囗部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0212-1990、JIS X 0213:2004 で規定されている文字、簡体字ハングルが含まれています詳細
康熙字典 214 部首
口部 囗部 土部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17
Dry stone wall Gordale 09.JPG

囗部(いぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では31番目に置かれる(3画の2番目)。

囗字は一まわりする様子に象り、「周囲を囲む」ことを意味する。

偏旁では囲うこと・囲まれた領域・円形などに関わることを示す。

囗部は「囗」を構成要素とする漢字と「囗」の形を筆画としてもつ漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:くにがまえ(「国」字のであることから)
  • 中国:大口框・国字框・圍(囲)
  • 韓国:큰입구몸부(keun ip gu mom bu、大きなの部)
  • 英米:Radical enclosure

部首字[編集]

篆書

例字[編集]

  • ・囚・因・回・・囱・團()・囮・圏・園・圍・国・𡈁・國・・圖・・固・圃・圜・