鹵部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
鳥部 鹵部 鹿部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

鹵部(ろぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では197番目に置かれる(11画の3番目、亥集の11番目)。

SalarDeatacamaFromChaxa.jpg

「鹵」字はを産出する西方内陸部の塩鹹地を意味する。東方すなわち沿岸部の塩鹹地を「斥」といい、西方すなわち内陸部の塩鹹地を「鹵」と呼んだ。『説文解字』は具体的な地名として安定郡鹵県(現甘粛省)を挙げている。また引伸してそこから産出される塩自体を指すようにもなり、これを「塩鹵」ともいう。『史記』貨殖列伝に「山東は海塩を食し、山西は塩鹵を食す」という記述がある。また「鹵」字には「鹵莽」という熟語で大雑把な様子を表す意味があり、さらに「櫓」に通じて大きな盾、「」に通じて略奪するといった意味がある。

その字形について『説文解字』は西方の塩鹹地であることから、「西」字の省略形から構成されると強引な解釈をしている。甲骨文字など古文字では区切られた4つの空間の中に点がある形であり、塩田の形に象るといった説、塩を浚う竹籠の形に象るといった説、塩を盛った器に象るといった説などがあるが、どの説も区画中央の点が塩を表しているとする。

偏旁の意符としては塩に関することを示す。なお「塩」という常用漢字は「鹽」字の省略形による異体字であり、「口」部分が「鹵」に当たった。

鹵部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

簡略化[編集]

中国の簡化字では「」を用い、点をなくした字に簡略化している。

部首の通称[編集]

  • 日本:ろ・しお
  • 韓国:소금밭로부(sogeumbat ro bu、塩田の鹵部)
  • 英米:Radical salt

部首字[編集]

例字[編集]

    • 9:鹹、10:鹺、13:(鹸8・10)・鹽(塩→土部
  • (意味・辞書によって部首が異なる。鹵・滷の簡体字の場合はこの部首)