1988年ソウルオリンピックの日本選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリンピックの日本選手団
Flag of Japan (1870-1999).svg
日章旗
IOCコード JPN
NOC 日本オリンピック委員会
公式サイト
1988年ソウルオリンピック
人員: 選手 259名、役員 78名
旗手: 小谷実可子
主将: 斉藤仁
メダル
国別順位: 14 位

4

3

7

14
夏季オリンピック日本選手団
191219201924192819321936194819521956196019641968197219761980198419881992199620002004200820122016
冬季オリンピック日本選手団
19241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921994199820022006201020142018

1988年ソウルオリンピックの日本選手団は、1988年9月17日から10月2日まで開催された1988年ソウルオリンピック日本代表選手団および競技結果。選手名及び所属は1988年当時のもの。

概要[編集]

メダル獲得者[編集]

金メダル[編集]

銀メダル[編集]

銅メダル[編集]

陸上競技[編集]

監督:小掛照二
コーチ:大串啓二
コーチ:佐藤進
コーチ:沢木啓祐
コーチ:宮川千秋

  • 阿久津浩三(福島整形外科)
    • 男子10000m:14位(28分09秒70)
  • 臼井淳一(日本エアロビクスセンター)
    • 男子走り幅跳び:予選落ち(記録なし)
  • 遠藤司(ヱスビー食品)
    • 男子10000m:予選途中棄権
  • 笠原隆弘(中京大)
    • 男子100m:1次予選落ち(10秒62)
  • 吉田雅美(大京)
    • 男子やり投げ:予選落ち(76m90cm)
  • 吉田良一(福井県教育庁)
    • 男子400mハードル:予選落ち(50秒49)
  • 栗原浩司(足利工高教)
    • 男子100m:2次予選落ち
  • 溝口和洋(ゴールドウィン)
    • 男子やり投げ:予選落ち(77m46cm)
  • 高野進(東海大教)
    • 男子400m:準決勝落選(44秒90)
  • 山下訓史(日本電気)
    • 男子三段跳び:12位(15m62cm)
  • 柴田博之(洛南高教)
    • 男子走り幅跳び:予選落ち(7m48cm)
  • 酒井浩文(飯田地区広域消防組合)
    • 男子20km競歩:26位(1時間24分08秒)
  • 小坂忠広(デサント)
    • 男子20km競歩:47位(1時間32分46秒)
    • 男子50km競歩:31位(4時間03分12秒)
  • 新宅永灯至(ヱスビー食品)
    • 男子マラソン:17位(2時間15分42秒)
  • 瀬古利彦(ヱスビー食品)
    • 男子マラソン:9位(2時間13分41秒)
  • 大沢知宏(早大)
    • 男子100m:1次予選落ち(10秒71)
  • 中山竹通(ダイエー)
    • 男子マラソン:4位(2時間11分05秒)
  • 米重修一(旭化成)
    • 男子10000m:17位(29分04秒44)
    • 男子5000m:予選落ち(13分59秒68)
  • 青戸慎司(中京大)・栗原浩司高野進山内健次(日本健康増進研究会)・松原薫(ナイキジャパン、予選出場)
    • 男子4×100mリレー:準決勝落選(38秒90)
  • 川角博美(新日鉄)・小池弘文(四日市高教)・高野進山内健次
    • 男子4×400mリレー:準決勝落選(3分05秒63)
  • 宮原美佐子(旭化成)
    • 女子マラソン:29位(2時間35分26秒)
  • 荒木久美(京セラ)
    • 女子マラソン:28位(2時間35分15秒)
  • 佐藤恵(福岡大)
    • 女子走り高跳び:11位(1m90cm)
  • 浅井えり子(日本電気ホームエレクトロニクス)
    • 女子マラソン:25位(2時間34分41秒)
  • 松井江美(大京)
    • 女子やり投げ:予選落ち(56m26cm)
  • 松野明美(ニコニコドー)
    • 女子10000m:予選落ち(32分19秒57)

水泳[編集]

監督:小林徳太郎

競泳[編集]

ヘッドコーチ:青木剛
コーチ:鈴木陽二
コーチ:具志統
コーチ:浦満廣

  • 加藤真志(近大付属高)
    • 男子1500m自由形:予選落ち(15分47秒35)
  • 丸山繁守(近大)
    • 男子100m背泳ぎ:12位(57秒13)
    • 男子200m背泳ぎ:予選落ち(2分09秒16)
  • 高橋繁浩(中京大教)
    • 男子200m平泳ぎ:10位(2分18秒03)
  • 三浦広司(国士舘大)
    • 男子100mバタフライ:14位(54秒98)
    • 男子200mバタフライ:予選落ち(2分02秒30)
  • 緒方茂生(日大)
    • 男子100m自由形:予選落ち(52秒08)
    • 男子200m自由形:15位(1分51秒89)
    • 男子400m自由形:予選落ち(4分05秒68)
  • 水本良幸(ラサSS)
    • 男子400m自由形:予選落ち(4分02秒48)
    • 男子1500m自由形:予選落ち(15分52秒06)
    • 男子400m個人メドレー:予選落ち(4分28秒11)
  • 長畑弘伸(同志社大)
    • 男子100m平泳ぎ:13位(1分03秒89)
    • 男子200m平泳ぎ:予選落ち(2分22秒23)
  • 田中穂徳(近大)
    • 男子100mバタフライ:予選落ち(56秒19)
  • 渡辺健司(早大)
    • 男子100m平泳ぎ:予選落ち(1分04秒35)
  • 藤本隆宏(西日本短大付属高)
    • 男子200m個人メドレー:予選落ち(2分07秒23)
    • 男子400m個人メドレー:予選落ち(4分33秒03)
  • 武田聡(早大)
    • 男子200mバタフライ:15位(2分02秒18)
    • 男子200m個人メドレー:予選落ち(2分08秒11)
  • 鈴木大地(順天堂大)
    • 男子100m背泳ぎ:金メダル(55秒05)
    • 男子200m背泳ぎ:15位(2分04秒67)
  • 緒方茂生鈴木大地長畑弘伸三浦広司
    • 男子4×100mメドレーリレー:5位(3分44秒36)
  • 原田裕代(夙川学院高)
    • 女子400m個人メドレー:予選落ち(5分00秒92)
  • 高橋清美(アシックス)
    • 女子100mバタフライ:10位(1分01秒80)
    • 女子200mバタフライ:6位(2分11秒62)
  • 佐々木香織(品川高)
    • 女子50m自由形:予選落ち(26秒61)
    • 女子100m自由形:予選落ち(58秒40)
    • 女子200m自由形:予選落ち(2分06秒18)
  • 細田朋美(横浜共立学園高)
    • 女子400m自由形:予選落ち(4分17秒30)
    • 女子800m自由形:予選落ち(8分39秒55)
  • 森下恵子(神戸大教育学部付属住吉中)
    • 女子100m背泳ぎ:予選落ち(1分05秒38)
    • 女子200m背泳ぎ:14位(2分18秒78)
  • 西岡由恵(樟蔭中)
    • 女子100m平泳ぎ:予選落ち(1分13秒36)
    • 女子200m平泳ぎ:予選落ち(2分35秒81)
    • 女子200m個人メドレー:16位(2分20秒43)
    • 女子400m個人メドレー:予選落ち(4分55秒31)
  • 大野木智子(武庫川女大)
    • 女子100m背泳ぎ:予選落ち(1分06秒14)
    • 女子200m背泳ぎ:予選落ち(2分21秒46)
  • 中森智佳子(愛知教大)
    • 女子200m自由形:14位(2分02秒31)
    • 女子400m自由形:15位(4分15秒59)
  • 中野亜弥子(上管田中)
    • 女子50m自由形:12位(26秒45)
    • 女子100m自由形:10位(56秒72)
  • 長崎宏子(カリフォルニア大バークレイ校)
    • 女子100m平泳ぎ:予選落ち(1分16秒63)
    • 女子200m平泳ぎ:予選落ち(2分37秒44)
  • 北野高代(愛知淑徳高)
    • 女子100mバタフライ:14位(1分02秒35)
    • 女子200mバタフライ:14位(2分15秒61)
  • 高橋清美中野亜弥子西岡由恵森下恵子
    • 女子4×100mメドレーリレー:予選落ち(4分18秒88)

飛込[編集]

コーチ:金戸俊介

  • 金戸恵太(日大)
    • 男子高飛込:14位(497.04)
    • 男子飛板飛込:11位(562.05)
  • 山岸勲(日大)
    • 男子高飛込:10位(500.70)
    • 男子飛板飛込:18位(540.72)
  • 元渕幸(天理大)
    • 女子高飛込:15位(404.76)
    • 女子飛板飛込:16位(333.45)
  • 浅田雅子(小松市立女高)
    • 女子高飛込:21位(380.94)
    • 女子飛板飛込:17位(327.93)

シンクロナイズドスイミング[編集]

コーチ:金子正子

体操[編集]

監督:遠藤幸雄
男子チームリーダー:梶山広司
女子コーチ:塚原光男
女子チームリーダー:塚原千恵子
新体操コーチ:五明みさ子
ピアニスト:古川悦子

体操競技[編集]

新体操[編集]

  • 秋山エリカ(東京女体大研究生)
    • 個人総合:15位(58.050)
  • 大塚裕子(東女体大)
    • 個人総合:予選敗退(37.00)

自転車[編集]

監督:竹花敏
コーチ:斧隆夫

  • 円谷義広(日本舗道)
    • 男子196.8km個人ロード・レース:95位(4分42秒47)
    • 男子50kmポイント・レース:14位(7点(-1)、予選敗退)
  • 三浦恭資(島野工業)
    • 男子196.8km個人ロード・レース:72位(4分32秒56)
  • 三和英樹(日大)
    • 男子スプリント:第2次予選敗者復活戦敗退
  • 豊岡弘(早大)
    • 男子1000mタイム・トライアル:16位(1分07秒240)
  • 鈴木光広(ブリヂストンサイクル)
    • 男子196.8km個人ロード・レース:25位(4分32秒56)
  • 我妻広一(日大)・佐々木一昭(早大)・滝川一夫(北富士工高教)・宮本文晴(日大)
    • 男子4000m団体追抜競走:15位(4分28秒50、予選敗退)
  • 関ナツエ(三協精機)
    • 女子82km個人ロード・レース:50位(2時間14分32秒)
  • 橋本聖子(富士急行)
    • 女子スプリント:第1次予選敗者復活戦敗退
  • 小倉輝美(サイクルショップ・ヤマネ)
    • 女子82km個人ロード・レース:30位(2時間00分52秒)

柔道[編集]

監督:上村春樹
コーチ:藤猪省太
コーチ:南喜陽

  • 細川伸二(天理大教)
    • 男子60kg以下級:銅メダル
  • 山本洋祐(日体大教)
    • 男子65kg以下級:銅メダル
  • 古賀稔彦(日体大)
    • 男子71kg以下級:3回戦敗退
  • 岡田弘隆(筑波大)
    • 男子78kg以下級:3回戦敗退
  • 大迫明伸(旭化成)
    • 男子86kg以下級:銅メダル
  • 須貝等(新日鉄)
    • 男子95kg以下級:2回戦敗退
  • 斉藤仁(国士舘大教)
    • 男子95kg超級:金メダル

レスリング[編集]

監督:平山紘一郎
コーチ:富山英明
コーチ:高田裕司
コーチ:江藤正基

  • 伊藤敦(日体大勤務)
    • フリースタイル82kg級:7位
  • 栄和人(奈良県教委)
    • フリースタイル62kg級:予選4回戦失格
  • 本田多聞(自衛隊体育学校)
    • フリースタイル100kg級:2回戦敗退
  • 金浜良(日大)
    • フリースタイル57kg級:8位
  • 小幡弘之(日大)
    • フリースタイル130kg級:3回戦失格
  • 小林孝至(ユナイテッド・スティール)
    • フリースタイル48kg級:金メダル
  • 赤石光生(ユナイテッド・スティール)
    • フリースタイル68kg級:4位
  • 太田章(早大教)
    • フリースタイル90kg級:銀メダル
  • 佐藤満(日体大勤務)
    • フリースタイル52kg級:金メダル
  • 原喜彦(日体大勤務)
    • フリースタイル74kg級:5回戦失格
  • 伊藤広道(自衛隊体育学校)
    • グレコローマンスタイル74kg級:8位
  • 宮原厚次(自衛隊体育学校)
    • グレコローマンスタイル52kg級:銀メダル
  • 向井孝博(自衛隊体育学校)
    • グレコローマンスタイル82kg級:3回戦敗退
  • 斎藤育造(和歌山県教育庁)
    • グレコローマンスタイル48kg級:2回戦敗退
  • 出口一也(国士舘大)
    • グレコローマンスタイル130kg級:6位
  • 森山泰年(自衛隊体育学校)
    • グレコローマンスタイル90kg級:2回戦敗退
  • 西口茂樹(日体大勤務)
    • グレコローマンスタイル62kg級:3回戦敗退
  • 大久保康裕(自衛隊体育学校)
    • グレコローマンスタイル68kg級:6位
  • 中留俊司(八幡高教)
    • グレコローマンスタイル57kg級:2回戦敗退
  • 福辺雅彦(御所工高教)
    • グレコローマンスタイル100kg級:2回戦敗退

ボクシング[編集]

監督:川島五郎
コーチ:鈴木達夫

  • 高橋良秋(セントラル警備保障)
    • ウェルター級:1回戦敗退
  • 黒岩守(アシックス)
    • ライトフライ級:1回戦敗退
  • 三浦国宏(京都府体協)
    • ライトウェルター級:1回戦敗退
  • 山田渉(拓大)
    • フェザー級:2回戦敗退
  • 松島勝之(日大)
    • バンタム級:5位(準々決勝敗退)
  • 瀬川設男(拓大)
    • フライ級:2回戦敗退
  • 東悟(日大)
    • ライト級:2回戦敗退

ウエイトリフティング[編集]

コーチ:三宅義行
コーチ:細谷治朗

  • 原徹(前橋育英高校)
    • 56kg級:14位(240.0)
  • 戸松伸隆(埼玉栄高教)
    • 100kg級:11位(355.0)
  • 佐々木保重(鶴岡西高教)
    • 67.5kg級:失格
  • 砂岡良治(ユニデン)
    • 82.5kg級:6位(350.0)
  • 市場孝士(自衛隊体育学校)
    • 56kg級:5位(252.5)
  • 小栗和成(恵那高教)
    • 60kg級:7位(260.0)
  • 真鍋和人(日泉化学)
    • 52kg級:8位(230.0)
  • 村木洋介(倉敷商高教)
    • 60kg級:5位(277.5)
  • 平良朝治(沖縄県公園スポーツ振興協会)
    • 67.5kg級:9位(297.5)
  • 並木良憲(埼玉スポーツセンター)
    • 52kg級:17位(215.0)

テニス[編集]

監督:本井満

ハンドボール[編集]

監督:野田清
コーチ:津田昭

バレーボール[編集]

男子[編集]

監督:小山勉
コーチ:御嶽和也
トレーナー:南匡泰

女子[編集]

監督:山田重雄
コーチ:宗内徳行
トレーナー:三浦敏子

卓球[編集]

男子監督:前原正浩
女子監督:野平孝雄

  • 宮崎義仁(和歌山相互銀行)
    • 男子シングルス:予選リーグ敗退
  • 斎藤清(日産自動車)
    • 男子シングルス:予選リーグ敗退
  • 小野誠治(ヤマハ)
    • 男子シングルス:決勝トーナメント1回戦敗退(予選リーグ5勝2敗)
  • 小野誠治宮崎義仁
    • 男子ダブルス:予選敗退
  • 斎藤清渡辺武弘(協和発酵)
    • 男子ダブルス:予選敗退
  • 星野美香(三井銀行)
    • 女子シングルス:決勝トーナメント1回戦敗退
  • 石田清美(住友生命)
    • 女子シングルス:予選敗退
  • 内山京子(十六銀行)
    • 女子シングルス:予選リーグ敗退
  • 石田清美星野美香
    • 女子ダブルス:4位(予選通過3勝3敗)

フェンシング[編集]

監督:船水光行
コーチ:中島寛

カヌー[編集]

監督:元安良文
コーチ:畑満秀

  • 和泉博幸(日体大勤務)
    • レーシング男子カナディアン・シングル1000mC1:敗者復活戦敗退(05分00秒96)
  • 金田裕伸(北富士自衛隊)
    • レーシング男子カナディアン・シングル1000mC1:敗者復活戦敗退(5分00秒96)
  • 井上清澄(マルニ)・内野経久(野母崎町教委)
    • レーシング男子カナディアン・ペア500mC2:準決勝敗退(1分50秒89)
  • 坂本利介(マルニ)・當山克也(マルニ)
    • レーシング男子カナディアン・ペア1000mC2:準決勝敗退(4分09秒20)
  • 小林美幸(東女体大)・中里晴美(上九一色中教)
    • レーシング女子カヤック・ペア500mK2:敗者復活戦敗退(1分58秒99)

ボート[編集]

監督:須藤武幸
コーチ:古川宗寿

セーリング[編集]

監督:有馬敬三
監督:松田菊雄
マネージャー:津田豊彰

近代五種[編集]

監督:藤田章三

アーチェリー[編集]

監督:飯塚十朗
コーチ:秦浩太郎

  • 古橋照司(西遠プレス工業協同組合)
    • 男子個人総合:40位(1229点、予選敗退)
  • 山本博(日体大勤務)
    • 男子個人総合:8位(321点)
  • 松下和幹(三菱電機)
    • 男子個人総合:14位(311点、準々決勝敗退)
  • 古橋照司松下和幹山本博
    • 男子団体:6位(948点)
  • 大木豊子(富国生命)
    • 女子個人総合:31位(1223点、予選敗退)
  • 中込恵子(甲府第一高)
    • 女子個人総合:52位(1173点、予選敗退)
  • 北原京子(フルベール越後販売)
    • 女子個人総合:53位(1171点、予選敗退)
  • 大木豊子北原京子中込恵子
    • 女子団体:15位(3567点、予選敗退)

射撃[編集]

クレー射撃[編集]

監督:高橋祚嗣

  • 山下友也(アテック)
    • スキート:33位(143)
  • 渡辺和三(三和)
    • クレー射撃トラップ:6位(216)
  • 不老安正(かさの家)
    • クレー射撃スキート:38位(142)

ライフル射撃[編集]

監督:山本忠正
コーチ:香西俊輔

  • 松尾薫(自衛隊体育学校)
    • 男子スモール・ボア・ライフル3姿勢:44位(1147)
    • 男子スモール・ボア・ライフル伏射:15位(595)
  • 勢見月文久(和歌山県警)
    • 男子エア・ピストル:23位(575)
    • 男子フリー・ピストル:23位(554)
  • 木場良平(自衛隊体育学校)
    • 男子エア・ライフル:12位(589)
    • 男子スモール・ボア・ライフル3姿勢:28位(1161)
    • 男子スモール・ボア・ライフル伏射:51位(584)
  • 目良明裕(日大)
    • 男子エア・ライフル:34位(581)
  • 野中英夫(大阪府警)
    • 男子ラピッド・ファイア・ピストル:21位(587)
  • 伊藤佳子(愛知県警)
    • 女子スポーツ・ピストル:12位(581)
  • 稲垣守(愛知県警)
    • 男子エア・ピストル:12位(579)
  • 源洋子(日大)
    • 女子エア・ライフル:17位(389)
  • 木下亨子(自衛隊体育学校)
    • 女子エア・ライフル:38位(380)
    • 女子スモール・ボア・スタンダードライフル3姿勢:32位(566)
  • 千種寿代(埼玉県警)
    • 女子エア・ピストル:22位(375)
  • 長谷川智子(大阪府警)
    • 女子エア・ピストル:11位(379)
    • 女子スポーツ・ピストル:銀メダル(686)

馬術[編集]

監督:杉谷昌保
コーチ:竹田恒和

  • 井上喜久子(主婦、馬名:テルドア)
    • 馬場馬術個人:46位
  • 奥野竜三(杉谷乗馬クラブ、馬名:チャレンジャーNo1)
    • 障害飛越個人:65位
  • 岩谷一裕(乗馬クラブ・クレイン、馬名:コペンハーゲン)
    • 総合馬術個人:36位
  • 宮崎栄喜(日本中央競馬会、馬名:スクルージュ)
    • 総合馬術個人:26位
  • 桜井尚子(主婦、馬名:ラベロ)
    • 馬場馬術個人:52位
  • 若原尚(関西大学教、馬名:ロードウォーターフォード)
    • 総合馬術個人:失権
  • 中野善弘(乗馬クラブ・クレイン、馬名:エルルーテ)
    • 障害飛越個人:42位
  • 渡辺弘(日本中央競馬会、馬名:ヤクモマサノリ)
    • 総合馬術個人:失権
  • 陶器修一(芦屋大学勤務、馬名:パープレックス)
    • 障害飛越個人:51位
  • 澤井孝夫(澤井商事、馬名:ミルキーウェイ)
    • 障害飛越個人:67位
  • 奥野竜三澤井孝夫(馬名:ミルキーウェイ)・陶器修一(馬名:パープレックス)・中野善弘(馬名:エルルーテ)
    • 障害飛越団体:失権
  • 法華津寛(オーソ・ダイアグノスティック・システムズ)
    • 馬場馬術個人:出場せず - 馬が検疫に通らなかったため

本部[編集]

団長:柴田勝治
副団長・団長代行:鈴木祐一
副団長:砧佐寛章
総務主事:福山信義
本部役員:林克也
本部役員:穂積八洲雄
本部役員:射越栄一
本部員:小寺重利
本部員:山川敏
本部員:千坂孝夫
本部員:川島雄二
本部員:春日良一
本部員:金古正
本部員:波多江智二
ドクター:川原貴
ドクター:河野一郎
ドクター:増島篤
ドクター:高尾良英
マッサー:川野哲英
マッサー:隆島研吾
マッサー:加賀谷善教

外部リンク[編集]

参考文献[編集]