岸記念体育会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸記念体育会館
Kishi memorial gymnasium.jpg
岸記念体育会館の位置(東京都区部内)
岸記念体育会館
情報
設計者 松田平田建築設計事務所
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
階数 地上5階・地下1階
竣工 1964年
所在地 150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1
座標 北緯35度39分58.8秒 東経139度42分4.6秒 / 北緯35.666333度 東経139.701278度 / 35.666333; 139.701278座標: 北緯35度39分58.8秒 東経139度42分4.6秒 / 北緯35.666333度 東経139.701278度 / 35.666333; 139.701278
テンプレートを表示

岸記念体育会館(きしきねんたいいくかいかん)は、東京都渋谷区神南1-1-1にある日本スポーツ協会の本部ビルである。

概要[編集]

第2代大日本体育協会会長・岸清一の遺言により100万円(現在の28億円ほどに当たる)が寄付されて1940年東京府神田駿河台に建設[1](元総理大臣の岸信介とは無関係)。

1964年の東京オリンピック開催時に現在地に移転。建物前に岸清一の銅像が設置されている。地下1階に体育協会資料室が併設され、スポーツ関連の書物が閲覧可能になっている。

2011年7月の日本体協の創立100周年記念を迎えるにあたり、建て替えが検討されている。併せてスポーツ界に大きな功績を残した選手などを称える「日本スポーツ殿堂」を館内に設けるプランも検討されている[2]。2010年5月には具体的な案を検討する委員会が発足したが、現在同地は東京都の都市計画公園の指定を受けている関係で建築物の規制が厳しく、検討作業は難航している[3]。その間にも日本陸上競技連盟日本バスケットボール協会などが、耐震設計上の観点から職員の安全確保を理由に移転しており「日本スポーツ界の総本山の屋台骨が揺らぐ事態」と懸念する声がある[4]

2013年9月には、2020年東京オリンピック開催が決定したことを受けて、現在地での建て替えを諦めた上で、新国立競技場建設に伴い建て替えが予定されている日本青年館、もしくはナショナルトレーニングセンターへの移転が検討されていると報じられた[5]2016年2月には、新宿区霞ケ丘町地区に新ビル(地上14階/地下1階)を建てて移転する計画が発表された[6][7]。2018年11月8日、日本スポーツ協会の理事会で、岸記念体育会館の新会館について、名称を「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」に決定した[8]。岸記念体育会館は取り壊され、2019年春に新国立競技場の隣接地にて「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」が完成予定である。新施設の館内には「岸清一メモリアルルーム」が設けられる予定である[8]

入居している団体[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岸田日出刀設計顧問、前川國男建築設計事務所設計監理だが、実際に設計を担当したのは丹下健三(丹下健三・藤森照信 2002、67頁。事実、発表に当たって前川と共に丹下の名前も並記されている。Casa BRUTUS 2009、84頁)
  2. ^ 岸記念体育会館建て替え、殿堂も 日本体協100周年事業 - 47NEWS 2010年1月6日 Archived 2011年9月25日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 老朽化の岸記念体育会館、建て替え計画が難航 体協 - MSN産経ニュース・2010年12月24日
  4. ^ “日本スポーツの総本山 岸記念体育会館老朽化 引っ越し団体相次ぐ”. 日本海新聞. (2012年12月23日) 
  5. ^ 岸記念体育会館移転にゴーサイン - 東京スポーツ・2013年9月11日
  6. ^ 岸記念体育会館 五輪前移転へ - NHK、2016年2月2日
  7. ^ 17年夏着工、設計は地所設計/2万㎡ 岸記念体育会館移転/日体協、JOC - 建設通信新聞、2016年2月4日
  8. ^ a b “移転後の名称決まる=競技団体入居の岸記念体育会館”. 時事通信. (2018年11月8日). https://www.jiji.com/jc/pyeongchang2018?s=news&k=2018110801163 2018年11月18日閲覧。 

関連項目[編集]