手部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 および CJK統合漢字拡張B で規定されている文字、簡体字ハングルが含まれています詳細
康熙字典 214 部首
戸部 手部 支部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

手部(しゅぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では64番目に置かれる(4画の4番目)。

手の字はを意味し、五指と手首の形に象る。偏旁の意符としては手の部分や形状、手の動作などに関することを示す。左のに置かれるときは、「」の形になる。

手部は上記のような意符を構成要素とする漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:て・てへん
  • 中国:手字底・提手旁
  • 韓国:손수부(son su bu、ての手部)
  • 英米:Hand radical

部首字[編集]

Raczka4.jpg


例字[編集]

  • ・承・擧(挙)・・拿・・掣・撃・摯・擘・攀・攣・𢺋
  • 才・打・扱・托・扨・抗・拂(払)・折・抜・押・捨・拾・技・抉・把・握・抵・拠・投・担・捕・採・操・攪・攫・攬・

最大画数[編集]

𢺴