矛部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
目部 矛部 矢部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

矛部(ぼうぶ)は漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では110番目に置かれる(5画の16番目、午集の16番目)。

「矛」字は武器の一種であるを意味し、その形に象る。長柄の尖端に両刃の剣を備えた武器。同様、もともとは戦車戦で使われた武器であり、その刃は青銅で作られていたが、漢代以降は鉄器で作られた。矛の進化したものがである。

偏旁の意符としては矛に関することを示す。また声符としてもよく用いられる(柔・茅・袤…)。

矛部は上記のような意符を構成要素とする漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:ほこ・ほこへん
  • 韓国:창모부(chang mo bu、槍の矛部)
  • 英米:Radical spear

部首字[編集]

例字[編集]

  • 4:矜