廾部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
廴部 廾部 弋部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17
Raynaud-hand2.jpg

廾部(きょうぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では55番目に置かれる(3画の26番目)。

廾の字は両手で捧げ持つの意。また「拱」に通じてこまぬくの意を表す。

偏旁の意符としては両手でもつこと、捧げることを示す。なおこの偏旁の変形である「一」の下に「八」の字形は八部に分類されている。

廾部はこのような意符を構成要素とする漢字および「廾」の形を筆画にもつ漢字を分類している。

部首の通称[編集]

  • 日本:
    • こまぬき(「拱(こまぬく・こまねく)」から)
    • にじゅうあし(20を意味する「」に似ることから。ただし「」と「廾」は別の字である)
  • 中国:弄字底
  • 韓国:스물입부(seumul ip bu、20のの部)
  • 英米:Radical two hands

部首字[編集]

廾 - 拱に通じる

例字[編集]

  • 廾・・弄・弊