毋部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
毋毌
康熙字典 214 部首
殳部 毋部 比部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

毋部(ぶぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では80番目に置かれる(4画の20番目)。

Wyspiański Motherhood.jpg

毋の字は禁止・不必要といった文法的意味を示す助動詞。『説文解字』によると、「」の中に姦の形に象る「一」(楷書では縦棒)がある指事文字とされる。

しかしながら、毋部が収める字はほとんどが「母」を構成要素とする漢字であり、「毋」は「母」の変形として使われることもある。「母」字は母親を意味し、授乳期の胸部が突出した「」の形に象ると考えられる。偏旁の意符としては母親に関する事物であることを示す。

また「毋」に似た筆画をもつ「」も収められている。


日本の新字体では「母」単独字以外は「母」を「毎」「海」「敏」「繁」のように「毋」形に変えている。ただし、これは常用漢字表内のみの適用であり、表外字は「誨」のように「母」となっている。

部首の通称[編集]

  • 日本:なかれ
  • 韓国:말무부(mal mu bu、なかれの毋部)
  • 英米:Radical do not

部首字[編集]

例字[編集]

  • 毋・
  • 1・3毎・4・10毓