糸部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
米部 糸部 缶部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

糸部(べきぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では120番目に置かれる(6画の3番目、未集の3番目)。

Meister nach Chang Hsüan 001.jpg

「糸」字は細いを意味する。古字は2つの丸い束が連なった形であり、よりまとめられた糸の形に象る。「糸」の字音はベキであり、常用漢字の「糸」は「絲」(音はシ、絹糸の意)の略字である。『説文解字』に「糸は細い絲」とある。長さ・重さの単位としてが一回に吐くのをといい、十忽がであるので、「糸」は「絲」の半分とすると、5忽の細さということになる。ちなみに10絲が1毫、10毫が1である(尺貫法市制を参照)。

偏旁の意符としては糸や絹織物麻織物、またその加工による衣服染色の色や紋様などに関することを示す。このとき主として左の偏あるいは下の脚の位置に置かれる。楷書では偏の位置に来るとき「小」形を3点に変形させることが多い(下記参照)。

3点と小[編集]

楷書では「糸」が偏の位置に来るときには「小」を3点にすることが多い。しかしながら、日本では当用漢字字体表において糸偏の下を「小」にする字体で提示され、3点は注意書きで「筆写(かい書)の標準とする際には、点画の長短・方向・曲直・つけるかはなすか・とめるかはね又ははらうか等について、必ずしも拘束しない」ものの方向の例としてのみ挙げられたので、教科書体も「小」を採用しており、現在、若年層では3点で書く人は少ないように思われる。

印刷書体(明朝体)では康熙字典体が「小」形を採用した。日本では上記のように当用漢字字体表絣6)・綿・綾および常用漢字表において「小」形を採用し、表内・表外を問わず康熙字典体に従っている。一方、中国の新字形、台湾の国字標準字体、香港の常用字字形表はこれを3点に戻している(ただし、コンピュータ上でWindowsが装備するフォント細明體・新細明體 (PMingLiU・MingLiU) は5.03版以降でないとこれに対応しておらず、それ以前の版では「小」形で表されている)。

中国の簡体字では「」のように3点を1つの横画に簡略化している。

部首の通称[編集]

  • 日本:いと・いとへん
  • 中国:絞絲旁・絞絲底
  • 韓国:실사부(sil sa bu、いとの絲部、「絲」の音訓から)
  • 英米:Radical silk

部首字[編集]

例字[編集]

  • 1:、2:紆・(糾3)、3:・紂・約、4:(級3)・紘・紗・索・・純・素・・納・紊・紛・紡・・絃・・細・絲(糸0)・終・紹・紳・組・統(統6)・累、6:給・結・絢・絞・・絨・絮・絶・絡、7:經(経5)・・綏、8:維・綺・・綽・綬・綜・綻・綢・綴・緋・絣(絣6)・綿・網・綾・)・綸、9:緯(緯10)・(縁)・(緩)・緘・緊・緝・(緒8)・・緞・緻・締・編・、10:縊・縞・縣(県→目部6)縟・縉・縋・縢・(縛)・(練)、11:縮・縱(10)・績・總(総8)・(繁10)・縻・繆・縷・縺・(縫10)、12:繞・織・繕・繙・繚、13:繹・繰・繪(6)・(繋11:簡易慣用)・(繭12)・(繍11:簡易慣用)・繩()、14:繼(継7)・纂・繻・辮()、15:纈・纐・・續(続7)、17:纓・纔・纖(繊11)、21:纜