荒野の誘惑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒野の誘惑あらののゆうわく)はキリスト教聖書正典である新約聖書に書かれているエピソードの1つ。キリスト教教理において重要な役割を果たしており、キリスト教文化圏の芸術作品の中で繰り返し用いられるモチーフでもある。

洗礼者ヨハネから洗礼を受けた後、イエスは霊によって荒れ野に送り出され、そこに40日間留まり、悪魔(サタン)の誘惑を受けた。マルコによる福音書(1:12,13)、マタイによる福音書(4:1-11)、ルカによる福音書(4:1-13)の福音書に記述がある。以下は、口語訳聖書のルカ伝によるもの。

悪魔の誘惑[編集]

さて、イエスは聖霊に満ちてヨルダン川から帰り、荒野を四十日のあいだ御霊にひきまわされて、悪魔の試みにあわれた。そのあいだ何も食べず、その日数がつきると、空腹になられた — ルカによる福音書4章1節と2節(口語訳)
  • 悪魔の誘惑をイエスが受けた場所は明記されていないが、誘惑の山と呼ばれるヨルダン川西岸地区のエリコの11km西郊外にある山(海抜366m)とする伝承がある[1][2][3]

第一の誘惑[編集]

そこで悪魔が言った、「もしあなたが神の子であるなら、この石に、パンになれと命じてごらんなさい」。イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」。 — ルカによる福音書4章3節と4節(口語訳)

第二の誘惑[編集]

それから、悪魔はイエスを高い所へ連れて行き、またたくまに世界のすべての国々を見せて言った、「これらの国々の権威と栄華とをみんな、あなたにあげましょう。それらはわたしに任せられていて、だれでも好きな人にあげてよいのですから。それで、もしあなたがわたしの前にひざまずくなら、これを全部あなたのものにしてあげましょう」。イエスは答えて言われた、「『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」 — ルカによる福音書4章5節から8節(口語訳)
  • 悪魔がすべての国々を任されているというのは、ヨハネの第一の手紙の5章9節にも類似した記述がある[5]。ここでイエスはモーセの十戒を念頭に引用し答えたと思われる[6]
  • ひざまずくだけで国々全部あげると悪魔自身が語っている事から、悪魔は国々全部よりも自分が崇拝される事を願っている事が分かる。
  • 誘惑の山の上空と言えども世界の全ての国々を一度に見る事は現代物理学的に言って不可能である。地球球体のため、たとえ宇宙空間に出たとしても世界の全ての国々の半分程度までしか一度に見ることは出来ない。「またたくまに世界のすべての国々を見せ」るためには宇宙空間に出た上で「またたくまに」地球を半周以上周回する必要がある。しかもそんなに離れて見たとしても今度は「国々の権威と栄華」という点を確認する事ができるのか疑問である。

第三の誘惑[編集]

それから悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、宮の頂上に立たせて言った、「もしあなたが神の子であるなら、ここから下へ飛びおりてごらんなさい。『神はあなたのために、御使たちに命じてあなたを守らせるであろう』とあり、また、『あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』とも書いてあります」。 イエスは答えて言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』と言われている」。悪魔はあらゆる試みをしつくして、一時イエスを離れた。それからイエスは御霊の力に満ちあふれてガリラヤへ帰られると、そのうわさがその地方全体にひろまった。 — ルカによる福音書4章9節から14節(口語訳)
  • 悪魔も聖句を引用して誘惑した。悪魔が用いた聖句は詩篇の91章11節と12節である[7][8]
  • イエスがここで引用した聖句は申命記の6章16節と思われる[9]。旧約聖書の他の箇所では神ご自身がご自分を試すようにと言われた箇所もある[10]ため、この引用の仕方は悪魔を追い払う事が目的だったと考えられる。

メシアへの期待[編集]

ラビは、メシアがエルサレム神殿の屋根に立つことを期待した。[11]

批評[編集]

トマス・ホッブズジョン・ロック など、批評家によると「荒野の誘惑」は 寓話と解釈されている。

美術[編集]

ドゥッチョ祭壇画や、ボッティチェリシスティーナ礼拝堂の壁画が有名である。近代ロシア美術では『曠野のイイスス・ハリストス』がイワン・クラムスコイの代表作の一つとなっている。

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 誘惑の山
  2. ^ 『地球の歩き方 E 05、イスラエル 2013~2014』(ダイヤモンド・ビッグ社)
  3. ^ "Israel & the Palestinian Territories" (Lonely Planet Publications, 2012)
  4. ^ 人はパンだけでは生きず、人は主の口から出るすべてのことばによって生きることをあなたに知らせるためであった。(申命記(口語訳)#8:3後半)
  5. ^ また、わたしたちは神から出た者であり、全世界は悪しき者の配下にあることを、知っている。(ヨハネの第一の手紙(口語訳)#5:19
  6. ^ あなたはわたしのほかに何ものをも神としてはならない。(出エジプト記(口語訳)#20:3
  7. ^ これは主があなたのために天使たちに命じて、あなたの歩むすべての道であなたを守らせられるからである。(詩篇(口語訳)#91:11
  8. ^ 彼らはその手で、あなたをささえ、石に足を打ちつけることのないようにする。(詩篇(口語訳)#91:12
  9. ^ あなたがたがマッサでしたように、あなたがたの神、主を試みてはならない。(申命記(口語訳)#6:16
  10. ^ わたしの宮に食物のあるように、十分の一全部をわたしの倉に携えてきなさい。これをもってわたしを試み、わたしが天の窓を開いて、あふるる恵みを、あなたがたに注ぐか否かを見なさいと、万軍の主は言われる。(マラキ書(口語訳)#3:10
  11. ^ "Our Rabbis related that in the hour when the Messiah shall be revealed he shall come and stand on the roof of the temple." Pesikta Rabbati 62 c-d Rivka Ulmer, A Synoptic Edition of Pesiqta Rabbati Based upon All Extant Manuscripts and the Editio Princeps. South Florida Studies in the History of Judaism 155, 1995