士部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
土部 士部 夂部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17
Group of soldiers.jpg

士部(しぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では33番目に置かれる(3画の4番目)。

「兵士」「士大夫」というように、中国古代社会においては、「士」は支配力を握る男性を意味する語でもあり、後にはそのうちで学芸に秀でた知識人を意味するようになった(を参照)。『説文解字』は、「一」から始まり「十」で終わる会意文字としているが、一説に男性性器の象形ともいわれる。

偏旁の意符としては男性に関することを示す。

士部はこのような意符をもつ漢字と「士」の形を筆画としてもつ漢字を分類している。

部首の通称[編集]

  • 日本:さむらい、さむらいかんむり
  • 韓国:선비사부(seonbi sa bu、学者の士部)
  • 英米:Radical scholar

部首字[編集]

例字[編集]