イエスの幼少時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バルトロメ・エステバン・ムリーリョによる幼少の頃のキリスト
プラハイエス像教会にある幼少の頃のイエス像

イエスの幼少時代(イエスのようしょうじだい)はルカによる福音書2章41節-52節に書かれているイエス・キリストの幼年時代。

聖書の記述の要約[編集]

通常ユダヤ人の男子は13歳でバル・ミツバを行い宗教的に大人の仲間入りが認められる。その準備は12歳から始まる男子の義務は過越の祭りと七週の祭り、仮庵の祭をエルサレムで守る事であった。

特に重要であるのが、過越の祭りで、巡礼者たちはエルサレムに行って、最低二日間滞在することを義務付けられていた。12歳になったイエスは、両親と一緒にエルサレムに巡礼した。両親が義務を果たして、岐路に着くとイエスがいないのに気づいて、エルサレムまで戻った。

三日後に、両親はエルサレムの神殿で、ラビたちと語り合っているイエスを見つけた。その聖書理解に学者たちが舌を巻いた。両親はどうしてこんなことをしたのかとたずねた。しかし、イエスはどうして自分を探したのかと逆に両親に問うた。

ルカが記録しているこの出来事は主イエスが、旧約聖書の知識を予め獲得されていたことを示している。

ユダヤ人たちが驚いて、「この人は、学問をしたわけでもないのに、どうして聖書をこんなによく知っているのだろう」と言った。 (ヨハネによる福音書 7:15)

トマスによるイエスの幼時物語[編集]

ルカ福音書は、その誕生物語の最後に、神殿における十二歳のイエスの物語を、イエスの少年時代のエピソードとして叙述している。ここでは誕生物語と、十二歳のイエスの物語との間は全く空白であり、ルカはそれを、「幼な子は成長し、知恵に満ちて力強くなり、神の恵みがいつもその上にあった。」(ルカによる福音書2.40、2.52)という句で埋めている。トマスによるイエスの幼時物語は、この空白を埋めようとしているように思われる。それは五歳から十二歳までのイエスの物語であって(五歳=2章、六歳=11章、八歳=12章、12歳=19章)、ルカ福音書の神殿における十二歳のイエスの物語で終わっている。[1]

参考までに第1章と第6章と第13章を載せる。

【第1章】
 わたし、イスラエル人トマスは、異邦人から成るすべての兄弟に、わたしたちの主イエス・キリストの幼年時代と、彼がわたしたちの地で生まれて行なったすべての大いなる業を知らせる必要があると考える。その始めは次のようであった。[2]
【第6章】
 さて、ザッカイという名の教師が何かの折にそこに居合わせ、イエスがこんなことを父親に言っているのを聞いて、子供なのにそんな口をきくので大変驚いた。
 それで数日後ヨセフに近寄って言った。「あなたは賢い子を持っている。知性があります。さあ字を習わせにこの子をわたしのところに寄越しなさい。そうすればわたしが字と一緒にあらゆる知識を授け、またすべての年寄りに挨拶し、その人たちを先祖や父親のごとく敬い、また同年輩の者をも愛することを教えましょう」。
 そしてすべての文字をアルファからオメガまで正確に吟味しながらはっきりと言ってみせた。しかしイエスは教師ザッカイをみつめて言った。「あなたはアルファの本性をも知らないのに、どうしてほかの者にベーターを教えるのですか。偽善者よ、もし知っているならまず第一にアルファを教えなさい。そうすればベーターについてもあなたを信じましょう」。それから教師に最初の文字について質問を始めたが、教師は彼に答えることが出来なかった。
 それから沢山の人が聞いている前でザッカイに言った。「先生、第一の文字の構成秩序について聞きなさい。そして次の点に注意なさい。斜めの線と真中の線があるが、それはごらんのように一緒になる線を横切っていて、一点に集まり、上にあがり、輪舞してまた分岐する。アルファは三部の同種の同じ長さの線を持っている」。[3]
【第13章】
 彼の父は大工で、そのころは鋤や軛を作っていた。ある金持から彼に寝台を作るよう注文があった。しかし一枚の板がその反対側の板[より短くて]、ヨセフが何をしたらいいかわからないでいると、少年イエスがその父親[ヨセフ]に言った。「二枚の木を下に置いてまん中からみて一方を同じにあわせて下さい」。
 それでヨセフは少年が言う通りにした。するとイエスはほかの端に立ち、短い方の木を掴み、それを引き伸ばし、他方と同じ長さにした。その父ヨセフはこれを見て驚き、子供を抱いて口づけして言った。「わたしは幸いだ、神様がこんな子をわたしに下さったのだから」。[4]

参考文献[編集]

関連項目[編集]


  1. ^ 「聖書外典偽典6」教文館 p117-118 本文抜粋
  2. ^ 「聖書外典偽典6」教文館 p123 本文抜粋
  3. ^ 「聖書外典偽典6」教文館 p127-128 本文抜粋
  4. ^ 「聖書外典偽典6」教文館 p132-133 本文抜粋