イエスの幼少時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルトロメ・エステバン・ムリーリョによる幼少の頃のキリスト
プラハイエス像教会にある幼少の頃のイエス像

イエスの幼少時代(イエスのようしょうじだい)はルカによる福音書2章41節-52節に書かれているイエス・キリストの幼年時代。

聖書の記述の要約[編集]

通常ユダヤ人の男子は13歳でバル・ミツバを行い宗教的に大人の仲間入りが認められる。その準備は12歳から始まる男子の義務は過越の祭りと七週の祭り、仮庵の祭をエルサレムで守る事であった。

特に重要であるのが、過越の祭りで、巡礼者たちはエルサレムに行って、最低二日間滞在することを義務付けられていた。12歳になったイエスは、両親と一緒にエルサレムに巡礼した。両親が義務を果たして、岐路に着くとイエスがいないのに気づいて、エルサレムまで戻った。

三日後に、両親はエルサレムの神殿で、ラビたちと語り合っているイエスを見つけた。その聖書理解に学者たちが舌を巻いた。両親はどうしてこんなことをしたのかとたずねた。しかし、イエスはどうして自分を探したのかと逆に両親に問うた。

ルカが記録しているこの出来事は主イエスが、旧約聖書の知識を予め獲得されていたことを示している。

ユダヤ人たちが驚いて、「この人は、学問をしたわけでもないのに、どうして聖書をこんなによく知っているのだろう」 (ヨハネによる福音書 7:15)

参考文献[編集]