小部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
小⺌
康熙字典 214 部首
寸部 小部 尢部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

小部(しょうぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では42番目に置かれる(3画の13番目)。

小の字はちいさいの意。偏旁の符としては微小であることを示す。また「小」から派生し、少ない意味を表す「少」も偏旁となっている。小部はこれらの意符を構成要素とする漢字および「小」を筆画にもつ漢字を収めている。

冠の位置にきた場合、2画目と3画目の向きが下に狭まる形(⺌)になることがある。「尚」の頭に使われることから「なおがしら」と呼ばれる。

部首の通称[編集]

  • 日本:しょう、しょうがしら、なおがしら
  • 韓国:작을소부(jageul so bu、ちいさい小部)
  • 英米:Radical small

部首字[編集]

例字[編集]

  • ・少・尓・・尖・当(當)・尚()・・尠