土橋登志久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土橋 登志久(つちはし としひさ、1966年10月18日 - )は、鹿児島県出身の元男子テニス選手。早稲田大学教育学部卒。現在は早稲田大学庭球部監督。自己最高世界ランキングはシングルス359位(1988年5月)。

略歴[編集]

名門柳川高校では1年でインターハイシングルス優勝。

早稲田大学進学後、史上初となるインカレシングルス4連覇の偉業を成し遂げ、国内ランキングで自身最高の2位、ATPランキング359位に着けた。ソウルオリンピックデビスカップの代表にも選ばれる。

卒業後も1990年全日本室内選手権シングルス優勝を決めるなど活躍。

現役引退後は早稲田大学の監督に就任するとともに、WOWOWのテニス解説も務める。

2015年11月7日、フェドカップ日本代表監督に就任した。[1]

2018年3月15日、日本テニス協会強化本部長に就任

脚注[編集]

外部リンク[編集]