岸清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸 清一
きし せいいち
Kishi Seiichi.jpg
岸清一
生年月日 (1867-08-03) 1867年8月3日
出生地 出雲国松江雑賀町
没年月日 (1933-10-29) 1933年10月29日(66歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学英法科

在任期間 1932年3月 - 1933年10月29日
テンプレートを表示

岸 清一(きし せいいち、慶応3年7月4日1867年8月3日) - 1933年(昭和8年)10月29日)は、日本の弁護士政治家国際オリンピック委員会(IOC)委員。日本の体育・スポーツ界発展のため尽力し、“近代スポーツの父”として慕われた。法学博士

来歴・人物[編集]

松江雑賀町(現在の島根県松江市雑賀町)に松江藩の下級武士岸伴平の次男として生まれる。小学校時代の同級生に、若槻禮次郎(第25代・第28代内閣総理大臣)がいる。岸と若槻は血のつながりはないが、近い親類だった[1][2]

松江雑賀小学校、島根県第一中学校(現在の島根県立松江北高等学校)、大学予備門を経て東京帝国大学法科大学英法科に進学。

1889年(明治22年)7月に卒業後は代言人免許を受け、岸法律事務所を東京の京橋に設置、1893年(明治26年)に制度改正により弁護士となる。

法律の調査、視察の為の数回の渡欧後、1910年(明治43年)10月に法学博士となった。1915年(大正4年)5月から1933年(昭和8年)10月まで大日本弁護士会会長を務めるなど法曹界の重鎮であり、特に民事訴訟法の権威であった。

1932年(昭和7年)3月には勅選の貴族院議員となり、死去まで務めた。

1933年(昭和8年)10月29日、病気のため死去。66歳没。

日本スポーツ界の功労者[編集]

岸記念体育会館

岸はまた、日本スポーツ界発展に尽くした人物として知られる。岸は東京帝国大学在学中には漕艇選手として活躍した。

1911年(明治44年)に大日本体育協会(日本体育協会)が嘉納治五郎によって設立された際には維持員として参画し、1916年(大正5年)には副会長に就任。1921年(大正10年)3月に第2代会長に就任した。

1920年(大正9年)6月には日本漕艇協会(日本ボート協会)初代会長に就任した(1921年(大正10年)6月まで、以降は顧問となる)。

1924年(大正13年)6月 国際オリンピック委員会(IOC)委員に就任し、死去するまで務めた。また野津謙専務理事(後に日本サッカー協会(JFA)会長)と共に大日本蹴球協会(のちのJFA)の国際サッカー連盟(FIFA)加盟(1929年)にも尽力した。

1932年(昭和7年)に開催されたロサンゼルスオリンピックにはIOC委員として参加している。

1924年(大正13年)3月に紺綬褒章を受章した。岸の故郷である松江市の島根県庁には岸の銅像があり、1964年に除幕式が行われた際にはアベリー・ブランデージIOC会長が参列し『東京オリンピックの開催は岸の偉業である』と讃辞を述べ、岸の功績を讃えた[3]

岸の死後に遺言により100万円の寄付がなされ、1940年(昭和15年)にお茶の水[4]岸記念体育会館が建設され、1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催を機に同年7月に渋谷の代々木に移転された。2018年11月8日、日本スポーツ協会理事会で岸記念体育会館を新国立競技場の隣接地に移転し「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」と名称を改めることとなり、館内に「岸清一メモリアルルーム」が設けられることが決定した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 岸の母と若槻の継母が姉妹、また岸の姉が若槻の異父兄の妻である。
  2. ^ 若槻礼次郎自伝 古風庵回顧録 明治、大正、昭和政界秘史』 3-21頁
  3. ^ 出典:1998年2月26日朝刊 朝日新聞
  4. ^ 現在のJR御茶ノ水駅近く聖橋の向かいにあり、2007年まで日立製作所本社があった。
  5. ^ “移転後の名称決まる=競技団体入居の岸記念体育会館”. 時事通信. (2018年11月8日). https://www.jiji.com/jc/pyeongchang2018?s=news&k=2018110801163 2018年11月18日閲覧。 

外部リンク[編集]


先代:
嘉納治五郎
日本体育協会会長
第2代:1921年 - 1933年
次代:
大島又彦