日本近代五種協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本近代五種協会
Modern Pentathlon Association of Japan
本部が入居する岸記念体育会館
本部が入居する岸記念体育会館
団体種類 公益社団法人
設立 1955年
所在地 東京都渋谷区神南1丁目1-1
岸記念体育会館
北緯35度39分58.8秒東経139度42分4.6秒座標: 北緯35度39分58.8秒 東経139度42分4.6秒
法人番号 8011005003764
起源 日本近代五種競技連合
主要人物 会長 浪越 信夫 副会長 山崎 勝洋 専務理事 野上 等
活動地域 日本の旗 日本
主眼 日本における近代五種競技を統括し、当該競技の普及及び振興を図ることをもって、日本のスポーツ振興に寄与すること
活動内容 近代五種競技の普及に関する事業 他
ウェブサイト http://pentathlon.jp/
テンプレートを表示

公益社団法人日本近代五種協会(にほんきんだいごしゅきょうかい、: Modern Pentathlon Association of Japan、略称: MPAJ)は、日本近代五種・バイアスロン連合を前身[1]とし、2011年4月1日より現在の法人に改組した。日本における近代五種競技を統括しているスポーツ団体であり、国際近代五種連合日本オリンピック委員会日本スポーツ協会に加盟している。

概要[編集]

1964年東京オリンピックを目標に1955年12月に「日本近代五種競技連合(MPUI)」として結成され、日本体育協会に加盟した。当時、近代五種の競技経験者は皆無であり、また銃器の使用が制限されているため、防衛庁と警視庁の中から精・技・体に優れている18名を選び選手養成に努め、1956年7月4日から9日までの5日間、初の日本選手権を実施した。

1960年ローマオリンピックには、視察員として役員、2名の選手(田中和広、内野重昭)を日本代表として初めて参加させた。近年においては、女子種目でワールドカップ・モスクワ大会のファイナリストとして初の出場権を獲得した黒須成美が29位と大健闘を果している。

沿革[編集]

大会[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]