鳥部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
魚部 鳥部 鹵部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

鳥部(ちょうぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では196番目に置かれる(11画の2番目、亥集の10番目)。

Nipponia nippon.png

「鳥」字は鳥類の総称として用いられる。『説文解字』によると、「」が尾が短い鳥であるのに対して、「鳥」は尾の長い鳥を意味するという。

その字形は鳥を側面から見た形に象っており、突き出した喙のある頭と翼と2本の脚がある胴体の形である。

偏旁の意符としては鳥類に関することを示す。その大部分は鳥の名称を表す字が多いが、中には鳥の動作・行為を表す字もある。

鳥部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。構成としては「鳩」「鶴」などの旁、あるいは「鶯」「鷹」などの脚が一般的だが、他に偏、冠など多様な形を取るのが特徴である。

部首の通称[編集]

  • 日本:とり
  • 中国:鳥字旁・鳥字底
  • 韓国:새조부(sae jo bu、とりの鳥部)
  • 英米:Radical bird

部首字[編集]