元渕幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

元渕 幸(もとぶち ゆき、1968年12月23日 - )は、日本の元飛込競技選手で、現在は指導者。東京都出身。天理大学卒業。現姓・金戸。

経歴[編集]

3歳のときバレエを始めるが、奈良県天理市に引越したのをきっかけに、9歳のとき飛込競技に転向。1988年ソウルオリンピックでは、高飛び込み15位、飛び板飛び込み16位。1992年バルセロナオリンピックでは、高飛び込み26位、飛び板飛び込み11位。

1996年アトランタオリンピックでは、3m飛び板飛び込みで6位入賞。女子飛び込みとしては60年ぶりの入賞を果たした。

1997年、同じくソウル・バルセロナ・アトランタ五輪に出場した飛び込み選手・金戸恵太と結婚。現在は1男2女の母(次女は金戸凜)。夫とともに飛込専門のクラブチームを立ち上げ、コーチとして指導に携わる。子女はすべて飛込競技に進み、オリンピック出場を目指している[1][2][3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]