尢部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
小部 尢部 尸部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

尢部(おうぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では43番目に置かれる(3画の14番目)。

尢の字はあしに障害をもった人の意味であり、片足が曲がった人の形に象る。偏旁の意符としては身体の障害に関することを示している。尢部はこのような意符を構成要素とする漢字および「尢」を筆画としてもつ漢字を収める。ただし、「尢」の異体字である「」などによって構成される漢字を含めている。

なお中国では異体字関係を整理した際に、「」が使われた漢字もすべて「尢」に統一している。

部首の通称[編集]

  • 日本:まげあし、だいのまげあし、おうにょう
  • 中国:尤字旁
  • 韓国:절음발이왕부(jeoreumbari wang bu、あしなえの尢部)
  • 英米:Radical lame

部首字[編集]

例字[編集]

  • 尢・尤