着した。彼らの任務は、討伐作戦が終わった発安地域の治安維持であった。しかし、他の地域のデモの首謀者たちが、2度にわたる検挙作戦で大部分逮捕された一方で、発安デモを主導した堤岩里の首謀者は逮捕されていなかった。このような不安要素が残っていることを知った有田中尉は、4月15日午後、部下11人を率いて、日本人巡査1人、堤岩里出身の巡査補趙熙彰、そして発安で精米所を営む佐坂の案内で、堤岩里に向かった。

概要[編集]

堤岩里3・1運動殉国記念館が保管する証言資料を総合して事件の過程を再構成すると、次のようになる(ただし、時間と名前など細部において誤りがある可能性がある)。

  1. 有田中尉は、佐坂と朝鮮人巡査補趙熙彰に命じて、堤岩里住民のうち成人男性(15歳以上)を教会に集めた。
  2. 予め名簿を持っていたらしく、来ない人は探して呼んで来た。
  3. 有田中尉が、集まった人々に「キリスト教の教え」について問うたところ、安(安鍾厚と推定)という信者代表が答えた。
  4. 有田中尉は教会の外に出るやいなや射撃命令を下し、これに応じて教会堂を包囲していた軍人たちが窓から中を射撃した。
  5. 射撃が終わった後、教会にわらと石油をまいて火をつけた。
  6. 風が強く吹き、火は教会下手の家に燃え移り、上手の家は軍人たちが回って火を放った。
  7. 教会に火がつくと、洪(洪淳晋と推定)と「郷南面に通っていた人(安相鎔と推定)」及び「ノギョンテ」が脱出しようとしたが、洪は逃亡中に射殺され、「郷南面に通っていた人」は、家の中に避難したが発覚し殺害され、ノギョンテは山に逃げて生き残った。
  8. 脱出したところを射殺されたらしき死体が、二つ三つ教会の外にあった。
  9. 村で出火したのを見て駆けつけた姜泰成の妻(19歳)が、軍人に殺害された。
  10. 洪氏(洪元植)の妻も軍人の銃を受けて死んだ。
  11. 軍人たちは古洲里村に行き、天道教信者六人を銃殺した。

4月16日に現地視察に訪れた駐京城アメリカ総領事館領事、在京城米国人宣教師、AP通信の京城特派員はこの事件に関する報告書の作成・本国への提出を行い、さらにその数日後には駐京城英国総領事館からも現地調査団が現地に送られ、事件は日本軍による虐殺事件として世界中に報道された[2]

また、事件の三日後には、在京城カナダ人宣教師フランク・ウィリアム・スコフィールドが、消息を聞いて現場を訪れ、その凄惨な光景を写真に収めた。彼が記録した話と写真は、その年の9月に中国上海の有力英字紙「チャイナプレス」で連日報道された[3]

近年発見された、当時の朝鮮軍司令官宇都宮太郎の日記によれば、「事実を事実として処分すれば尤も単簡なれども」とし「虐殺、放火を自認することと為り、帝国の立場は甚しく不利益」となるという判断から、幹部と協議した結果「抵抗したるを以て殺戮したるものとして虐殺放火等は認めざることに決し、夜十二時散会す。」とある。関与した有田俊夫中尉の処分は30日間重謹慎処分とされた[4]が、その後の軍法会議による判決(1919年8月21日付)で殺人・放火に関して無罪が確定した。

関連文献[編集]

  • 朝鮮総督府資料「騒密770号,提岩里騒擾事件ニ関スル報告(通牒)」大正8年(1919年)4月24日
  • 英字新聞ジャパン・アドバタイザー」1919年4月27日号
  • 「福音時報」1919年5月, 1244〜1246号
  • 『三・一独立運動と堤岩里教会事件』韓国基督教歴史研究所編著 信長正義訳 神戸学生青年センター出版部, 1998年5月
  • 『三・一独立運動と堤岩里事件』小笠原亮一, 姜信範, 飯沼二郎, 李仁夏, 池明観, 土肥肥夫, 澤正彦, 飯島信 [著および述], 金明淑, 金性済 [訳] 日本基督教団出版, 1989年2月
  • 『三・一運動(現代史資料 25-26.朝鮮)』姜徳相編 1-2 みすず書房, 1966-1967, 2冊

脚注[編集]

  1. ^ このタイトルについては「初期韓国教会の民族教会的性格」李徳周[1]をもとに選定した。
  2. ^ 長田彰文『日本の朝鮮統治と国際関係―朝鮮独立運動とアメリカ 1910-1922』平凡社、2005年2月。
  3. ^ 2013年12月27日14時56分中央日報/中央日報日本語版
  4. ^ 3.1独立運動の鎮圧を詳述 朝鮮軍司令官の史料発見

外部リンク[編集]

国立公文書館 http://www.jacar.go.jp/
レファレンスコード:C03022465000
  • 朝鮮騒擾経過概要
国立公文書館 http://www.jacar.go.jp/
レファレンスコード:A04017275800

座標: 北緯37度07分34.3秒 東経126度53分36.8秒 / 北緯37.126194度 東経126.893556度 / 37.126194; 126.893556