日本クレー射撃協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本クレー射撃協会
Japan Clay Target Shooting Association
日本クレー射撃協会本部が入居する岸記念体育会館
日本クレー射撃協会本部が入居する岸記念体育会館
創立者 赤尾好夫(初代会長
団体種類 一般社団法人(元文部科学省所管)
設立 1949年9月15日
所在地 東京都渋谷区神南1丁目1番1号
岸記念体育会館5階
法人番号 7011005000102
起源 大日本射撃協会
主要人物 許斐氏利(第3代会長)
麻生太賀吉(第4代会長)
福永健司(第5代会長)
麻生太郎(第11代会長)
収入 2億198万6325円
(2006年度決算総括表当期収入合計)
基本財産 1億5000万円
2008年5月31日
従業員数 理事22名
監事3名
事務局職員6名
(2008年5月31日)
会員数 2783名
(2008年3月31日
子団体 47都道府県クレー射撃協会・連盟
ランニングターゲット部会
日本学生クレー射撃連盟
芸能文化人ガンクラブ
ウェブサイト JCTSA 社団法人 日本クレー射撃協会 のホームページ
国際スポーツ射撃連盟加盟
アジア射撃連合加盟
アジアクレー射撃連盟加盟
(公財)日本体育協会加盟
(公財)日本オリンピック委員会加盟
(公財)日本アンチ・ドーピング機構加盟
テンプレートを表示

一般社団法人日本クレー射撃協会(にほんクレーしゃげききょうかい、英語Japan Clay Target Shooting Association; JCTSA)は、東京都渋谷区に本部を置き、各クレー射撃大会や検定委員会の設置等を活動の一つとする、日本一般社団法人

日本オリンピック委員会日本体育協会加盟団体である。

概要[編集]

本部所在地は、東京都渋谷区神南1-1-1岸記念体育会館5階。モントリオールオリンピッククレー射撃日本代表で元自民党総裁内閣総理大臣麻生太郎が協会長を務めている。全国に協会連盟を置くほか、日本学生クレー射撃連盟など各部会を設置する。団体は、1949年に法人として認可され設立、1951年に国際射撃連盟に加盟している。

業務[編集]

協会内には、総務委員会の他に検定・段級位審査委員会、競技・国体委員会らを置き、それぞれに委員長が統率を行っている。オリンピックにおける日本代表クレー射撃競技の監督・選手も同協会に加盟する人物が参加している。クレー射撃全日本選手権大会、国民体育大会クレー射撃競技のほかにも、国際大会派遣事業や地方協会主管公式協議等が行われている。また、協会公認のナショナルチームが形成されており、全国に同協会公認射撃場を持つ。2007年末には、長崎県佐世保市で起こった銃乱射事件を受け、麻生太郎を委員長として銃の適正な使用に関する委員会設置を検討している。

歴代会長[編集]

氏名 在任期間
会長(日本クレー射撃協会)
1 赤尾好夫 1950年 - 1954年
2 植月浅雄 1954年 - 1956年
3 許斐氏利 1956年 - 1961年
4 麻生太賀吉 1961年 - 1965年
5 福永健司 1965年 - 1970年
6 土屋伊作 1971年 - 1978年
会長(社団法人日本クレー射撃協会)
土屋伊作 1978年 - 1986年
7 井口哲次郎 1986年 - 1988年
8 豊瀬正勝 1989年 - 1993年
9 宮崎宏一 1993年 - 1995年
10 佐波光男 1995年 - 1998年
11 麻生太郎 1998年 - 2009年
2012年 - (現職)
* 平井一三 2009年 - 2012年[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 裁判により会長就任の決議が無効とされた。

外部リンク[編集]