干部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
巾部 干部 幺部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

干部(かんぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では51番目に置かれる(3画の22番目)。

干の字は盾、犯すといった意味を表す。また「乾」に通じ、乾燥させるといった意味もある。『説文解字』は逆さまの「入」と「一」で犯すという意味を表す会意文字としている。一説に武器や防具の象形であるとされる。偏旁ではもっぱら「カン」のような音を表す音符として使われ、多く右側のに置かれる。

干部は意符ではなく「干」の形を筆画にもつ漢字を分類するために設けられている。

部首の通称[編集]

  • 日本:ほす、かん、いちじゅう(一と十から。小学校の漢字教育で用いられる)
  • 韓国:방패간부(banpae gan bu、盾の干部)
  • 英米:Radical dry

部首字[編集]

例字[編集]