辛部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213CJK統合漢字拡張A・B)が含まれています詳細
𨐋
康熙字典 214 部首
車部 辛部 辰部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

辛部(しんぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では160番目に置かれる(7画の14番目、酉集の14番目)。

Lower leg Tattoo.jpg

「辛」字は五味の一つである辛味を意味する。『説文解字』は「一」と罪の意を表す「」の会意文字とするが、甲骨文字の研究からは「辛」も「」ももとは同じ字であり、丸鑿のような鋭い先端の刀の象形で、犯罪者への刑罰として顔に入れ墨(黥)を施す刑具とさえる。また引伸して悲痛や苦痛の意を表す。また十干の第8位としても使われ、十二支と組みあわせて干支の一部を構成している(を参照)。

偏旁の意符としては罪や刑罰、訴訟などに関することを示す。ただし、後起字では「辣」のように辛味に関することを示すものもある。このとき主として右側の旁の位置、あるいは下側の脚の位置に置かれ、左右構造あるいは上下構造を作る。また「辨」などのように左右から中間を挟み込む挿入構造を作るものもある。これは声符を兼ねており、「辨」「辯」などベンといった字音を表している。なお「辛」字の変形で「立」となったものがあるが、これらは辛部ではなく、立部に収められている。また「罪」という字のもとの字は「」(自+辛)で「辛」字に関わりのある字であったが、始皇帝が自らの尊称である「皇」字にこの字が似ていることを嫌い、これを「罪」字に改めたと言われる。

辛部は上記のような意符を構成要素とする漢字を収める。

字体のデザイン差[編集]

印刷書体(明朝体)において『康熙字典』は1画目を短い縦棒とする字形を採用しており、日本も新字体・表外漢字を問わず、これを採用している。

一方、中国の新字形・台湾の国字標準字体・香港の常用字字形表は1画目を点画とする字形を標準字体に採用している。

康熙字典
日本・韓国
台湾・香港・中国

部首の通称[編集]

  • 日本:からい
  • 韓国:매울신부(maeul sin bu、からい辛部)
  • 英米:Radical bitter

部首字[編集]

例字[編集]

  • 𨐋
  • 1:𨐌、5:辜、6:辟、7:辣、8:、9:辨、12:辭(辞6)、13:、14:辯
  • 9:𨐤、13:𨐼、17:𨑀、22:𨑁

最大画数[編集]

23:𨑂

部首の例外[編集]